スイートピーステークス2022予想_本命ウインエクレール

中央競馬
スポンサーリンク

 

スイートピーステークス2022予想_本命ウインエクレール

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「スイートピーステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

スイートピーステークスは、5月1日に東京競馬場で行われる、芝1800m、3歳牝馬限定、オープンクラスのWIN5対象、オークストライアルレースです。1着馬にはオークスへの優先出走権が付与されます。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スイートピーステークス2022予想_本命ウインエクレール:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ウインエクレール

〇(対抗):シークルーズ

▲(単穴):ローブエリタージュ

△(連下):グランスラムアスク

本命はウインエクレール

1週前追い切り

21日美浦、W良、松岡騎手騎乗、内併

5ハロン直一杯追:68.3-53.1-38.0-23.5-11.7

1月の新馬戦で難なく勝ち上がった後は、重賞のクイーンカップへ進みました。スタート後はやや後方からの位置取りになりましたが、早めから位置を上げ始めました。最終コーナーは6番手あたりで直線に入り、直線でもしぶとく脚を使いますが、伸びきれず6着でした。

前走後は連戦の疲れも考慮し、無理をさせずレース間隔を少し空けました。これが良い効果に繋がり、調教でも良い動きをみせており、心身がリフレッシュしたようです。気配も申し分ありませんし、素質の高さや伸びしろの大きさを考えると楽しみな1戦になると思います。

 

対抗はシークルーズ

1週前追い切り

21日栗東、C良、松若騎手騎乗、内先

6ハロンG前仕掛け:81.9-67.1-53.0-37.9-23.4-11.4

牝馬限定の新馬戦を先行から押し切る形で勝ち上がったあと、2歳牝馬女王を決める阪神ジュベナイルフィリーズに進みました。道中は後方からの競馬でしたが、不利を受けてスムーズに走れず12着でした。

その後は休養を挟み、仕切り直しの1戦となった年明けの1勝クラスは、メンバー最速の上がり3ハロンタイム33.7秒の脚で、後方から直線一気で差し切ってオープン入りしました。続くチューリップ賞は展開にも恵まれず12着でしたが、東京コースでは2戦2勝しており、相性の良さは確実にあるでしょう。リステッドレースやこのメンバーなら十分通用しそうです。

 

単穴はローブエリタージュ

1週前追い切り

20日美浦、W稍重、石川騎手騎乗、内併

6ハロン直線追う:85.2-68.4-53.10-38.0–24.1-11.7

今回で2戦目ですが、新馬戦ではディープインパクト産駒らしい瞬発力で差し切り勝ちました。馬体自体は小柄ですが、馬群にもまれない位置で競馬すれば瞬発力もいかせそうです。

今回は休み明け初戦となります。どこまでやれるか真価を問われる1戦になりそうですが、素質の高さは感じますし、乗り込み数や仕上がり自体は問題なさそうです。

 

連下はグランスラムアスク

1週前追い切り

21日栗東、P良、助手騎乗、外遅

4ハロン馬なり:53.7-37.7-?-11.3

ここまで6戦していますが、勝ちは牝馬限定の未勝利戦だけです。1戦ごとに成長はしていますが、どちらかといえば叩いて良くなっていくタイプだと感じます。

資質はオープンクラスの全兄カイザーバローズに負けていませんし、自分のリズムで逃げられれば、前で粘るスタミナは前走で目処がつきました。開幕週に近い馬場なら勝ちきれなくとも好走できると思います。

 

 

スポンサーリンク

スイートピーステークス2022予想_本命ウインエクレール:出走予定馬一覧

今年は11頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

ウインエクレール 54.0 騎乗予定:デムーロ

カランセ 54.0 騎乗予定:石川

グランスラムアスク 54.0 騎乗予定:古川奈

コントディヴェール 54.0 騎乗予定:菅原

シークルーズ 54.0 騎乗予定:戸崎

セイクリッド 54.0 騎乗予定:未定

ニシノメグレス 54.0 騎乗予定:津村

フィールシンパシー 54.0 騎乗予定:横山琉

ユキノエリザベス 54.0 騎乗予定:未定

ラリベラ 54.0 騎乗予定:松本

ローブエリタージュ 54.0 騎乗予定:横山武

 

 

スポンサーリンク

スイートピーステークス2022予想_本命ウインエクレール:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

グランアスクムクやニシノメグレスが逃げる展開で隊列が決まっていきそうです。最後の直線を考えると、ペースは平均ぐらいで進むと思います。

それほど頭数と多くありませんので、本命のウインエクレールが3番手、4番手あたりで折り合い、そのまま直線に入ると見ています。直線半ばで前を捉えるとそのまま差し切り、後続を寄せ付けずに突き抜けると予想しています。

レース日

レースの発走は、5月1日(日)の予定です。

あとがき

差しタイプが優位な実績ですが、追い込み馬はほぼ馬券に絡んでおらず、近年では2020年のデゼルだけになります。決め手が強力でもある程度の位置出ないと前に届かないとみていいでしょう。

また、阪神コースからのローテーション組の実績が優秀で未勝利戦を勝ち上がって臨んだ馬は、過去5年で3戦3勝でした。ディープインパクト産駒の血統も信頼できそうですので、該当馬がいればデータ派なら狙ってみたいですね。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました