ラジオ関西賞仲春特別2022予想_本命メイショウドウドウ

中央競馬
スポンサーリンク

 

ラジオ関西賞仲春特別2022予想_本命メイショウドウドウ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「ラジオ関西賞仲春特別」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

ラジオ関西賞仲春特別は、4月2日に阪神競馬場で行われる、芝1200m、4歳以上2勝クラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

大阪杯2022予想_本命エフフォーリア
この記事では2022年「大阪杯」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 大阪杯は、4月3日に阪神競馬場で行われる、G1、芝2000m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

ダービー卿チャレンジトロフィー2022予想_本命インテンスライト
この記事では2022年「ダービー卿チャレンジトロフィー」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ダービー卿チャレンジトロフィーは、4月2日に中山競馬場で行われる、G3、芝1600m、4歳以上オープンクラスのハンデキャップ指定のレースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラジオ関西賞仲春特別2022予想_本命メイショウドウドウ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):メイショウドウドウ

〇(対抗):タナキーボー

▲(単穴):ディヴィナシオン

△(連下):グリンデルヴァルト

本命はメイショウドウドウ

前有利なレースですが、本命馬は差しタイプの脚質です。この理由は有利な傾向をひっくり返すだけの決め手です。直近3走は、上がり3ハロンが全て33秒台とメンバー最速です。3戦とも勝ちきれてはいないものの、競馬内容としては十分高評価できるものだと思います。

対抗はタナキーボー

近走は中団から外を回されたり、スタートで出負けしたりと展開が向きませんでした。前々走は出負けしてしまいましたが、最後は上がり3ハロンを33.9秒の脚を使い、巻き返して5着なっています。前走は先行から早めに仕掛けたため脚がたまらず、本来の力がだせませんでした。久しぶりでも走るタイプですし、スタートさえ決めれば、最後まで楽しみになると思います。

単穴はディヴィナシオン

昨年末から使われ続け、今回で休み明け7走目になります。疲れも気になるところですが、最後の直線ではメンバー上位の脚を使い、どの位置からでも好走を続けています。前走のように、先行から最後は33.9秒の脚を使えれば後続は為す術もないと思います。ただ、やはり疲れは気になるので、当日の馬体重や様子には気を配りたいところです。

連下はグリンデルヴァルト

右回りの条件で1着2回、2着1回の実績があり、この内の1勝は阪神コースです。スタートで出遅れることもまだ度々ありますが、2走前には馬群を捌いて5着に食い込んでいますので、反応や操縦性は高いと思います。前走は休み明けの始動戦でした。途中追い上げるシーンもありましたが、早めに動きすぎたためか、一杯になり13着に大敗しました。道中でしっかり脚をためて、勝負どころで反応できれば、好走できる力はあると感じます。

 

 

スポンサーリンク

ラジオ関西賞仲春特別2022予想_本命メイショウドウドウ:出走予定馬一覧

今年は16頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アルバリズム 55.0 騎乗予定:鮫島駿

エーティーメジャー 57.0 騎乗予定:古川吉

グリンデルヴァルト 55.0 騎乗予定:未定

ゲンパチミーティア 57.0 騎乗予定:未定

シュアゲイト 57.0 騎乗予定:亀田

スキップ 57.0 騎乗予定:松若

タナキーボー 57.0 騎乗予定:未定

ディヴィナシオン 57.0 騎乗予定:川田

ピースマインド 57.0 騎乗予定:未定

マッスルマサムネ 57.0 騎乗予定:今村聖

メイショウドウドウ 57.0 騎乗予定:西村

メイショウハボタン 55.0 騎乗予定:泉谷

ヤマニンプレシオサ 55.0 騎乗予定:未定

ラヴケリー 55.0 騎乗予定:池添

リノ 55.0 騎乗予定:未定

ロングファイナリー 57.0 騎乗予定:長岡

 

 

スポンサーリンク

ラジオ関西賞仲春特別2022予想_本命メイショウドウドウ:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

先行有利なレースデータですが、今年はメンバーは、ほぼ差しや追い込みタイプの脚質です。もしかすると、後続が周りの様子を伺ってるところを、逃げタイプの単騎駆けがあるかもしれませんが、まず決め手勝負になると思います。そのため、逃げ馬も紐に入れ、決め手が強力なメイショウドウドウを軸に組み立てようと予想しています。

レース日

レースの発走は、4月2日(土)の予定です。

あとがき

逃げや先行脚質タイプの実績が良く、前有利のレース傾向といえます。押し切りのことも多いので、前走条件に関わらず、前目で競馬をする馬を選んでおきたいです。血統からはキングカメハメハ産駒との相性が良いので、出走していればまず押さえておきたいところです。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました