メトロポリタンステークス2022予想_本命ヴァイスメテオール

中央競馬
スポンサーリンク

 

メトロポリタンステークス2022予想_本命ヴァイスメテオール

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「メトロポリタンステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

メトロポリタンステークスは、5月8日に東京競馬場で行われる、芝2400m、4歳以上オープンクラス、WIN5対象のリステッドレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メトロポリタンステークス2022予想_本命ヴァイスメテオール:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ヴァイスメテオール

〇(対抗):フライライクバード

▲(単穴):サンアップルトン

△(連下):ゴールドギア

 

本命はヴァイスメテオール

2週前追い切り

20日美浦、W稍重、助手騎乗

6ハロン馬なり:85.9-70.8-55.3-40.2-26.1-12.9

1週前追い切り

27日美浦、W稍重、助手騎乗、内先

8ハロン一杯に追う:114.3-67.3-52.9-38.8-24.9-11.8

 

菊花賞で大敗した後は休養に入り、今年の始動戦は小倉大賞典を選びました。この休養中にかなりの成長を遂げ、馬体重は前走から約20キロも増加しました。その影響もあってか、先行好位で進めていましたが、最後の直線は馬体重が影響して伸びきれませんでした。それでも4着に入れたのは地力の高さからくるものでしょう。今回は強敵という強敵は見当たりませんし、一度使われてスッキリとした状態でレースに臨めますので、まず主役として人気を集めると思います。

 

対抗はフライライクバード

2週前追い切り

21日栗東、C良、福永騎手騎乗、中先

6ハロン馬なり:81.7-66.6-52.0-36.9-22.6-11.1

1週前追い切り

28日栗東、C稍重、福永騎手騎乗、内併

6ハロン馬なり:83.3-67.7-52.3-36.9-22.9-11.3

 

昨年秋のアルゼンチン共和国杯では先行好位からしぶとく脚を伸ばして3着に食い込みました。どちらかというとコースが広い方が合っていますし、東京コースならじっくりとレースを進めることができます。同じ左回りで行われた前走の日経新春杯は中京コースでしたが、道中は好位につけながらも精彩を欠いています。調教ではしっかりと本数もこなしていますし、好タイムも連発しています。好仕上がりで出走してくることは間違いなさそうですので、東京コースに変わることで見直せると感じます。

 

単穴はサンアップルトン

2週前追い切り

21日美浦、坂路稍重、松岡騎手騎乗、内併

4ハロン馬なり:55.0-40.1-26.3-12.7

1週前追い切り

28日美浦、W良、松岡騎手騎乗、外併

5ハロンG前仕掛け:73.4-56.7-40.4-24.8-11.4

 

2走前は昨年5月に行われた目黒記念でした。結果は7着でしたが、レース後は長期休養に入りました。なかなか調子が戻らず調整に時間がかかりましたが、復帰戦は今年の阪神大賞典でした。約9カ月ぶりの実戦ということもあり、11着に敗れはしましたが一度使われた効果で調子が上向いてきました。展開や馬場状態に左右されやすいタイプですが、最後の直線で末脚がいきる流れになれば、出番はあるでしょう。

 

連下はゴールドギア

2週前追い切り

21日美浦、W良、助手騎乗、内併

5ハロン直線仕掛け:69.4-52.7-37.7-23.8-11.4

1週前追い切り

27日美浦、W稍重、永野猛騎手騎乗、外併

5ハロンG前追う:66.9-50.8-36.5-23.9-12.1

 

年明け初戦は3000mの万葉ステークスでした。前走の福島記念は2000mでしたので、一気に1000mも距離を伸ばして競馬ファンを驚かせましたが、結果は8着と折り合い位置から少し差を詰めただけでした。続く次走は再び距離を2000mに戻して臨みましたが、メンバー最速の上がり3ハロン33.8秒の脚を使うも、最後方からの競馬では6着が精一杯でした。位置取りが違えばさらに上の着順もあったと思いますが、今の適性距離は中距離レースでしょう。展開や道中の位置取り次第では、捲り一気があっても不思議ではありません。

 

 

スポンサーリンク

メトロポリタンステークス2022予想_本命ヴァイスメテオール:出走予定馬一覧

今年は11頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アイスバブル 59.0 騎乗予定:未定

アドマイヤアルバ 56.0 騎乗予定:原田和

ヴァイスメテオール 57.0 騎乗予定:レーン

ウインマイティー 54.0 騎乗予定:未定

グレンガリー 56.0 騎乗予定:未定

ゴールドギア 57.0 騎乗予定:田辺

サクラアリュール 57.0 騎乗予定:未定

サンアップルトン 56.0 騎乗予定:松岡

フライライクバード 56.0 騎乗予定:福永

ボスジラ 57.0 騎乗予定:岩田望

ヤシャマル 56.0 騎乗予定:未定

 

 

スポンサーリンク

メトロポリタンステークス2022予想_本命ヴァイスメテオール:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

万遍なく脚質が揃った印象です。頭数もそれほど多くないので、比較的スローよりのペースで進むと思います。ただ、唯一の逃げ馬は前走でも大逃げをしていますので、単騎駆けする可能性も十分ありそうです。

本命のヴァイスメテオールは前走こそ自重で伸びきれませんでしたが、今回は一度使われてよりキレが増してきている印象です。ペースが速くなれば差しが届きやすくなりますし、遅くても瞬発力勝負で分がありますので、ここは格が違う走りを見せつけてくれるだろうと予想しています。

 

レース日

レースの発走は、5月8日(日)の予定です。

 

あとがき

実施のあった過去データからは、前走が同クラス組や重賞組よりも昇級組の方が好走しています。複勝率にでも数値がはっきり出ており、同クラス組が23%、重賞組が24%なのに対して、昇級組は42%という数値でした。また、距離短縮組の複勝率は16%、距離延長組は32%と倍近くの差がありました。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました