大阪−ハンブルクカップ2022予想_本命ディアマンミノル

中央競馬
スポンサーリンク

 

大阪−ハンブルクカップ2022予想_本命ディアマンミノル

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「大阪−ハンブルクカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

大阪−ハンブルクカップは、4月10日に阪神競馬場で行われる、芝2600m、4歳以上オープンクラス、ハンデキャップ指定のWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

桜花賞2022予想_本命プレサージュリフト
この記事では2022年「桜花賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 桜花賞は、4月10日に阪神競馬場で行われる、G1、芝1600m、3歳牝馬限定オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

阪神牝馬ステークス2022予想_本命アンドヴァラナウト
この記事では2022年「阪神牝馬ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 阪神牝馬ステークスは、4月9日に阪神競馬場で行われる、G2、芝1600m、4歳以上牝馬限定、オープンクラスのレースです。

 

ニュージーランドトロフィー2022予想_本命アバンチュリエ
この記事では2022年「ニュージーランドトロフィー」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ニュージーランドトロフィーは、4月9日に中山競馬場で行われる、G2、芝1600m、3歳オープンクラスのレースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪−ハンブルクカップ2022予想_本命ディアマンミノル:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ディアマンミノル

〇(対抗):パトリック

▲(単穴):タイセイモナーク

△(連下):ホウオウエクレール

本命はディアマンミノル

長距離レースを主戦とするようになってからは、堅実な成績を残しています。2000mや2200mでも忙しい様子ですので、当レースのような距離の方がじっくり進めて脚をためられそうです。今回の舞台は理想的な距離でしょう。

対抗はパトリック

今回がオープンクラス初戦となります。前走は好位から馬群の狭いところを割って、差し切りました。頭差の着順でしたが、レース内容は着順以上のものがありました。スムーズならさらに差を広げられていたと思います。今回はハンデ戦ですし、斤量差や勝負根性をいかせればいきなりでも通用しそうです。

単穴はタイセイモナーク

前走は好位につけながらも直線では伸びきれず、大きく位置を下げ、11着でゴールしました。前走は仕上がりも良かっただけに前走の結果は少し気になります。しかし、調教でも動けていますし、中1週での出走になっているので、陣営としては問題ないと判断したのでしょう。実際、休み明けは割と走らないので使ったほうが走るタイプだと思います。

連下はホウオウエクレール

長距離レースで堅実に走れていますが、自分のペースで、リズム良く走れてこその馬だと思います。今回はハナを主張しそうな馬もいますので、自分のペースとはいかない気がしています。

 

スポンサーリンク

大阪−ハンブルクカップ2022予想_本命ディアマンミノル:出走予定馬一覧

今年は10頭が出走予定です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アドマイヤアルバ 53.0 騎乗予定:原田

エフェクトオン 53.0 騎乗予定:吉田隼

シャンパンクーペ 53.0 騎乗予定:荻野琢

スーパーフェイバー 50.0 騎乗予定:酒井

タイセイモナーク 53.0 騎乗予定:和田竜

ディアマンミノル 54.0 騎乗予定:荻野極

テンカハル 52.0 騎乗予定:坂井

パトリック 54.0 騎乗予定:ルメール

ホウオウエクレール 53.0 騎乗予定:藤岡康

ボスジラ 56.0 騎乗予定:岩田康

 

 

スポンサーリンク

大阪−ハンブルクカップ2022予想_本命ディアマンミノル:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

タイセイモナーク、ホウオウエクレールがハナ争いをしていく形で隊列が決まりそうです。やり合うことも考えられますが、長丁場なので比較的落ち着いたペースになると思っています。もし、やり合うようならより後方勢が有利な展開になるので、本命のディアマンミノルにとっては向くと予想しています。

レース日

レースの発走は、4月10日(日)の予定です。

あとがき

長距離レースのため、先行逃げ切りは稀なレースデータです。差しや追い込みタイプが好走しており、道中でしっかりと脚をためられるかがポイントになりそうです。極端に考えるなら、末脚の速さ順で絞ってもいいかもしれません。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました