ドバイゴールデンシャヒーン2022予想_本命ドレインザクロック

海外競馬
スポンサーリンク

 

ドバイゴールデンシャヒーン2022予想_本命ドレインザクロック

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「ドバイゴールデンシャヒーン」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

ドバイゴールデンシャヒーンは、日本時間で3月26日にメイダン競馬場で行われる、G1、ダート1200m、3歳以上のオープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

高松宮記念2022予想_本命グレナディアガーズ
この記事では2022年「高松宮記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 高松宮記念は、3月27日に中京競馬場で行われる、G1、芝1200m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象のレースです。

 

日経賞2022予想_本命タイトルホルダー
この記事では2022年「日経賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 日経賞は、3月26日に中山競馬場で行われる、G2、芝2500m、4歳以上オープンクラスのレースです。

 

毎日杯2022予想_本命ドゥラドーレス
この記事では2022年「毎日杯」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 日経賞は、3月26日に阪神競馬場で行われる、G3、芝1800m、3歳オープンクラスのレースです。

 

マーチステークス2022予想_本命アイオライト
この記事では2022年「マーチステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 マーチステークスは、3月27日に中山競馬場で行われる、G3、ダート1800m、4歳以上オープンクラスのハンデキャップ指定、WIN5対象のレースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドバイゴールデンシャヒーン2022予想_本命ドレインザクロック:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ドレインザクロック

〇(対抗):ドクターシーヴェル

▲(単穴):イースターンワールド

△(連下):レッドルゼル

 

ドバイワールドカップ2022予想_本命ライフイズグッド
この記事では2022年「ドバイワールドカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ドバイワールドカップは、日本時間で3月27日にメイダン競馬場で行われる、G1、ダート2000m、北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上、オープンクラスのレースです。

 

ドバイシーマクラシック2022予想_本命オーソリティ
この記事では2022年「ドバイシーマクラシック」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ドバイシーマクラシックは、日本時間で3月27日にメイダン競馬場で行われる、G1、芝2410m、北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上、オープンクラスのレースです。

 

ドバイターフ2022予想_本命シュネルマイスター
この記事では2022年「ドバイターフ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ドバイターフは、日本時間で3月27日にメイダン競馬場で行われる、G1、芝1800m、北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上、オープンクラスのレースです。

 

本命はドレインザクロック

明けて4歳になりましたが、3歳時はダービー戦線のG1の1400mやG2の1700mを勝っています。3歳時から高い素質が開花している実力馬ですが、スプリントの実績はメンバーに比べると見劣りします。しかし、近2走では当レースを意識してか1200mに出走し、どちらも68秒台で駆け抜けています。このタイムから見てもスピード能力はあると思いますし、他に引けもとらないと感じます。ハイペースになる傾向ですので、持ち前の持久力は大きな武器になると思います。

対抗はドクターシーヴェル

アメリカのトップスプリンターが堂々の参戦です。こちらも明けて4歳になりますが、実績では本命馬よりも上でしょう。G1でも勝ち実績があり、BCスプリントではハナ差の2着でした。展開や流れによっては好位から脚を使うことができ、競馬の内容に幅があります。自在性の高い脚質はどんな展開でも対応できそうです。不安要素としては年明け初戦が当レースということぐらいだと思います。

単穴はイースターンワールド

前走は1200mのG3で1着でした。ここに向けての前哨戦でしたが、先行から楽に抜け出して1馬身半の差をつけました。距離短縮がいい方に出たと思いますが、年明けから短期間で使い続けているのが気になります。しかし、前走の内容を見る限り、疲れはそれほどないと感じました。それでも今回はG1ですし、中3週の出走で疲れが多少残る中、どれくらい上位と戦えるかでしょう。

連下はレッドルゼル

前走はフェブラリーステークスで6着でした。1番人気に推され、好位から仕掛けようとしましたが、勝負どころで動けず、本来の走りができていませんでした。今年の始動戦で4カ月ぶりのレースでしたが、状態は良かったので走れれば着順も変わっていたと思います。長距離移送がありましたが、引き続き状態は良さそうですし、上位争いに加われると感じます。

 

 

スポンサーリンク

ドバイゴールデンシャヒーン2022予想_本命ドレインザクロック:出走予定馬一覧

今年は14頭が出走します。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アルタリク 57.0 騎乗予定:ヒッチコット

ドクターシーヴェル 57.0 騎乗予定:プラ

ドレインザクロック 57.0 騎乗予定:I.オルティスJr

イースタンワールド 57.0 騎乗予定:ドーソン

エバーファスト 57.0 騎乗予定:ドッブス

グッドエフォート 57.0 騎乗予定:クローリー

マンジェール 57.0 騎乗予定:アルドゥアン

ミラース 57.0 騎乗予定:フレス

モバーデル 57.0 騎乗予定:カラン

レッドルゼル 57.0 騎乗予定:川田将

ストロングコンスティチューション 57.0 騎乗予定:ルメール

スイッツァランド 57.0 騎乗予定:オシェア

ワンダーホウェアクレイグイズ 57.0 騎乗予定:サエス

チェーンオブラブ 55.0 騎乗予定:坂井瑠

 

 

スポンサーリンク

ドバイゴールデンシャヒーン2022予想_本命ドレインザクロック:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

1200mの距離ですので、スタート後から激しい先行争いになるでしょう。ペースも速くなると思いますので、先行や差し勢が有利な展開だと思います。となると、レッドルゼルにもチャンスはでてくると思いますが、先行しているドレインザクロックやドクターシーヴェル、イースターンワールドの脚が鈍っていれば、という条件が付くと思います。ドレインザクロックは中距離でも脚が持つスタミナがありますので、脚が鈍りにくく、よほどのプレッシャーがないとそのまま押し切る可能性が高いです。他の2頭は休み明けや疲れもあると思いますので、ついていくのは厳しいと予想しています。

レース日

レースの発走は、日本時間で3月26日(土)午後11時45分の予定です。

あとがき

ダートの本場、アメリカ勢が強いレースの1つです。過去5回で4勝していることからも顕著であるとわかります。日本勢も応援したいところですが、馬券の的中ということを考えるとアメリカ勢を中心に選んでいく方が的中率も高くなりそうです。日本馬を応援するという意味では、翌日に国内G1の高松宮記念も控えているので、馬券を買わずに応援するという方法もありだと思います。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました