かきつばた記念2022予想(名古屋競馬)_本命ヘリオス

地方競馬
スポンサーリンク

 

かきつばた記念2022予想(名古屋競馬)_本命ヘリオス

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「かきつばた記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

かきつばた記念は、5月3日に名古屋競馬場で行われる、Jpn3、ダート1500m、4歳以上の指定交流重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

かきつばた記念2022予想(名古屋競馬)_本命ヘリオス:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ヘリオス

〇(対抗):イグナクター

▲(単穴):タガノビューティー

本命はヘリオス

3歳時は成長前ということもあって芝、ダートの適性を見極める目的もあり、どちらにも出走していました。芝でもそれなりに活躍できたイメージもできましたが、本質的にダート向きということで、3歳の暮れから本格的にダート路線となりました。

4歳になってからは短期間での出走をこなしながらも結果を出しており、4戦して【3100】という実績でした。その後、夏の暑い期間は放牧され、秋の室町ステークスが復帰戦となりました。長期休み明けで鈍いこともあり、9番人気で7着に終わりましたが、叩き2戦目の霜月ステークスは前走と同じ9番人気ながら、見事に穴を空け1着となりました。以降は重賞やオープンクラスでも出走しますが、メンバーも強力なため、重賞では大敗、オープンクラスでは好走までで留まっています。

この状況を打開するため、前年と同じようなタイミングで休養に入り、復帰しました。前年は力を出しきれなかった復帰戦のグリーンチャンネルカップで逃げ切り勝ちすると、続く霜月ステークスも逃げ切って連勝となりました。また今年の1月には、これまでは力及ばずだった重賞(根岸ステークス)では先行好位から、粘り込んで2着に食い込みました。この競馬内容からは明らかに以前とは違う力を感じました。

そして、本格的に重賞路線に舵を切り、前走の黒船賞へ参戦します。初めての地方交流重賞となった前走は、勝ち馬の決め脚に敗れましたが、前々走のようなしぶとさを見せて2着となりました。昨年の秋に復帰してからは、4連続で連対していますし、高く先行力でレース内容も安定しています。さらに、前で粘れる力もついていますのでまさに今がピークという印象です。前走で地方遠征をしていることも強みになりますし、小回りで平坦な名古屋コースなら、直線が長くなったとはいえ、先行脚質には合うはずです。今なら重賞初制覇も圏内でしょう。

 

対抗はイグナクター

新馬戦で勝ち上がったあと、中央競馬で1走したあとは大井競馬に参戦しました。重賞ということもあったと思いますが、勝てない状況が続き、ユニコーンステークスで12着に大敗したタイミングから地方の園田競馬に転籍しました。

移籍で心機一転したのか、成長するタイミングだったかもしれませんが、ここから一気に能力が目覚め始めます。移籍直後から結果を出し始めると、秋には園田の重賞である楠賞で重賞初勝利となりました。その後は年末に行われたJpn3の兵庫ゴールドトロフィーで3着に逃げ粘りました。この入賞で自信を得たのか、年明けの高知遠征で、黒潮スプリンターズカップを7馬身差で圧勝して重賞2勝目となりました。そして、Jpn3である前走の黒船賞では、強敵揃いのJRA勢を完封して指定交流重賞も初制覇となりました。

当日騎乗していた田中学騎手の手腕も光り、4000勝の節目に花を添えることとなりました。レースは斤量に恵まれたこともありましたが、先行好位から早めに抜け出して押し切りました。ただ、中央勢も同じ斤量だった実力馬を完封したことを考えると、地力の高さもあったと思います。今回も強力なメンバーが集まりましたが、実力は上位の存在でしょう。

 

単穴はタガノビューティー

デビューからダート戦で2連勝した後は、芝G1の朝日杯フューチュリティステークスに出走しました。初芝がG1となりましたが、高い適応能力と末脚を武器にいきなり4着に好走しました。芝でも適応できると感じた陣営は、続けて芝G3のシンザン記念へ出走させますが、思ったような結果には繋がらず、以降はダート路線へ戻りました。

ダート戦へ戻ってすぐヒヤシンスステークスで2着に入ると、続く青竜ステークスでも3着に入りました。また、強力な末脚を武器にG3ユニコーンステークスに挑みますが、後方から位置を上げられず13着でした。その後は休養に入り、秋から実戦に戻りますが、終始安定した走りを見せ、条件戦やオープンクラス、重賞に関わらず常に上位争いをしています。

旧名古屋コースは直線距離が日本一短かったですが、新名古屋コースは地方競馬で西日本一の直線の長さを誇ります。タガノビューティーにとってはより末脚が生きる絶好の舞台となります。これまでの全6勝のうち、新馬戦を除けば5東京コースで5勝しているだけに、直線の長いコースはプラス材料でしょう。展開も向けば、突き抜けるだけの力もありますので、初重賞制覇も目前だと思います。

 

 

スポンサーリンク

かきつばた記念2022予想(名古屋競馬)_本命ヘリオス:出走予定馬一覧

今年は12頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

イグナイター 56.0 騎乗予定:田中学

タガノビューティー 57.0 騎乗予定:石橋脩

ラプタス 59.0 騎乗予定:幸英明

インペリシャブル 53.0 騎乗予定:吉原寛人

サンマルティン 51.0 騎乗予定:木之前葵

エッシャー 51.0 騎乗予定:宮下瞳

ミラクルシップ 51.0 騎乗予定:山田祥雄

カツゲキキトキト 51.0 騎乗予定:加藤利征

サンロアノーク 51.0 騎乗予定:井上幹太

ピンシャン 57.0 騎乗予定:川田将雅

ワイドファラオ 57.0 騎乗予定:岩田望来

ヘリオス 57.5 騎乗予定:武豊 57.5

 

 

スポンサーリンク

かきつばた記念2022予想(名古屋競馬)_本命ヘリオス:まとめ&前年レース回顧

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

イグナクターとラプタスが逃げる展開でレースが進むでしょう。最後の直線が長くなったことを考えるとハナ争いが激化することは考えにくいので、平均ペースで流れそうです。

この2頭に続けてヘリオスが3番手、以降はピンシャン、ワイドファラオ等の差し勢、タガノビューディーほぼ最後方からの位置取りになると思います。

最終コーナー前から後続が徐々に動き始め、コーナーを回りきったところから、ヘリオスも追い出しを開始し、後続勢が一気に逃げている2頭を追うことになりそうです。直線半ばで一杯になりつつある2頭をヘリオスが交わし、猛追してくるタガノビューティーと、交わした2頭との差を守りきって押し切ると展開予想しています。

レース日

レースの発走は、5月3日(火)の予定です。

前年レース回顧

2021年はラプタスが制しました。旧名古屋競馬場での最後の開催となり、距離は1400mでした。

レースはスタートでダッシュを決めて先手を取った、2番人気のラプタスが最終コーナから後続を引き離しにかかりました。この動きに後続はついていけず、このまま逃げ切りました。着差は前年と同じ3馬身差で、この勝利でラプタスは同レースの連覇となりました。

なお、1番人気のテイエムサウスダンは2着で入線しています。

あとがき

これまでは1400mで開催されていましたが、新名古屋競馬場に移った2022年度からは距離が100m伸びて、1500mでの開催となります。

これまでは地方特有の小回りコースで勾配も平坦だったため、先行有利となっていました。しかし、新しいコースでは直線が地方の西日本最長となっているため、これまでの先行有利ではなく、差しも十分届く展開になりそうです。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました