京浜盃2022予想(大井競馬)_本命シャルフジン

地方競馬
スポンサーリンク

 

京浜盃2022予想(大井競馬)_本命シャルフジン

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「京浜盃」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

京浜盃は、3月30日に大井競馬場で行われる、ダート1700m、3歳の重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

大阪杯2022予想_本命エフフォーリア
この記事では2022年「大阪杯」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 大阪杯は、4月3日に阪神競馬場で行われる、G1、芝2000m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

ダービー卿チャレンジトロフィー2022予想_本命インテンスライト
この記事では2022年「ダービー卿チャレンジトロフィー」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ダービー卿チャレンジトロフィーは、4月2日に中山競馬場で行われる、G3、芝1600m、4歳以上オープンクラスのハンデキャップ指定のレースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

京浜盃2022予想(大井競馬)_本命シャルフジン:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):シャルフジン

〇(対抗):ナッジ

▲(単穴):シルトプレ

△(連下):ノブレスノア

本命はシャルフジン

一時はホッカイドウ競馬に所属していました、当時は、ブリーダーズゴールドジュニアカップを勝ち、サンライズカップでも2着に好走しています。大井競馬への転入初戦の雲取賞でも軽く逃げ切って、3歳でもトップクラスの実力を見せつけました。前走は仕上がり途中での走りということもありますし、状態はさらに上向いているようです。控えて競馬もできるので、ここは前走以上のパフォーマンスに期待できそうです。

対抗はナッジ

昨年のNARグランプリ2歳最優秀牡馬です。2歳時はサンライズカップを制し、JBC2歳優駿でも2着に好走しました。大井への転入初戦の雲取賞では、前残りの馬場であるにも関わらず、2着まで勢いよく追い上げました。展開に左右されるところはありますが、自身に向くようであれば突き抜けても不思議ではありません。

単穴はシルトプレ

ホッカイドウ競馬所属ながら、鎌倉記念を制しています。前走は雲取賞でしたが、初コースを問題にせず3着に好走しました。勝ち馬が強かった内容ですが、もっと追いかけていれば少し違った展開もあったかもしれません。馬の状態は引き続き良いので、レース運び次第で勝機はあると思います。

連下はノブレスノア

ハイセイコー記念を制している実力馬です。前走は、ニューイヤーカップで4着でしたが、勝ち馬と0.4秒差に迫るまで逃げて粘った内容は決して悪くありません。大井コースは走りなれていますし、実績もあるコースですが、リズムよく逃げられれば交渉になると思います。

 

 

スポンサーリンク

京浜盃2022予想(大井競馬)_本命シャルフジン:出走予定馬一覧

今年は11頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

ノブレスノア 56.0 騎乗予定:森泰斗

キャッスルブレイヴ 56.0 騎乗予定:西啓太

カイル 56.0 騎乗予定:本橋孝太

フォラステロ 56.0 騎乗予定:和田譲治

シルトプレ 56.0 騎乗予定:真島大輔

ナッジ 56.0 騎乗予定:矢野貴之

コブラ 56.0 騎乗予定:町田直希

プライルード 56.0 騎乗予定:本田正重

シャルフジン 56.0 騎乗予定:御神本訓

メンタイマヨ 56.0 騎乗予定:山崎誠士

マイブレイブ 56.0 騎乗予定:酒井忍

 

 

スポンサーリンク

京浜盃2022予想(大井競馬)_本命シャルフジン:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

シャルフジンが逃げる展開になるでしょう。ノブレスノアもハナを主張してくると思いますが、前走も仕上がり具合の中で格付けが済んでしまった印象なので、良化して臨むシャルフジンについていくのは難しいでしょう。距離短縮もプラスに働くと思いますので、ここは逃げ切って連勝になると予想します。

レース日

レースの発走は、3月30日(水)の予定です。

あとがき

南関東クラシックの羽田盃に向けた重要な1戦になります。昨年のNARグランプリ2歳最優駿牡馬や世代実力上位のライバルがたちが集結しています。先行勢が強力ですが、争いが激化すれば先行や差し勢にも決め手のある馬がいるので、勝機はあると思います。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました