端午ステークス2022予想_本命バトルクライ

中央競馬
スポンサーリンク

 

端午ステークス2022予想_本命バトルクライ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「端午ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

端午ステークスは、5月1日に阪神競馬場で行われる、ダート1400m、3歳オープンクラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

端午ステークス2022予想_本命バトルクライ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):バトルクライ

〇(対抗):リメイク

▲(単穴):ジレトール

△(連下):グッドディール

本命はバトルクライ

1週前追い切り

20日美浦、W稍重、助手騎乗、内併

6ハロン馬なり:84.3-67.4-52.7-37.6-23.6-11.5

芝では結果が残せず2戦前からダートへ転向しました。すると、転向直後から1着と結果を出し、続く2戦目も連勝しました。経験が浅いため、わまだ粗削りな競馬ですが、レースのたびに伸びしろを感じます。連勝の上積みもあると思いますので、ここは

 

対抗はリメイク

1週前追い切り

20日栗東、C良、福永騎手騎乗、中先

6ハロン馬なり:85.9-69.7-54.2-37.8-22.8-11.2

現在2連勝中です。前々走は先行2番手から楽に抜け出し、2着馬に2馬身差をつけました。また前走でも先行3番手につけ、勝負どころでも楽な手応えでした。直線では2着馬と決め手の違いを見せて完勝しました。今回も同じ距離ですし、前走と同様の走りなら崩れにくいと思います。

 

単穴はジレトール

1週前追い切り

20日栗東、坂路良、助手騎乗

4ハロン馬なり:51.1-36.9-24.3-12.3

1勝クラスを勝ち上がったあと、オープンクラスの昇竜ステークスに臨みました。今回も出走するリメイクに敗れて2着でしたが、直線では一旦は先頭に立つ力のあるシーンもあり、見せ場のある内容でした。前走で格付けが済んだ印象もありますが、今回初の右回りでまともに走れれば上位争いになると思います。

 

連下はグッドディール

1週前追い切り

20日栗東、坂路良、助手騎乗、内遅

4ハロンG前強め:52.2-38.0-24.9-12.6

2走目、3走目を連勝したあと、オープンクラスでも5着、3着と通用する走りを見せています。前走はリメイクやジレトールも出走した昇竜ステークスでしたが、1番人気でレースに臨みました。後方から脚を伸ばしましたが、位置取りの差が着順に出ただけでなく、現時点では総合的にリメイクの方が一枚上かなと感じました。それでも、展開次第では上位争いに加われると思います。

 

 

スポンサーリンク

端午ステークス2022予想_本命バトルクライ:出走予定馬一覧

今年は13頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

エイシンヌプリ 54.0 騎乗予定:未定

カセノダンサー 54.0 騎乗予定:石橋

グットディール 56.0 騎乗予定:ルメール

クロジシジョー 56.0 騎乗予定:幸

ジャスパージェット 56.0 騎乗予定:未定

ジレトール 56.0 騎乗予定:川田

スズカワールド 56.0 騎乗予定:未定

バトルクライ 56.0 騎乗予定:岩田望

ヒロノシュン 56.0 騎乗予定:未定

ファーンヒル 56.0 騎乗予定:未定

フルム 56.0 騎乗予定:水口

ラヤス 56.0 騎乗予定:未定

リメイク 57.0 騎乗予定:福永

 

 

スポンサーリンク

端午ステークス2022予想_本命バトルクライ:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

ジレトールが逃げる展開でペースが決まるでしょう。極端に脚質が偏っておらず、逃げから追い込みまでメンバーが揃っていますので、隊列もすぐ決まりそうです。

バトルクライ、リメイク、グッドディールが先行勢でジレトールにプレッシャーをかけていくでしょう。リメイクが勝負どころで抜け出して、先手を奪いそうですが、伸びしろ十分なバトルクライも同様に動き出して、突き抜ける可能性が高いと予想しています。

レース日

レースの発走は、5月1日(日)の予定です。

あとがき

データからは前走の人気馬が苦戦しているレースになります。ステップレースとしては昇竜ステークス組の実績が優秀で、上位人気ならほぼ好走して馬券に絡んでいました。一方で、昇竜ステークスの1着馬、2着馬は、ここでは馬券に絡んでいないという結果でした。さらに先行勢はかなりの確率で馬券に絡めていませんので、データ派なら丸ごと軽視でもいいぐらいかなと感じました。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました