ブリリアントステークス2022予想_本命ヒロイックテイル

中央競馬
スポンサーリンク

 

ブリリアントステークス2022予想_本命ヒロイックテイル

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「ブリリアントステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

ブリリアントステークスは、5月1日に東京競馬場で行われる、ダート2100m、4歳以上オープンクラス、ハンデキャップ指定のWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリリアントステークス2022予想_本命ヒロイックテイル:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ゲンパチルシファー ※抽選除外のため、予想馬評価繰り上げ

〇(対抗):ヒロイックテイル

▲(単穴):デュアライズ

△(連下):アルドーレ

本命はゲンパチルシファー

1週前追い切り

20日栗東、坂路良、助手騎乗

4ハロン1F追う:54.2-36.9-25.9-12.7

前走は休み明けの卯月ステークスでした。スタート後は先行好位につけ、最後の直線でもしぶとく粘り込みましたが4着でした。元々休み明けでは走らないタイプですので、一度叩かれた効果はあると思います。

この舞台は、昨年のブラジルステークスでも2着好走していることから適性も高いと思います。ダートの長距離レースですので体力自慢が集まっていますが、消耗戦になればなるほどこの馬の持ち味が生きますし、日曜は雨予報ということですので展開的にも向くと思います。

※抽選除外のため、予想馬評価繰り上げ

 

対抗はヒロイックテイル

1週前追い切り

20日栗東、C良、助手騎乗、外遅

6ハロン一杯に追う:83.2-66.2-51.1-36.8-23.7-12.2

東京コースの2100mとは非常に相性が良いです。昨年の当レース制覇を含め、これまで3勝しています。本来は右周りの方が適性が高いと思いますが、この舞台に限ってはまだまだやれると思いますので、見切りをつけるのは時期尚早だと感じます。

前走の名古屋城ステークスは、中京コースの右回り16頭中、14着と大敗してしまいました。先行好位につけていましたが、脚を伸ばせず下がるだけでした。昨年は、同舞台のブラジルステークスやスレイプニルステークスで1番人気で大敗していますが、いずれも本来の競馬内容ではありませんでした。マイペースで先行できれば十分巻き返すことはできると思います。

 

単穴はデュアライズ

1週前追い切り

21日美浦、W良、助手騎乗

5ハロン馬なり:71.0-55.8-41.5-26.9-12.8

これまでの競馬でも見せ場はありましたが、近走では特に末脚が目立っています。ここ2走はメンバー最速の上がり3ハロンで後方から猛追しています。前々走のように道中の位置取りによっては十分差しきれるだけの力を持っていると感じます。

ダートレースではまだ底を見せていないように感じますし、東京コースのような直線の長い舞台でなら展開次第では上位争いも可能だと思います。

 

連下はアルドーレ

1週前追い切り

20日栗東、C良、助手騎乗、外遅

7ハロン一杯に追う:95.4-64.2-50.1-36.0-23.0-11.6

オープンクラスへ勝ち上がってからは結果が残せていませんが、重賞戦線でも経験を積んでいきました。昨年の平安ステークス(G3)では、10番人気ながら4着に入る好走していますし、決め手もありますので、2000m未満のレースでは実力上位だと思います。

ただ、東京コースでは3戦していますが【1002】と好走できていません。長い直線であれば決め手も生きると感じますし、前走からの負担斤量も3キロ減りますので、終わってみればアッサリ勝ち切るという可能性もありそうです。

 

 

スポンサーリンク

ブリリアントステークス2022予想_本命ヒロイックテイル:出走予定馬一覧

今年は24頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アメリカンフェイス 54.0 騎乗予定:吉田豊

アルドーレ 56.0 騎乗予定:未定

アンセッドヴァウ 54.0 騎乗予定:未定

ヴァニラアイス 53.0 騎乗予定:未定

エイコーン 55.0 騎乗予定:戸崎

キタノヴィジョン 54.0 騎乗予定:未定

ゲンパチルシファー 55.0 騎乗予定:横山武

サクラアリュール 55.0 騎乗予定:未定

スマッシングハーツ 56.0 騎乗予定:未定

ダノンファスト 56.0  騎乗予定:未定

デュアライズ 55.0 騎乗予定:菅原

テリオスベル 52.0 騎乗予定:江田

ドスハーツ 54.0 騎乗予定:小沢

トップウイナー 55.0 騎乗予定:未定

ドリュウ 54.0 騎乗予定:未定

ハヤブサナンデクン 55.0 騎乗予定:大野

ヒロイックテイル 56.0 騎乗予定:デムーロ

ペオース 54.0 騎乗予定:未定

ホウオウスクラム 54.0 騎乗予定:未定

ユアヒストリー 54.0  騎乗予定:石川

リッターシュラーク 54.0 騎乗予定:宮崎

リネンファッション 54.0 騎乗予定:秋山真

ロードマイウェイ 56.0 騎乗予定:永野

ロードリバーサル 54.0 騎乗予定:津村

 

 

スポンサーリンク

ブリリアントステークス2022予想_本命ヒロイックテイル:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

ダートのオープンクラスらしく、ほぼ先行と差しタイプのメンバー構成となりました。あとがきでも書いているように、データでは逃げと追い込み馬が絶望的な実績です。ジョッキーとしても経験や事前のレースデータからも把握しているでしょう。

もちろん道中で位置取りも変わると思いますが、外枠勢が少しでも距離のロスを防ぐため、前目につける展開で決まるのではないかと感じます。内枠勢は出たなりに進めば、中団までは確保できるでしょう。

ペースはスローか平均ぐらいで最後の瞬発力勝負になりそうです。展開に左右されそうですが、直線の長い東京コースなので、相性がよく、ここ一番の決め手が使えそうなゲンパチルシファーを本命視して予想しています。しかし、かなり僅差の状況になりそうなので、広く抑えていきたいところでしょう。

レース日

レースの発走は、5月1日(日)の予定です。

あとがき

最近の過去データから面白い傾向がわかりました。逃げと追い込みは全く馬券に絡んでいません。人気馬だからといって脚質を確認しないまま軸や紐候補にすると、かなり痛い目に合いそうな感じです。

一方で先行馬の実績が抜群で、ほぼ勝ちを独占しているような状態でした。さらに、上位人気に限定すれば、勝率は50%を超えているような数値でした。また、しっかりと休養を挟んだローテーション馬の活躍が目立っており、複勝率は150%を超えている状況でした。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました