新潟大賞典2022予想_本命アイコンテーラー

G3
スポンサーリンク

 

新潟大賞典2022予想_本命アイコンテーラー

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「新潟大賞典」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

新潟大賞典は、5月8日に新潟競馬場で行われる、G3、芝2000m、4歳以上オープンクラス、ハンデキャップ指定のWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新潟大賞典2022予想_本命アイコンテーラー:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):アイコンテーラー

〇(対抗):アドマイヤハダル

▲(単穴):レッドガラン

△(連下):ヤシャマル

 

本命はアイコンテーラー

2週前追い切り

21日栗東、C良、助手騎乗、外先

6ハロン一杯に追う:83.2-67.7-53.1-37.4-23.1-11.6

1週前追い切り

27日栗東、C不良、助手騎乗、内先

6ハロン一杯に追う:78.5-63.5-49.4-36.0-23.3-11.7

 

新潟コースの芝で4戦4勝しており、抜群の相性を誇っています。直近2走は右回りだったため、勝負どころで反応が遅れてしまうようなシーンがありました。しかし、スムーズさを欠きながらも3着に好走しており、大きく崩れてはいません。

自在性が高い走りで、レース運びにも幅があるため状況に合わせた走りができるのも魅力でしょう。当レースは、牝馬の出走数自体多くありませんが、牝馬は活躍しにくい傾向にあります。しかしながら、母数自体が少ないのでそれほど気にすることはないでしょう。どちらかと言えば、牡馬や実績上位馬と斤量差が大きくなりますので、個人的にはプラス材料だと感じています。

中間調教では3頭併せで最先着していますし、負荷をかけられた分、時計も優秀な内容でした。調子も引き続きいいですし、この一追いでさらに仕上がりそうな雰囲気ですので、ハンデ差をいかして初重賞制覇に臨みます。

 

対抗はアドマイヤハダル

2週前追い切り

21日栗東、坂路良、助手騎乗

4ハロン一杯に追う:54.3-39.4-25.3-12.0

1週前追い切り

28日栗東、C稍重、松山騎手騎乗、中遅

6ハロン一杯に追う:84.8-66.3-50.4-36.1-22.9-11.5

 

前走は中山記念で3着でした。理想的な位置取りやレースをしましたが、勝ち馬の得意な展開になってしまいました。走り自体は軽さがあり、状態も良かっただけに悔しい結果となりましたが、重賞を取れるだけの力は持っていると感じます。

2走前の白富士ステークスではジャックドールに続く2着でしたし、着差も1馬身半と大きく負けていません。近走では実力馬と走っても遜色のない走りをしていますので、このメンバーなら地力は上位でしょう。ただ、いつもは調教でよく動くところ、今回は僚馬に遅れを取りました。最終追い切りで上向くような感じがなければ、評価を落としてもいいと思います。

また、若干とはいえ決め手に欠けますので、今回のような長く脚を使えるレースが向いています。新潟コースはデビュー戦で経験していますし、皐月賞でも4着に入った実績がありますので、調教の様子だけで見限るのは早計だと感じます。

 

単穴はレッドガラン

2週前追い切り

20日栗東、坂路良、助手騎乗、外遅

4ハロン馬なり:53.2-38.4-24.6-12.2

1週前追い切り

28日栗東、C稍重、岩田康誠騎手騎乗

6ハロンG前仕掛け:79.5-64.2-49.1-35.2-22.7-11.4

 

前走の大阪城ステークスは、57.5キロのトップハンデを背負っていたこともあり、直線で伸び負けました。道中はスムーズに、インでロスなく運んだだけに悔しさが残る1戦でした。それでもほぼ差のない競馬ができたのは地力の高さでしょう。

中間調教では坂路中心の調整でしたが、1週前はコースで負荷をかけて、好タイムを出し気配も上々でした。当レースでも前走と同じ斤量を背負いますが、前走の経験をいかして展開が向けば重賞2勝目もあり得るでしょう。

 

連下はヤシャマル

2週前追い切り

20日美浦、坂路稍重、助手騎乗、内併

4ハロン馬なり:54.1-39.2-25.8-13.1

1週前追い切り

27日美浦、W稍重、助手騎乗

7ハロン直一杯追う:96.8-65.7-51.6-37.8-24.6-12.2

 

前走は日経新春杯で3着に食い込みました。上位2頭はさすがに強かった印象ですが、馬体が少し緩い中でよく走れていました。

今回は休み明けになりますが、中間調教では順調に仕上がっています。1週前追い切りでは、長めから意欲的に追われていました。負荷もしっかりかかっており、最後まで粘り強く伸びていました。手前を替える関係でしまいは少しもたついていましたが、動き自体は良かったと感じます。

3月上旬に帰厩してからは当レースを目標に調整されています。新潟コースは合うと思いますし、左回りも問題ないでしょうから、今から当日が楽しみな1頭だといえるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

新潟大賞典2022予想_本命アイコンテーラー:出走予定馬一覧

今年は20頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アイコンテーラー 52.0 騎乗予定:亀田

アドマイヤハダル 56.0 騎乗予定:松山

アルサトワ 56.0 騎乗予定:丹内

アルジャンナ 55.0 騎乗予定:未定

ヴァイスメテオール 56.0 騎乗予定:未定 ※回避予定

カイザーバローズ 55.0 騎乗予定:津村

ゴールドギア 55.0 騎乗予定:未定

シュヴァリエローズ 55.0 騎乗予定:富田

ステラリア 54.0 騎乗予定:川須

スマイル 54.0 騎乗予定:石橋

ダノンマジェスティ 55.0 騎乗予定:武藤

トーセングラン 54.0 騎乗予定:丸山

パトリック 54.0 騎乗予定:未定

プレシャスブルー 55.0 騎乗予定:勝浦

マウントゴールド 57.0 騎乗予定:荻野極

モズナガレボシ 55.0 騎乗予定:菱田

ヤシャマル 54.0 騎乗予定:松田

ラインベック 54.0 騎乗予定:西村

ラストドラフト 56.0 騎乗予定:三浦

レッドガラン 57.5 騎乗予定:岩田康

 

 

スポンサーリンク

新潟大賞典2022予想_本命アイコンテーラー:まとめ&前年レース回顧

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

開幕週に行われる重賞ということもあって前有利な展開ですが、昨年は前半がハイペースの展開で、差し馬が活躍しました。今年も強力な逃げ馬がいますので、多少ペースが早くなりそうです。

レースはアルサトワが引っ張り、トーセングランあたりが追走していくでしょう。本命のアイコンテーラーも先行勢の一角として4番手あたりを追走しそうです。アドマイヤハダル、レッドガランもこれに続く形でしょう。最終コーナーにかけて、ラインベック、ヤシャマル、ステラリア、カイザーバローズなどの後続が位置を上げ始め、最後の直線へと入っていきます。

直線では逃げるアルサトワをアイコンテーラーが半ばで交わしますが、その後はアドマイヤハダルと競り合いになりそうです。後続から有力馬も猛追してきますが、前は止まらないと思いますので、ハンデ差をいかしてアイコンテーラーが抜け出すと予想しています。

 

レース日

レースの発走は、5月8日(日)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年は、3番人気のサンレイポケットが差し切って重賞初制覇となりました。

当時で6回目の重賞挑戦となりました。レースは前半5ハロン通貨時点で、57.1秒とかなりのハイペースとなりました。サンレイポケットは後方でしたがイン側でロスなく競馬を進め、最後の直線に入りました。多くの馬が外を選択する中、内目に進路をとったサンレイポケットは、メンバー最速タイの上がり3ハロン36.5秒の末脚で力強く伸びて、接戦を制しました。

接戦の末、結果は3着馬までが同タイムとなり、2着とはクビ差で1番人気のポタジェ、3着には7番人気のサトノソルタスが入線しました。

 

あとがき

過去10年で1番人気は一度も勝利していません。さらに遡ると2007年から勝っておらず、現在は15連敗中です。

このデータを見ると1番人気馬を積極的に軸にするには気が引けますが、ハンデ戦ですのでそれだけ実力馬が重いハンデになっているということでしょう。ワンターンのレースのため、隊列の変化も少なく、比較的落ち着いています。ただ、新潟コース特有の長い直線を走り切る必要があるため、脚の持続力が求められます。ある程度の位置からでも、長く脚を使えるタイプに気を配っておきたいですね。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました