日経賞2022予想_本命タイトルホルダー

G2
スポンサーリンク

 

日経賞2022予想_本命タイトルホルダー

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「日経賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

日経賞は、3月26日に中山競馬場で行われる、G2、芝2500m、4歳以上オープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

高松宮記念2022予想_本命グレナディアガーズ
この記事では2022年「高松宮記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 高松宮記念は、3月27日に中京競馬場で行われる、G1、芝1200m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象のレースです。

 

毎日杯2022予想_本命ドゥラドーレス
この記事では2022年「毎日杯」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 日経賞は、3月26日に阪神競馬場で行われる、G3、芝1800m、3歳オープンクラスのレースです。

 

マーチステークス2022予想_本命アイオライト
この記事では2022年「マーチステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 マーチステークスは、3月27日に中山競馬場で行われる、G3、ダート1800m、4歳以上オープンクラスのハンデキャップ指定、WIN5対象のレースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経賞2022予想_本命タイトルホルダー:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):タイトルホルダー

〇(対抗):ウインキートス

▲(単穴):アサマノイタズラ

△(連下):ボッケリーニ

 

ドバイワールドカップ2022予想_本命ライフイズグッド
この記事では2022年「ドバイワールドカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ドバイワールドカップは、日本時間で3月27日にメイダン競馬場で行われる、G1、ダート2000m、北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上、オープンクラスのレースです。

 

ドバイシーマクラシック2022予想_本命オーソリティ
この記事では2022年「ドバイシーマクラシック」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ドバイシーマクラシックは、日本時間で3月27日にメイダン競馬場で行われる、G1、芝2410m、北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上、オープンクラスのレースです。

 

ドバイターフ2022予想_本命シュネルマイスター
この記事では2022年「ドバイターフ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ドバイターフは、日本時間で3月27日にメイダン競馬場で行われる、G1、芝1800m、北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上、オープンクラスのレースです。

 

ドバイゴールデンシャヒーン2022予想_本命ドレインザクロック
この記事では2022年「ドバイゴールデンシャヒーン」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ドバイゴールデンシャヒーンは、日本時間で3月26日にメイダン競馬場で行われる、G1、ダート1200m、3歳以上のオープンクラスのレースです。

 

本命はタイトルホルダー

昨秋は菊花賞で見事に逃げ切り、クラシック一冠を掴み取りました。続く有馬記念では強力な同世代や古馬との一戦でしたが、外枠という不利な条件の中、ロスを最小限に抑える立ち回りで5着に入りました。長距離かつハイレベルなメンバーと戦いが影響し、レース後は右後肢を一時的に痛め、春の予定が白紙になりました。しかし、無理をさせず治療に専念した甲斐もあり、順調に回復してここが始動戦となります。帰厩は2月中旬で、戻ってからの走りは調整は順調そのものですし、仕上がり具合に不安はありません。セントライト記念の大敗は、進路がなかったため抜け出せませんでしたが、弥生賞や皐月賞の走りを見る限りで、度外視でいいでしょう。

対抗はウインキートス

昨年は秋からG1戦線で戦ってきました。強力なメンバーと戦いで結果こそ残せませんでしたが、一線級の経験できたのは大きいと思います。前走後は放牧に出されてしっかりリフレッシュして、ここを目標に調整されてきました。昨年も出走していますが、中盤で他馬と接触する不利があり、この影響でバランスを崩し大敗しました。昨年は色々な経験をしましたし、走り慣れた中山コースでなら、上位で争えると思います。休み明けの方が走るタイプですし、自分のリズムで走れれば期待も高まりそうです。

単穴はアサマノイタズラ

実績が示す通り、中山コースは相性が良く、強力な脚を使えるのも魅力です。前走のAJCCでも最後方からの競馬になりましたが、勝ち馬に合わせるように反応し、直線では脚を伸ばしています。一発の破壊力なら、このメンバーでも上位ですし、本命にマークが集まり、ペースが流れるようなら出番もありそうです。

連下はボッケリーニ

昨年は重賞路線で戦ってきました。勝ち星こそありませんが、中団からの差し脚は力強く、掲示板は常連です。前走はAJCCで3着でした。先行位置で運んでいましたが、一時的に位置が下がるシーンもありました。最終コーナーでは、外がごちゃつくのを見ると内へ進路を変え、荒れた馬場でも伸びていました。一瞬突き抜けそうな感じもありましたが、外から差されてました。同じ進路だったなら順位は違ったかもしれませんが、個人的には評価できる内容だったと思います。

 

 

スポンサーリンク

日経賞2022予想_本命タイトルホルダー:出走予定馬一覧

今年は18頭が出走します。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アサマノイタズラ 56.0 騎乗予定:横山武

アリストテレス 56.0 騎乗予定:武

ウインキートス 55.0 騎乗予定:丹内

エフェクトオン 56.0 騎乗予定:菅原

クレッシェンドラヴ 56.0 騎乗予定:内田

サクラアリュール 56.0 騎乗予定:未定

スマイル 56.0 騎乗予定:石橋

タイトルホルダー 57.0 騎乗予定:横山和

ディバインフォース 57.0 騎乗予定:田辺

トラストケンシン 56.0  騎乗予定:和田竜

ハヤヤッコ 56.0 騎乗予定:大野

ヒートオンビート 56.0 騎乗予定:池添

ボッケリーニ 56.0 騎乗予定:浜中

ラストドラフト 56.0 騎乗予定:三浦

ランフォザローゼス 56.0 騎乗予定:田中勝

ルビーカサブランカ 54.0 騎乗予定:未定

ロバートソンキー 56.0 騎乗予定:伊藤工

ワイドエンペラー 55.0 騎乗予定:津村

 

 

スポンサーリンク

日経賞2022予想_本命タイトルホルダー:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

極端な逃げ馬不在のメンバー構成のため、タイトルホルダーがハナを取りそうです。ウインキートス、アリストテレスが続きそうですが、差しや追い込み脚質が多いので、アサマノイタズラやボッケリーニなどは、前と差が開きそうな気もします。タイトルホルダーは、自分のペースで走ればまず2500mは逃げ切れると思いますし、今回は進路がなくなることもないでしょう。後続を少し離した状態かつ、手応え十分で直線に入り、そのまま押し切ると予想します。

レース日

レースの発走は、3月26日(土)の予定です。

あとがき

有馬記念と同じ舞台でのレースとなります。前半は落ち着きやすく、後半のラップが早くなる傾向です。最終コーナー前からのロングスパート戦になりやすいので、スタミナはもちろんですが、持続力のある脚を持っている馬が好走しやすいです。最後に急坂もありますので、展開や馬場状態によっては後方一気も可能です。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました