アザレア賞2022予想_本命アーティット

中央競馬
スポンサーリンク

 

アザレア賞2022予想_本命アーティット

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「アザレア賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

アザレア賞は、4月2日に阪神競馬場で行われる、芝2400m、3歳1勝クラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

大阪杯2022予想_本命エフフォーリア
この記事では2022年「大阪杯」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 大阪杯は、4月3日に阪神競馬場で行われる、G1、芝2000m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

ダービー卿チャレンジトロフィー2022予想_本命インテンスライト
この記事では2022年「ダービー卿チャレンジトロフィー」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ダービー卿チャレンジトロフィーは、4月2日に中山競馬場で行われる、G3、芝1600m、4歳以上オープンクラスのハンデキャップ指定のレースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アザレア賞2022予想_本命アーティット:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):アーティット

〇(対抗):グラウンドマジック

▲(単穴):キャルレイ

△(連下):シェルビーズアイ

本命はアーティット

新馬戦は3着でしたが、4着以下を2馬身近く引き離す内容でした。続く2走目も先行から抜け出し勝ち負けを演じ、3走目で勝ち抜けました。前走は始動戦は3着でしたが、勝ち馬の決め手が強力で前も残る馬場だったため、届かず3着でした。休み明けとしては好走できた印象ですし、叩き2戦目ですので、上積みや前進もあるでしょう。能力もメンバー上位ですし、ここは勝ち負けでしょう。

対抗はグラウンドマジック

重賞では上位入賞はできていませんが、オープンやリステッドでは好走しています。ただ、精神に幼さがあるためが、スタートで出遅れることも度々あります。軸にするには難しいですが、紐ならばキャリアも豊富ですし、決め手もありますので、ここは押えておくべきでしょう。

単穴はキャルレイ

新馬戦では中団のまま位置を上げられずに11着でしたが、次走は直線から鋭く伸びて勝ち上がりました。以降は休養で2月に始動戦となりました。これまで通り、中団待機から抜け出す形で、メンバー最速の33秒9の脚を使いましたが、前との差を詰め切れず4着でした。前走も同じ展開ですが5着まででした。最後に脚は確実ですし、位置取りさえ良ければ上位争いできると思います。

連下はシェルビーズアイ

新馬戦は先行好から抜け出し、メンバー最速の脚で勝ち切りました。次走はホープフルステークスでしたが、中団のまま位置を上げられず力負け感がありました。以降も重賞やリステッドに出走していますが、決め手に欠ける走りで結果に繋がっていません。これからの馬にだと思いますが、このメンバー内ならそれなりに走れると思います。

 

 

スポンサーリンク

アザレア賞2022予想_本命アーティット:出走予定馬一覧

今年は10頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アシタカ 56.0 騎乗予定:未定

アップデート 56.0 騎乗予定:和田竜

アーティット 56.0 騎乗予定:川田

インプレス 56.0 騎乗予定:鮫島駿

キャルレイ 56.0 騎乗予定:岩田望

クラウンドマジック 56.0 騎乗予定:未定

シェルビーズアイ 56.0 騎乗予定:松田

シエロフェイス 56.0 騎乗予定:未定

バレストラ 54.0 騎乗予定:未定

ワガンセ 56.0 騎乗予定:未定

 

 

スポンサーリンク

アザレア賞2022予想_本命アーティット:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

逃げ馬不在で差し、追い込み勢が多いメンバーになりました。といっても小頭数ですので、平均ぐらいのペースであまり縦長の展開にはならず、ある程度固まったまま最後の直線に入るでしょう。阪神コースは連続開催になるので、馬場の内側は痛んでいるものの、進路によっては十分前残りできると思います。本命馬のアーティットは先行しながら脚を使えますので、先行押し切り、または逃げ切りも可能だと予想しています。

レース日

レースの発走は、4月2日(土)の予定です。

あとがき

近年の過去データからは、上がり3ハロン最速をマークした馬がすべて勝っています。そのため、瞬発力やキレのような決め手が強力な馬を、まず候補にしたいところでしょう。前走で着順差が大きいほど、さらに好走できる結果でしたので、これまでレースで強いかった印象の馬を選んでおきたいです。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました