京都ハイジャンプ2022予想_本命セデックカズマ

G2
スポンサーリンク

 

京都ハイジャンプ2022予想_本命セデックカズマ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「京都ハイジャンプ」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

京都ハイジャンプは、5月14日に中京競馬場で行われる、G2、障害芝3900m、4歳以上オープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

京都ハイジャンプ2022予想_本命セデックカズマ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):セデックカズマ

〇(対抗):タガノエスプレッソ

▲(単穴):ポルトラーノ

△(連下):エコロドリーム

 

本命はセデックカズマ

2週前追い切り

28日栗東、C稍重、森騎手騎乗

6ハロン馬なり:80.8ー65.5-51.7-37.7-23.7-12.0

1週前追い切り

5日栗東、C良、森騎手騎乗

6ハロンG前仕掛け:80.0-65.3-51.1-37.0-23.5-12.0

 

昨年の秋に出走した3走前は、1番人気ながら7着に敗れてしまいました。道中の位置取りはいつも通りでしたが、最後に脚を伸ばせない結果でした。おそらく連戦の疲れもあったことから、レース後は休養に入りました。今年の始動戦は1月末でしたが、最終コーナーの3番手あたりで外目から脚を伸ばし、クビ差の2着で3カ月の休み明けとは思えないくらいの内容でした。

ひと叩きされた前走も2着には入りましたが、逃げた勝ち馬に7馬身差をつけられてしまいました。ただ、終始2番手で進めたレース自体は悪くなかったですし、3着馬には6馬身差をつけています。重賞でメンバーは強力になりますが、おそらく人気が集中すると思いますので、妙味の期待を込めて本命軸で行きたいと思います。

 

対抗はタガノエスプレッソ

2週前追い切り

24日栗東、坂路良、助手騎乗

4ハロン馬なり:57.1-41.0-26.2-12.9

1週前追い切り

5日栗東、C良、石神騎手騎乗

6ハロン馬なり:79.7-64.6-50.4-36.7-23.8-12.3

 

直近2戦はこれまでのような前向きさが見られませんでした。人気のわりに案外な結果で見限り始めた方もいるかもしれません。しかし。追い切りからはデキ自体が落ちているようには感じませんし、いい動きを見せています。実力や実績ではメンバー最上位ですし、過去にG1で優勝争いをした実力が本物だと証明するためにも、ここは個人的にも巻き返しに期待したいところです。

 

単穴はポルトラーノ

2週前追い切り

27日美浦、ダ稍重、草野騎手騎乗

5ハロン馬なり:69.5-54.9-40.1-?-12.8

1週前追い切り

4日美浦、ダ稍重、草野騎手騎乗

5ハロン馬なり:70.0-53.3-38.9-?-12.3

 

未勝利戦を勝ちあがった後は、クラス慣れしてきたこともあると思いますが、1走ごとに着順を上げています。昇級直後の2戦は、後ろからの競馬で本来の形ではなかったですし、前で競馬ができた2走前の福島コースでオープンクラスの初勝利を挙げると、続く前走も3着に入りました。実力をつけてきていることは明らかですし、前めで競馬する形が着実に結果に繋がっています。前での粘り込みもしぶときものがありますので、後ろと差が広がる展開なら頭まで考えられると思います。

 

連下はエコロドリーム

2週前追い切り

27日美浦、ダ稍重、丹内祐騎手騎乗

5ハロン馬なり:67.8-52.7-38.3-?-12.1

1週前追い切り

4日美浦、ダ稍重、五十嵐騎手騎乗

6ハロン直線追う:84.3ー67.7-52.6-37.8-?-11.6

 

昇級初戦は騎手落馬により、競走中止となりました。人馬ともに落馬による影響はなく、中4週程度で次のレースに出走しています。落馬レースの直後となったオープンクラスでは、落馬の影響を全く感じさせず、早めから先頭に立って粘り込んで3着でした。また、前走では中団からの競馬でしたが、最後はジリジリと伸びて5着でした。重賞ですので、さすがに実力的には物足りなさを感じますが、動き自体は良さそうですので好走はできると思います。

 

 

スポンサーリンク

京都ハイジャンプ2022予想_本命セデックカズマ:出走予定馬一覧

今年は9頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

エコロドリーム 60.0 騎乗予定:五十嵐

シャリオヴァルト 60.0 騎乗予定:蓑島

セデックカズマ 60.0 騎乗予定:森

タガノエスプレッソ 60.0 騎乗予定:石神

ノーリミッツ 60.0 騎乗予定:北沢

ホシルミエール 60.0 騎乗予定:白浜

ポルトラーノ 60.0 騎乗予定:草野

メメランタン 60.0 騎乗予定:上野

ワーウルフ 60.0 騎乗予定:西谷

 

 

スポンサーリンク

京都ハイジャンプ2022予想_本命セデックカズマ:まとめ&前年レース回顧

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

本命のセデックカズマとポルトラーノが先行する形で進むでしょう。その後にエコロドリーム、タガノエスプレッソは後方からの位置取りでしょう。

2周目の3コーナーからポルトラーノが早めに位置を押し上げますが、セデックカズマがこれに合わせるようにロングスパートをかけ始めます。ただ、エコロドリームは若干遅れそうなので、この時点で少し差が開きそうです。2頭が最終コーナーに差し掛かり始めると、タガノエスプレッソも追い出しを開始して、まずエコロドリームを交わします。そして、競り合っている2頭を猛追し、ゴール前まで詰め寄りますが、地力で上回るセデックカズマがポルトラーノとの競り合いを制して入線する展開だと予想しています

 

レース日

レースの発走は、5月14日(土)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年はマーニが制しました。

11頭立てのレースでしたが、3番人気のマーニは2周目の3コーナーで早めに先頭に立ちました。一度先頭に立った後の直線では、後続をさらに引き離す圧巻の競馬で快勝でした。

 

あとがき

2019年と2020年は京都コースで行われましたが、いずれも馬連万馬券となっています。しかし、改修工事の関係で中京コースに移った昨年は、1番~3番の上位人気で占め、ガチガチの決着になりました。かなり極端な傾向になっていますので、人気軸でいくか、穴馬でいくかを決めて臨む方がガミる可能性も少なると思います。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました