六甲ステークス2022予想_本命エアロロノア

中央競馬
スポンサーリンク

 

六甲ステークス2022予想_本命エアロロノア

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「六甲ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

六甲ステークスは、3月27日に阪神競馬場で行われる、芝1600m、4歳以上のオープンクラス、WIN5対象のリステッドレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

高松宮記念2022予想_本命グレナディアガーズ
この記事では2022年「高松宮記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 高松宮記念は、3月27日に中京競馬場で行われる、G1、芝1200m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象のレースです。

 

日経賞2022予想_本命タイトルホルダー
この記事では2022年「日経賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 日経賞は、3月26日に中山競馬場で行われる、G2、芝2500m、4歳以上オープンクラスのレースです。

 

毎日杯2022予想_本命ドゥラドーレス
この記事では2022年「毎日杯」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 日経賞は、3月26日に阪神競馬場で行われる、G3、芝1800m、3歳オープンクラスのレースです。

 

マーチステークス2022予想_本命アイオライト
この記事では2022年「マーチステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 マーチステークスは、3月27日に中山競馬場で行われる、G3、ダート1800m、4歳以上オープンクラスのハンデキャップ指定、WIN5対象のレースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

六甲ステークス2022予想_本命エアロロノア:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):エアロロノア

〇(対抗):カレンシュトラウス

▲(単穴):レッドベルオーブ

△(連下):ファルコニア

 

ドバイワールドカップ2022予想_本命ライフイズグッド
この記事では2022年「ドバイワールドカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ドバイワールドカップは、日本時間で3月27日にメイダン競馬場で行われる、G1、ダート2000m、北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上、オープンクラスのレースです。

 

ドバイシーマクラシック2022予想_本命オーソリティ
この記事では2022年「ドバイシーマクラシック」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ドバイシーマクラシックは、日本時間で3月27日にメイダン競馬場で行われる、G1、芝2410m、北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上、オープンクラスのレースです。

 

ドバイターフ2022予想_本命シュネルマイスター
この記事では2022年「ドバイターフ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ドバイターフは、日本時間で3月27日にメイダン競馬場で行われる、G1、芝1800m、北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上、オープンクラスのレースです。

 

本命はエアロロノア

前々走のリゲルステークスでは、メンバー最速の上り3ハロンで差し切り勝ちをしました。同じレースに出走で3着馬は後に重賞を制覇しており、内容的には価値のあったレース内容だったと思います。前走は不得意な左回りで敗れましたが、右回りに戻る今回は主役でしょう。

対抗はカレンシュトラウス

決め手でいけばこちらも負けていません。前々走の東京新聞杯では、休み明けでしたが4着に好走しています。休み明けが影響したかもしれませんが、次走のリステッドレースの大阪城ステークスでは勝ち負けを演じていますし、当レースでも実力は上位の存在でしょう。休み明けから2度叩かれた効果もあると思いますので、前進は確実かと感じます。

単穴はレッドベルオーブ

前走は昨年の皐月賞でした。力んでしまい8着に敗れましたが、前々走の朝日杯フューチュリティステークスでは3着に入っていますし、この舞台での適性は高いと思います。約1年近くの実戦となりますが、侮れない実力を持っていると感じます。当レースへ向けて、坂路とコースで入念に乗り込まれていますので、力を発揮できればアッサリ突き抜けることもあると思います。

連下はファルコニア

前走は年明けの洛陽ステークスでした。1番人気で先行からしぶとく粘りましたが、最後は差されてしまい3着でした。休み明けでしたが、状態が良かったですし、返し馬の状態もいい感じでした。現状の力をすべて出しきったという印象を持ちました。1度使われて多少は良くなると思いますが、前走で底が見えてしまったような感じがします。

 

 

スポンサーリンク

六甲ステークス2022予想_本命エアロロノア:出走予定馬一覧

今年は18頭が出走します。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

ラセット 57.0 騎乗予定:西村

カレンシュトラウス 56.0 騎乗予定:和田竜

レッドサイオン 56.0 騎乗予定:木幡

トリプルエース 56.0 騎乗予定:藤岡康 

サンノゼテソーロ 56.0 騎乗予定:藤井

ウインカーネリアン 56.0 騎乗予定:国分

クラヴァシュドール 54.0 騎乗予定:藤岡佑

スマートリアン 54.0 騎乗予定:泉谷

ケイアイサクソニー 56.0 騎乗予定:藤懸

ファルコニア 57.0 騎乗予定:吉田隼

ラルナブリラーレ 54.0 騎乗予定:酒井

エアロロノア 57.0 騎乗予定:幸

ブランノワール 54.0 騎乗予定:荻野琢

ショックアクション 56.0 騎乗予定:松田

メイケイダイハード 58.0 騎乗予定:国分

レッドベルオーブ 56.0 騎乗予定:中井

アイラブテーラー 56.0 騎乗予定:富田

フランツ 56.0 騎乗予定:松若

 

 

スポンサーリンク

六甲ステークス2022予想_本命エアロロノア:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

逃げ馬不在のメンバー構成ですが、先行馬が揃っていますので通常とは異なる戦法がでてくるかもしれません。予想馬の中ではファルコニアが最も前に位置取りそうですが、前走でそこが見えてしまった印象ですので、残りの差し馬3頭の瞬発力やキレ勝負になると予想しています。現状なら、エアロロノアに分があると思いますが、残り2頭の決め手も強力ですので、オッズが美味しそうなら2頭の単勝まで抑えてもいいと思います。

レース日

レースの発走は、3月27日(日)の予定です。

あとがき

逃げ馬の複勝率がいいレースですが、差し馬の成績も優秀です。ただ、追い込み馬は成績が振るわず、決め手が強力であっても苦戦しています。前走もオープンクラスで掲示板に食い込めていない場合は、近年の当レースでは連対実績がなく、巻き返しは難しい状況でした。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました