京都新聞杯2022予想_本命ブラックブロッサム

G2
スポンサーリンク

 

京都新聞杯2022予想_本命ブラックブロッサム

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「京都新聞杯」の出走予定馬について、勝ち馬予想と考察をしています。

京都新聞杯は、5月7日に中京競馬場で行われる、G2、芝2200m、3歳オープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

京都新聞杯2022予想_本命ブラックブロッサム:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ブラックブロッサム

〇(対抗):ボルドグフーシュ

▲(単穴):ポッドボレット

△(連下):ヴェローナシチー

 

本命はブラックブロッサム

2週前追い切り

20日栗東、C良、助手騎乗

6ハロン馬なり:83.1-66.9-51.3-36.5-23.0-11.4

1週前追い切り

27日栗東、C不良、助手騎乗、内先

6ハロン馬なり:81.5-66.5-51.7-36.5-22.9-11.5

最終追い切り

5月4日栗東、C良、助手騎乗、内遅

6ハロン馬なり:82.4-67.3-51.9-36.9-?-11.8

 

前走は200mの距離延長がポイントでしたが、先行していた2頭が飛ばしていたのが影響して、折り合いがついていました。まだ馬体に緩い部分があり、精神面も幼さが残りますが、8馬身差の勝利ということからも素質は良いものを持っています。

動き出しは3着馬と同じタイミングでしたが、最終コーナーでは先頭にたっていました。その後は相手を振り切り、差を広げて突き放しました。この走りからは父であるキタサンブラックを彷彿させ、スタミナや持久力型の脚質を印象付けました。菊花賞へ向けた調整になってくると思いますので、今から楽しみな存在です。

中間調教では僚馬に僅差ですが先着を果たしました。走る姿からは大きなスケールや、着実に成長している印象を受けました。当レースに向けては中京コースで2戦2勝しており、実績のあるコースで優位になるでしょう。連勝を3に伸ばぜばダービーでの活躍も目の前です。

 

対抗はボルドグフーシュ

2週前追い切り

20日栗東、坂路良、助手騎乗

5ハロン馬なり:56.2-40.8-26.8-13.2

1週前追い切り

27日栗東、C不良、松田騎手騎乗、外先

6ハロン一杯に追う:80.6-65.3-51.0-36.7-23.2-11.5

最終追い切り

5月4日栗東、坂路良、松田騎手騎乗、併せ追走

4ハロン末強め:53.2-38.9-24.8-12.4

 

前走も中団からメンバー最速の上がり3ハロンのタイム、33.3秒の脚で一気に差し切りました。追い出しのタイミングを計るぐらいの余裕があり、さらにノーステッキで最後は1馬身半の差で突き抜けました。

完璧な末脚勝負型と言えるボルドグフーシュは、昨年の勝ち馬と同じローテーションで当レースに挑みます。中間調教では、未勝利馬との併せ馬とはいえ大差で先着するほどの内容でしたし、迫力が更に増している印象でした。

状態や仕上がりは問題ありませんし、中京コースも2走前に経験しています。あとは、展開と脚を付かうタイミングさえ向けば、前走と同様に突き抜けても不思議ではありません。

 

単穴はポッドボレット

2週前追い切り

20日栗東、坂路良、助手騎乗

5ハロン馬なり:56.0-40.4-25.9-12.8

1週前追い切り

27日栗東、C不良、騎乗、内併

6ハロン馬なり:82.8-67.2-52.3-37.1-23.2-11.6

最終追い切り

5月4日栗東、坂路良、助手騎乗

4ハロン馬なり:53.7-38.4-24.6-12.2

 

前走のすみれステークスは前に馬を置く形で運びました。勝負どころでの手応えも良く、合図に応えてグイグイ行くと思われましたが、加速するまでに時間がかかりました。跳びが大きいことが原因だと思われますが、加速してからはスピードに乗り、クビ差の接戦をものにしました。

中間調教では、6歳の牝馬と併せ馬で行われ併入しましたが、6ハロンかつ短距離重視の相手と互角以上の走りでした。相手がオープンクラスのスプリント戦で勝ち星があることを考えると、キレ負けしていなかったことは十分評価できる内容だと感じました。

これまで6戦していますが、すべて掲示板内の着順です。安定した走りが強みですが、前走の控えてゴール前での差し切った内容は今後につながる競馬でしょう。スタミナがあり、跳びが大きいので、ある程度距離のある当レースはピッタリだと思います。左回りも問題なさそうですが、馬体がもう少ししっかりしてくればさらに良くなるでしょう。

 

連下はヴェローナシチー

2週前追い切り

21日栗東、C良、助手騎乗、内遅

6ハロン馬なり:82.7-67.6-52.6-37.5-23.4-11.5

1週前追い切り

27日栗東、C不良、酒井騎手騎乗

6ハロン馬なり:80.0-64.9-51.0-36.6-23.3-11.5

最終追い切り

5月4日栗東、坂路良、助手騎乗

4ハロン一杯に追う:53.4-39.0-25.3-12.7

 

前走の若葉ステークスは、今後の出走を見据えて勝ちに行ったレースでした。スタート後はいつもより出し気味に進め、上位の人気馬を見るような位置で折り合いました。直線でも脚を伸ばしていましたが、逃げる勝ち馬を捕まえられず2着でした。

中間調教では、6ハロンを馬なりで80.0秒という好タイムを出していることからも、調子の良さが伺えます。使いつつ暖かくなってきたことで、心身が成長して1本芯が入ってきたような雰囲気もあります。

距離もこなせる範囲ですし、中京コースで開催されたG3の京成杯で3着に入っていますから、左回りも問題なくこなせそうです。

 

 

スポンサーリンク

京都新聞杯2022予想_本命ブラックブロッサム:出走予定馬一覧

今年は16頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アスクワイルドモア 56.0 騎乗予定:岩田望

アップデート 56.0 騎乗予定:浜中

ヴェローナシチー 56.0 騎乗予定:酒井

ショウナンアデイブ 56.0 騎乗予定:池添

ストップザタイム 56.0 騎乗予定:古川吉

セイクリッド 54.0 騎乗予定:未定

ゼンノインヴォーク 56.0 騎乗予定:未定

テーオードレフォン 56.0 騎乗予定:川須

ブラックブロッサム 56.0 騎乗予定:レーン

ポッドボレット 56.0 騎乗予定:福永

ボルドグフーシュ 56.0 騎乗予定:松岡

マイネルクリソーラ 56.0 騎乗予定:未定

ミスターホワイト 56.0 騎乗予定:吉田隼

メイショウラナキラ 56.0 騎乗予定:秋山真

リアド 56.0 騎乗予定:川田

リカンカブール 56.0 騎乗予定:藤岡康

 

 

スポンサーリンク

京都新聞杯2022予想_本命ブラックブロッサム:まとめ&前年レース回顧

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

先行力のあるメンバー構成となりそうです。中京コースは開幕週のため、前有利の傾向は言うまでもなくありませんが、中盤から終盤にかけての速い流れに対応できるかが鍵になりそうです。

本命のブラックブロッサムは父親譲りのスタミナと持久力がありますので、当レースのような傾向展開はピッタリでしょう。道中は平均ペースで中団あたりで折り合い、向う正面に入ったあたりから徐々に進出を開始します。3コーナー過ぎでスピードを維持しながら一息入れた後は、最終コーナーを過ぎてから本格的に追い出し、先行馬を早めに交わして押し切ると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、5月7日(土)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年はレッドジェネシスが差し切り、重賞初制覇となりました。

京都競馬場の改修工事の影響もあり、32年ぶりに中京競馬場で行われました。道中は、中団後方に控えて追走し、最終コーナーから位置を上げ始めました。終始リズム良く走っており、直線に入ってからは十分届くと思えるくらいの手ごたえで、先行勢をメンバー最速の上がり3ハロン35.3秒の脚で猛追し、ゴール直前で交わしました。

当日は3番人気での勝利となり、2着には1番人気のルペルカーリア、3着には2番人気のマカオンドールが続けて入りました。

 

あとがき

過去には当レースの上位入賞からダービー馬も輩出しています。2013年には1着のキズナ、2019年には2着のロジャーバローズが記憶に新しいところでしょう。

今年も中京競馬場で開催されますが、中盤以降から速いラップが続き、ロングスパート戦になりやすい傾向です。そのため、開幕週とはいえ展開次第では昨年のように差しも十分届くので決め手のある実力馬には注意したいところでしょう。

 

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました