オアシスステークス2022予想と考察_クロパラントゥは勝機十分

中央競馬
スポンサーリンク

 

オアシスステークス2022予想と考察_クロパラントゥは勝機十分

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「オアシスステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

オアシスステークスは、4月23日に東京競馬場で行われる、ダート1600m、4歳以上オープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オアシスステークス2022予想と考察_クロパラントゥは勝機十分:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):クロパラントゥ

〇(対抗):ブランクチェック

▲(単穴):デュードヴァン

△(連下):サンダーブリッツ

本命はクロパラントゥ

前走のバレンタインステークスは15着に大敗しました。馬場や展開に対応できなかったことが原因ですが、経験不足によること部分も大きかったと感じます。

地方で3連勝して自信をつけて、満を持して中央競馬に再転入ししました。復帰初戦の1勝クラスでは、逃げて2着馬を3馬身突き放す強い内容でした。続く2勝クラスでも先行から押し切る余裕のある走りでした。さらに、3勝クラスでは先行好位から競り合いで伸び勝つ内容でした。

2走前までの3連勝で中身の濃い競馬ができましたし、前走は現時点なら度外視できる内容だと思います。これまでも出走時も本命視していますが、オープンクラスに入っても、素質や実績は見劣りません。互角以上に戦える1頭自分のリズムで走れることが条件にはなりそうですが、走れれば好勝負に持ち込めると思います。

対抗はブランクチェック

昨年12月の市川ステークスの勝ち方が印象的でした。これまでも条件に関わらず、最後の直線ではメンバー上位のタイムで駆け上がってきました。市川ステークスでも同様でしたが、中団待機から追い出しの合図がかかると、すっと反応し直線では鋭く伸び手突き抜けました。ハンデ戦で斤量の恩恵があったとはいえ、2着馬に5馬身差をつける大楽勝の内容でした。

その後は、地方競馬のJpn3であるTCK女王盃に挑みます。2番人気に推されたレースで、道中はやや後方待機で折り合いました。最後の直線では先行勢が後退していく中、溜めた脚で先に追い出していた勝ち馬をマークするように猛追しました。しかし、決め手で上回る勝ち馬と、上位でしぶとく粘った2着馬と差を詰められず3着が精一杯でした。

前走からは重賞でも通用する力は見せましたし、近走では3歳時の勢いも戻ってきている印象です。重賞なら展開次第になることもありますが、オープンクラスなら地力で上位争いが可能でしょう。

単穴はデュードヴァン

東京コースのマイル戦はこれまでも勝ち鞍がありますし、3歳時にはオープンクラスの青竜ステークスも制しています。続く、G3のユニコーンステークスでは、直線のほぼ最後方からケタ違いの上がり脚で追い込んで2着でした。

以降は、重賞戦線や海外遠征など精力的に出走していますが、脚質的に展開に左右されやすいため結果に繫がっていません。それでも、最後は脚を使えていますので、展開次第でチャンスが1頭だと思います。昨年末あたりから、復調の兆しも感じますし、調教でもしっかり動けています。

東京コースは決め手を存分に発揮できる相性の良いコースですし、実績のあるコースでもありますので、変わり身に期待ができそうです。

連下はサンダーブリッツ

デビューは芝レースでしたが、3走目のダート替わりで一変し、4走目で結果を出し手勝ち上がりました。以降は、展開が向かないこともありましたが、決め手をいかせる東京コース中心の参戦で好走しています。3歳時にはG3のユニコーンステークスにも出走し、10番人気ながら4着に粘り込んでいます。

東京コースで経験や実績を積んだ後は、活躍の場を広げるため4歳時は遠征も積極的に行っています。新潟、福島、阪神、中山を経験した今なら、実績のある東京コースの走りもさらに安定してくると思います。

決め手と言う点では他馬に分がありますが、近走はいい状態を維持できています。オープンクラスやリステッドレースのメンバーなら、前でしぶとさを発揮できれば残り目もありそうです。

 

 

スポンサーリンク

オアシスステークス2022予想と考察_クロパラントゥは勝機十分:出走予定馬一覧

今年は51頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アヴァンティスト 56.0 騎乗予定:デムーロ

アシャカトブ 57.0 騎乗予定:永野

アッシェンプッテル 54.0 騎乗予定:未定

アドマイヤハダル 56.0 騎乗予定:未定

アドマイヤルプス 56.0 騎乗予定:内田

アルドーレ 57.0 騎乗予定:未定

アンセッドヴァウ 56.0 騎乗予定:未定

ウルトラマリン 55.0 騎乗予定:未定

エングレーバー 56.0 騎乗予定:藤岡佑

キョウヘイ 56.0 騎乗予定:武士沢

グレートウォリアー 56.0 騎乗予定:岡田

クロパラントゥ 56.0 騎乗予定:ルメール

クーファピーカブー 54.0 騎乗予定:未定

ケイアイドリー 56.0 騎乗予定:未定

ケイティクレバー 56.0 騎乗予定:未定

ゲンパチフォルツァ 56.0 騎乗予定:木幡

コラルノクターン 56.0 騎乗予定:福永

サヴァ 56.0 騎乗予定:横山武

サダムスキャット 54.0 騎乗予定:未定

サンダーブリッツ 56.0 騎乗予定:田辺

サンライズラポール 56.0 騎乗予定:内田

ショーム 57.0 騎乗予定:未定

スイーズドリームス 56.0 騎乗予定:未定

スズカフェスタ 56.0 騎乗予定:未定

スピリットワンベル 56.0 騎乗予定:未定

スマッシングハーツ 57.0 騎乗予定:福永

スリーグランド 57.0 騎乗予定:吉田豊

スーパーフェザー 56.0 騎乗予定:未定

ゼンノアンジュ 54.0 騎乗予定:未定

タガノビューティー 58.0 騎乗予定:石橋

ダンツキャッスル 57.0 騎乗予定:未定

デュードヴァン 56.0 騎乗予定:岩田康

デンコウリジエール 57.0 騎乗予定:未定

ドスハーツ 56.0 騎乗予定:未定

ドリュウ 56.0 騎乗予定:未定

ニュートンテソーロ 56.0 騎乗予定:戸崎

ハギノアトラス 56.0 騎乗予定:未定

ハーメティキスト 56.0 騎乗予定:戸崎

ヒロイックテイル 57.0 騎乗予定:未定

ファーストフォリオ 54.0 騎乗予定:未定

フィールドセンス 56.0 騎乗予定:未定

ブラックアーメット 56.0 騎乗予定:未定

ブランクチェック 54.0 騎乗予定:大野

ペオース 56.0 騎乗予定:未定

ホウオウトゥルース 56.0 騎乗予定:未定

ホウオウピースフル 54.0 騎乗予定:未定

マイラプソディ 56.0 騎乗予定:藤田菜

マテンロウスパーク 56.0 騎乗予定:横山典

メイショウウズマサ 57.0 騎乗予定:未定

ラーゴム 58.0 騎乗予定:未定

 

 

スポンサーリンク

オアシスステークス2022予想と考察_クロパラントゥは勝機十分:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

51頭の登録があるため、出走メンバー次第でかなり展開が変わりそうです。ただ、東京コースということもあり、差しタイプの登録が多いので、決め手を発揮できる条件を選んで来ているということでしょう。

本命のクロパラントゥは、逃げてレースを作ることもできれば先行好位から差す競馬もできます。展開によらない走りができるのは魅力ですし、まだ底を見せていない実力はここでも最有力候補だと予想しています。

レース日

レースの発走は、4月23日(土)の予定です。

あとがき

オープンクラスのダート戦らしく、決め手のある差し馬が活躍しているデータでした。これまでの経験も生きている印象で、前走で差す競馬ができていれば、直線の長い東京コースでも同様の展開で好走している傾向です。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました