ニュージーランドトロフィー2022予想_本命アバンチュリエ

G2
スポンサーリンク

 

ニュージーランドトロフィー2022予想_本命アバンチュリエ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「ニュージーランドトロフィー」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

ニュージーランドトロフィーは、4月9日に中山競馬場で行われる、G2、芝1600m、3歳オープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

桜花賞2022予想_本命プレサージュリフト
この記事では2022年「桜花賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 桜花賞は、4月10日に阪神競馬場で行われる、G1、芝1600m、3歳牝馬限定オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

阪神牝馬ステークス2022予想_本命アンドヴァラナウト
この記事では2022年「阪神牝馬ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 阪神牝馬ステークスは、4月9日に阪神競馬場で行われる、G2、芝1600m、4歳以上牝馬限定、オープンクラスのレースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニュージーランドトロフィー2022予想_本命アバンチュリエ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):アバンチュリエ

〇(対抗):マテンロウオリオン

▲(単穴):サーマルウインド

△(連下):ティーガーデン

本命はアバンチュリエ

共同通信杯は8着に敗れましたが、前走の仕切り直しの一戦で立て直しました。道中は2番手で進め、ゴール前で差し切り勝ちました。ムキになりやすい性格ですが、前に壁がない状態で我慢できたのは収穫でしょう。ペースが流れればよりチャンスもあると思いますし、モーリス産駒ですので中山コースも合いそうです。

対抗はマテンロウオリオン

未勝利クラスの立場でしたが、昨年末の万両賞を勝利しました。ほぼ最後方からの競馬でしたが、直線でまとめて鮮やかに差し切りました。個人的にはかなり強い印象を受けました。また、前走のシンザン記念では一変して前目の競馬でした。先行好位につけ直線で内側のスペースから先頭に立つと、後続をクビ差で振り切り重賞初制覇となりました。当日のテンションは気になるところですが、自在性のある脚はどんな展開にも対応できそうです。

単穴はサーマルウインド

前走は先行好位からイン側で脚をためれたのが勝因でしょう。直線で選択した進路はかなり勇気のいるものでしたが、臆せず踏み込んでいました。前走の走破時計は、古馬2勝クラスと比較しても遜色ありません。重賞でも通用しような印象ですし、一瞬のキレ味勝負になれば分があると思います。

連下はティーガーデン

3番人気に支持された前走のファルコンステークスでは、直線前のコーナーで内側の他馬が外に膨らみ、馬体の接触がありました。この不利がなければまだ好走できていたと思いますが、外枠だったロスも多少なりとも影響した印象です。前々走のひいらぎ賞の中山マイル戦は勝っていますし、スムーズに運べれば上位争いは可能だと思います。

 

 

スポンサーリンク

ニュージーランドトロフィー2022予想_本命アバンチュリエ:出走予定馬一覧

今年は12頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アバンチュリエ 56.0 騎乗予定:横山武

エイシンシュトルム 56.0 騎乗予定:石川

エンペザー 56.0 騎乗予定:坂井

サーマルウインド 54.0 騎乗予定:岩田康

ジャングロ 56.0 騎乗予定:武

ティーガーデン 56.0 騎乗予定:ルメール

デュガ 56.0 騎乗予定:武 ※回避

デルマグレムリン 56.0 騎乗予定:デムーロ

ベルウッドブラボー 56.0 騎乗予定:丸山

マテンロウオリオン 56.0 騎乗予定:横山典

モチベーション 54.0 騎乗予定:秋山稔

リューベック 56.0 騎乗予定:吉田隼

 

 

スポンサーリンク

ニュージーランドトロフィー2022予想_本命アバンチュリエ:まとめ&前年レース回顧

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

逃げ馬が複数おり、先行力がある馬もいますので比較的ペースは流れると思います。先行有利なレース傾向ですので、マテンロウオリオンが先行しますが、主導権争いで体力消耗が激しくなり、アバンチュリエの差しが届く展開になると予想しています。

レース日

レースの発走は、4月9日(土)の予定です。

前年レース回顧

昨年はバスラットレオンが圧勝しました。2番人気でしたが、前半3ハロンを35.0秒のマイペースで逃げ、最後の直線でも脚色は衰えず、2着に5馬身差をつけて制覇しました。この着順差は、1988年のオグリキャップの7馬身差に次ぐレース史上2位の内容でした。ちなみに、中山での実施にが限ると最大着差でした。この勝利で3歳マイル王へと一気に名乗りを上げ、騎乗していた藤岡佑介騎手も5年連続のJRA重賞勝利となりました。藤岡騎手は「ペースが楽だった。最終を回せば勝てるという手ごたえだった。まだ上を目指せる」とコメントを残しています。キズナ産駒としても節目の10勝目だった一方で、1番人気のアヴェラーレは全16頭中、15着と大敗しました。

あとがき

中山コースの1600mはトリッキーなコース形態で、外枠のロスが大きくなります。枠順やコースの影響がかなり出るため、基本的には内枠有利な傾向です。馬場コンディションの見極めも必要ですが、先行するか好位のインで立ち回り、脚を溜めて直線で抜け出すタイプが好走しています。展開次第で差しも利きますが、間に合わないことが多いと思っておいた方が良いかもしれません。評価もつけましたが、かなりの混戦ムードだと思います。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました