桜花賞2022予想(浦和競馬)_本命スピーディキック

地方競馬
スポンサーリンク

桜花賞2022予想(浦和競馬)_本命スピーディキック

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「桜花賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

桜花賞は、3月17日に浦和競馬場で行われる、ダート1600m、3歳牝馬限定の重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

高松宮記念2022予想_本命グレナディアガーズ
この記事では2022年「高松宮記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 高松宮記念は、3月27日に中京競馬場で行われる、G1、芝1200m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象のレースです。

 

マーチカップ2022予想(笠松競馬)_本命ナムラマホーホ
この記事では2022年「マーチカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 マーチカップは、3月17日に笠松競馬場で行われる、ダート1900m、4歳以上の重賞レースです。

 

阪神大賞典2022予想_本命アイアンバローズ
この記事では2022年「阪神大賞典」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 阪神大賞典は、3月20日に阪神競馬場で行われる、G2、芝3000m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象のレースです。

 

フラワーカップ2022予想_本命モカフラワー
この記事では2022年「フラワーカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 フラワーカップは、3月21日に中山競馬場で行われる、G3、芝1800m、3歳牝馬限定、オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

スプリングステークス2022予想_本命アサヒ
この記事では2022年「スプリングステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 スプリングステークスは、3月20日に中山競馬場で行われる、G2、芝1800m、3歳オープンクラスのWIN5対象のレースです。

 

ファルコンステークス2022予想_本命デヴィルズマーブル
この記事では2022年「ファルコンステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ファルコンステークスは、3月19日に中京競馬場で行われる、G3、芝1400m、3歳オープンクラスのレースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

桜花賞2022予想(浦和競馬)_本命スピーディキック:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):スピーディキック

〇(対抗):ヒストリックノヴァ

▲(単穴):ラインブレイカー

△(連下):スティールルージュ

本命はスピーディキック

昨年はエーデルワイス賞も制し、NARグランプリの2歳最優秀牝馬にも選ばれました。前走の東京2歳優駿牝馬でも他馬と力量差が違うと言わんばかりの走りでした。今回は3ヵ月ぶりの実戦になりますが、牧場で左回りの練習をしており、コーナーでの走りが改善されています。馬体も回復しているようで、馬群を突破できる力も戻ってきているでしょう。距離は問題なさそうですし、初のコースに対応して、直線でスムーズに加速できるかがポイントになりそうです。

対抗はヒストリックノヴァ

JRAでデビュー後、3戦目の初ダートで圧勝しました。その後はJpn3のエーデルワイス賞に出走し2着でした。地方の方が適性があると感じましたが、実際この後すぐに大井競馬へ移籍しています。東京2歳優駿牝馬でも2着に入っていますし、牝馬同士であれば上位の実力はあると感じます。前走のユングフラウ賞は出遅れやコース上の轍が影響して11着に敗れましたが、敗因が明らかなのは良い傾向でしょう。一度浦和コースは経験していますし、スタートさえ決められれば上位争いは可能でしょう。

単穴はラインブレイカー

デビュー後は5戦して4連対しています。東京2歳優駿牝馬では力みながら追走しており、最後は伸びることもなく11着に大敗してしまいました。しかし、前走の桃花賞ではリズムよく自分のペースで走れており、能力の高さを証明しました。テンションガ少し高くなりがちですが、状態自体は悪くなさそうです。調教自体は動いていますが、左回りとどう向き合うかで大きく変わりそうです。気分良く自分のペースで走れれば、好走できると思います。

連下はスティールルージュ

東京2歳優駿牝馬では最下位に敗れましたが、前走のユングフラウ賞で巻き返しました。操縦性が高い馬で、動きたいところで動けるのが強みです。地方の小回りコースは、器用さを十分発揮できる条件ですので、ここでも好勝負に持ち込めると思います。

 

 

スポンサーリンク

桜花賞2022予想(浦和競馬)_本命スピーディキック:出走予定馬一覧

今年は11頭の登録しています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

ラインブレイカー 54.0 騎乗予定:今野忠成

クールフォルテ 54.0 騎乗予定:笹川翼

スティールルージュ 54.0 騎乗予定:張田昂

ヒストリックノヴァ 54.0 騎乗予定:矢野貴之

プラチナプライド 54.0 騎乗予定:森泰斗

エミーブレイズ 54.0 騎乗予定:本田正重

トキノゴールド 54.0 騎乗予定:櫻井光輔

ティーズハクア 54.0 騎乗予定:達城龍次

ロマンスロード 54.0 騎乗予定:和田譲治

ピンクプラム 54.0 騎乗予定:西啓太

スピーディキック 54.0 騎乗予定:御神本訓

 

 

スポンサーリンク

桜花賞2022予想(浦和競馬)_本命スピーディキック:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

ラインブレイカーがペースを作る展開になるでしょう。スティールルージュが先行勢、スピーディキックが中団、ヒストリックノヴァが後方からと隊列で最後の直線までレースは進むと思います。世代でも上位の瞬発力を武器に、スピーディキックが中団から抜け出し、後続から迫るヒストリックノヴァを抑えて突き抜けると予想します。

レース日

レースの発走は、3月17日(木)の予定です。

あとがき

今年で68回目を迎える浦和競馬の桜花賞。来年からは1500mに距離が変更され、伝統のあるマイル重賞は今年で最後となります。NARの2歳女王だけでなく、実力のある好メンバーが揃いましたので、歴史に区切りをつけるのにふさわしい1戦となりそうです。南関東牝馬1冠目はどの馬に…

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました