兵庫チャンピオンシップ2022予想(園田競馬)_本命ドライスタウト

地方競馬
スポンサーリンク

 

兵庫チャンピオンシップ2022予想(園田競馬)_本命ドライスタウト

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「兵庫チャンピオンシップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

兵庫チャンピオンシップは、5月4日に園田競馬場で行われる、Jpn2、ダート1870m、3歳の指定交流重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

兵庫チャンピオンシップ2022予想(園田競馬)_本命ドライスタウト:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ドライスタウト

〇(対抗):コンシリエーレ

▲(単穴):アイスジャイアント

本命はドライスタウト

中京の新馬戦を華々しく勝利で飾りました。続く1勝クラスも勝利し、2連勝で2歳の世代最強を決めるJpn1の全日本2歳優駿に臨みました。

道中は2番手につけ、最終コーナーで先頭に立つと直線ではメンバー最速の上がり3ハロンで、後続を寄せ付けませんでした。1ヶ月程度でしたが休み明けを克服し、初のマイル戦に対応しました。

当レースには3戦3勝で臨みますが、距離が前走からさらに伸びますので少なからず不安材料はあります。しかし、まだ底を見せていない走りは初めての距離でも対応できると感じますので、期待できる1戦になるでしょう。

 

対抗はコンシリエーレ

新馬戦を勝ち上がり、オープンクラスでも連勝となった後は、海外遠征となりました。遠征先はサウジアラビアで、G3のサウジダービーに出走しましたが、ダート界を担う猛者が集まった中、好位から直線で抜け出すも3着が地力の限界でした。

しかしながら、慣れない環境でのレースによく対応した方だと感じますし、日本の慣れ親しんだコースならさらにパフォーマンスも上がると思います。帰国後初の実戦がどう出るかがポイントになりそうですが、このメンバーなら地力は上位でしょう。

 

単穴はアイスジャイアント

新馬戦を勝利後は、Jpn3のJBC2歳優駿へ進みました。道中は後方からの競馬でしたが、早めから動き始め、直線では鋭く伸びて見事に差し切って初重賞制覇となりました。そして、連勝の勢いに乗ったまま、主役級としてJpn1の全日本2歳優駿へ臨みました。

当日は2番人気に支持されましたが9着に敗れ、レース後に骨折が判明しました。前走の疲れもあったと思いますが、体が出来上がる前に2戦連続で重賞で激戦になったことが大きかったかもしれません。レース後は休養を余儀なくされましたが、約5ヶ月程度で戻ってこれたのは、不幸中の幸いでしょう。実績や地力はメンバー上位の存在ですが、骨折明けで久々の実戦がどうでるかでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

兵庫チャンピオンシップ2022予想(園田競馬)_本命ドライスタウト:出走予定馬一覧

今年は12頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

クレールアドレ 54.0 騎乗予定:松本剛志

ローグネイション 56.0 騎乗予定:杉浦健太

ノットゥルノ 56.0 騎乗予定:武豊

ベルレフォーン 56.0 騎乗予定:下原理

アントラシート 56.0 騎乗予定:廣瀬航

ベラジオボッキーニ 56.0 騎乗予定:吉村智洋

ブリッツファング 56.0 騎乗予定:池添謙一

バウチェイサー 56.0 騎乗予定:笹田知宏

コンシリエーレ 56.0 騎乗予定:D.レーン

アイスジャイアント 56.0 騎乗予定:三浦皇成

タンバグリ 56.0 騎乗予定:竹村達也

ドライスタウト 56.0 騎乗予定:戸崎圭太

 

 

スポンサーリンク

兵庫チャンピオンシップ2022予想(園田競馬)_本命ドライスタウト:まとめ&前年レース回顧

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

先行勢と差し勢のメンバー構成となりました。極端な脚質ではなさそうですし、距離もそれなりにあるのでペースは平均ぐらいになりそうです。

大外枠でスタートしたドライスタウトは進みながら内側に進路を取ると思います。差し勢が多いので、先行位置にはつけられそうです。4番手5番手あたりで折り合った後は、隊列が変わらないまま終盤戦へと進みます。ただ、後方では早めから位置を押し上げる差し勢もいそうですが、先行勢が追い出しをかけるまでもないと思います。

最終コーナーから仕掛け始めたドライスタウトは、直線半ばで先行勢を交わし、多少後続から差を詰められながもそのまま押し切る展開になると予想しています。

 

レース日

レースの発走は、5月4日(水)の予定です。

 

前年レース回顧

2021年は中央勢のリプレーザが制しました。

前走は芝1200mでの出走でしたが、元々はダート1400mに出走予定で除外になり、調子が良かったとためやむを得なくという判断でした。

出走できるかどうかは抽選次第でしたが、運良く抽選を突破して当日に臨みました。抽選対象だったにも関わらず、2番人気に支持されたのは前走の影響もあったと思いますが、レースの種類や距離を問わないことも大きかったでしょう。

当日のレースは先行好位で運んでいましたが、勝負どころで反応が遅れてしまいました。それでも何とか盛り返して直線に入りました。ちょくせんでは前を走る2頭の外側から追走し、1番人気のゴッドセレクションに競り勝ち、3連勝で重賞初制覇となりました。

なお、3着には4番人気のランスオブアースが入り、4着には3番人気のロードエクレールが入線しています。

 

あとがき

当レースのコースは上級条件戦や重賞で主に使用されます。コースを1周強するため、スタミナはもちろん操縦性も問われます。

また、コーナーを6回も通過するため、外を回る位置だとかなり不利になります。さらに、位置取りが後ろすぎると勝負どころがコーナー付近になり、思うようにスピードに乗れないので、前との差が縮まりにくくなってしまいます。

そのため、先行有利は言うまでもありませんが、ペースや展開次第では差しも十分届きますので、メンバーの脚質には注意したいところです。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました