忘れな草賞2022予想_本命アートハウス

中央競馬
スポンサーリンク

 

忘れな草賞2022予想_本命アートハウス

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「忘れな草賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

忘れな草賞は、4月10日に阪神競馬場で行われる、芝2000m、3歳牝馬限定オープンクラス、WIN5対象のリステッドレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

桜花賞2022予想_本命プレサージュリフト
この記事では2022年「桜花賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 桜花賞は、4月10日に阪神競馬場で行われる、G1、芝1600m、3歳牝馬限定オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

阪神牝馬ステークス2022予想_本命アンドヴァラナウト
この記事では2022年「阪神牝馬ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 阪神牝馬ステークスは、4月9日に阪神競馬場で行われる、G2、芝1600m、4歳以上牝馬限定、オープンクラスのレースです。

 

ニュージーランドトロフィー2022予想_本命アバンチュリエ
この記事では2022年「ニュージーランドトロフィー」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ニュージーランドトロフィーは、4月9日に中山競馬場で行われる、G2、芝1600m、3歳オープンクラスのレースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

忘れな草賞2022予想_本命アートハウス:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):アートハウス

〇(対抗):セルケト

▲(単穴):ダイム

△(連下):シーグラス

本命はアートハウス

デビュー戦の内容が印象に残っています。2番手でレースを進めると最後の直線で楽に先頭に立ち、そのまま3馬身差をつけて突き抜けました。前走は直線で伸び切れず6着でしたが、勝ち馬がレコードで走ったことを考えると、それほど悲観する内容もでもないと感じます。今年の始動戦となりますが、コースと坂路で調教をしっかり詰めており、力は出せる状態だと思います。

対抗はセルケト

年明け初戦の未勝利戦が強い内容でした。2番手で運び、先に抜け出して押し切りました。ここでのタイムは3歳戦では2番目の時計ですし、これから開花していく素質はかなりのものでしょう。半兄にはヴェロックスがいる良血馬ですし、混合戦で牡馬と競い合った経験も牝馬限定戦ならさらにいきてくると思います。

単穴はダイム

デビュー戦は中団からの競馬でしたが、上がり3ハロンをメンバー最速の34.7秒の脚でゴール前でも鋭く伸びていました。これまで3戦していますが、すべてのレースで上り3ハロンは最速をマークしています。前走のフラーカップでも前を煽るようなシーンもありましたし、展開が向けば突き抜けそうな気がします。

連下はシーグラス

未勝利戦でもいい脚を使っていましたが、展開が向かずから勝ち上がるまでに時間を要しました。今年の2戦目で勝ち上がると、続く前走の1勝クラスも中団早めから動き出し、メンバー最速の36.5秒の脚で差し切りました。連勝の勢いもありますし、休み明けでも走るタイプだと思いますので、ここでも好走できるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

忘れな草賞2022予想_本命アートハウス:出走予定馬一覧

今年は13頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アートハウス 54.0 騎乗予定:川田

インザオベーション 54.0 騎乗予定:武

カランセ 54.0 騎乗予定:未定 ※回避

グランスラムアスク 54.0 騎乗予定:古川奈

ゴールドエクリプス 54.0 騎乗予定:松本 ※回避

シーグラス 54.0 騎乗予定:戸崎

セルケト 54.0 騎乗予定:横山武

ダイム 54.0 騎乗予定:横山典

タガノフィナーレ 54.0 騎乗予定:未定 ※回避

パーソナルハイ 54.0 騎乗予定:坂井 ※回避

ベルクレスタ 54.0 騎乗予定:未定 ※回避

ユキノプリンセス 54.0 騎乗予定:幸

ロマンシングブルー 54.0 騎乗予定:ルメール

 

 

スポンサーリンク

忘れな草賞2022予想_本命アートハウス:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

先行していく馬が多く揃った印象です。この中には逃げ馬もいますので、多少流れていくペースになると感じます。本命馬のアートハウスは、デビュー戦の先行押し切りや前走のレコードレースの内容でもしっかりと対応できていました。調教からも前走以上に走れそうな状況ですので、ここは後続を抑えられる走りで、勝ち負けになると予想しています。

レース日

レースの発走は、4月10日(日)の予定です。

あとがき

過去の勝ち馬分析からは、脚質による有利不利はそれほど大きくありませんでした。ただ、上がり3ハロンの最速馬が馬券内を外していないので、控えて競馬をする馬が好走しやすい傾向です。また、前走が未勝利戦組よりは、1勝クラス組の方が好走できています。ここに前走で上り3ハロン最速に限れば、勝率は50%オーバーにまで上昇していました。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました