両国特別2022予想_本命ジネストラ

中央競馬
スポンサーリンク

 

両国特別2022予想_本命ジネストラ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「両国特別」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

両国特別は、4月3日に中山競馬場で行われる、芝1600m、4歳以上2勝クラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

大阪杯2022予想_本命エフフォーリア
この記事では2022年「大阪杯」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 大阪杯は、4月3日に阪神競馬場で行われる、G1、芝2000m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

ダービー卿チャレンジトロフィー2022予想_本命インテンスライト
この記事では2022年「ダービー卿チャレンジトロフィー」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ダービー卿チャレンジトロフィーは、4月2日に中山競馬場で行われる、G3、芝1600m、4歳以上オープンクラスのハンデキャップ指定のレースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

両国特別2022予想_本命ジネストラ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ジネストラ

〇(対抗):ヴィルヘルム

▲(単穴):スーパーホープ

△(連下):アラビアンナイト

本命はジネストラ

昨年の桜花賞では11着に大敗したものの、以降は安定して好走を続けています。元々の素質が高いこともありますが、スピードやスタミナ、自在性など含めた総合力が高いためでしょう。このメンバーでも一枚上の存在ですので、ここは勝ち負けになる思います。

対抗はヴィルヘルム

3歳の初め頃に約9ヶ月休養していましたが、復帰戦ではいきなり勝ち負けを演じて2着でした。次走も2着に入ったあと、今年の始動戦で勝ち上がりました。高い素質を持っており、使うほどに走れるタイプですし、今回は叩き2戦目ですので、このメンバーなら勝ち負けになる可能性が高いでしょう。

単穴はスーパーホープ

昨年末のん2勝クラスでの昇級初戦は本来の走りができずに11着でした。しかし、今年の始動戦では前で粘り込み3着、次走でも好位から伸びて4着に好走しています。このクラスに慣れてきた感じもしますが、実績のないコースでどれだけやれるかでしょう。

連下はアラビアンナイト

左回りの方が相性がよく実績もあります。できれば、先週までの中京開催で出走したかったのが本音でしょう。おそらく調整不足もあると思いますので、厚く買うなら次走の東京開催での出走時でしょう。ただ、ここで勝ちきれるようなら今後の評価も見直したいところです。

 

 

スポンサーリンク

両国特別2022予想_本命ジネストラ:出走予定馬一覧

今年は14頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アイリッシュムーン 55.0 騎乗予定:未定

アラビアンナイト 55.0 騎乗予定:丸山

ヴィルヘルム 57.0 騎乗予定:荻野

カイザーノヴァ 57.0 騎乗予定:未定

ゲンパチミーティア 57.0 騎乗予定:未定

サイモンサーマル 57.0 騎乗予定:未定

ジネストラ 55.0 騎乗予定:三浦

シャドウセッション 57.0 騎乗予定:石川

スーパーホープ 57.0 騎乗予定:未定

テンワールドレイナ 55.0  騎乗予定:丹内

ニシノガブリヨリ 57.0 騎乗予定:未定

ネバーゴーンアウト 57.0 騎乗予定:未定

ミモザイエロー 55.0 騎乗予定:吉田豊

レイモミ 55.0 騎乗予定:未定

 

 

スポンサーリンク

両国特別2022予想_本命ジネストラ:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

逃げ馬不在のメンバーですが、コースの特徴から前傾ラップになりやすい傾向です。極端な逃げや追い込みがいないので、早めからのミドルスパート勝負になると思います。コース形態がトリッキーなので、固まった状態からでも抜け出せる自在性や瞬発力が問われそうです。また、スピードの持続力などの総合力も問われそうですので、ジネストラにとっては有利な条件になるとみて予想しています。

レース日

レースの発走は、4月3日(日)の予定です。

あとがき

三角形に近いコース形態なので、外側を走らされるとかなりの距離をロスします。そのため、序盤から位置取りが激しくなりやすいです。また、スタート後は下って行くコースですので、結果的にハイペースになりやすい傾向です。内枠が有利ですが、外に出せないと詰まってしまうので、自在性のある差しや追い込みタイプが好走しているデータとなっています。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました