阪神大賞典2022予想_本命アイアンバローズ

G2
スポンサーリンク

阪神大賞典2022予想_本命アイアンバローズ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「阪神大賞典」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

阪神大賞典は、3月20日に阪神競馬場で行われる、G2、芝3000m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象のレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

高松宮記念2022予想_本命グレナディアガーズ
この記事では2022年「高松宮記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 高松宮記念は、3月27日に中京競馬場で行われる、G1、芝1200m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象のレースです。

 

フラワーカップ2022予想_本命モカフラワー
この記事では2022年「フラワーカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 フラワーカップは、3月21日に中山競馬場で行われる、G3、芝1800m、3歳牝馬限定、オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

スプリングステークス2022予想_本命アサヒ
この記事では2022年「スプリングステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 スプリングステークスは、3月20日に中山競馬場で行われる、G2、芝1800m、3歳オープンクラスのWIN5対象のレースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

阪神大賞典2022予想_本命アイアンバローズ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):アイアンバローズ

〇(対抗):ディープボンド

▲(単穴):マカオンドール

△(連下):トーセンカンビーナ

本命はアイアンバローズ

前走はステイヤーズステークスでした。早めから仕掛けて主導権を握り、その後は後続を引き付けながら勝負所でスパートをしていきまそいた。狙い通りだったと思いますが、勝ち馬の決め手が強力で外から差し込まれて2着でした。理想的な展開を演出できたことは収穫でしょうし、昇級後も重賞路線で経験値を積みつつ、実績も伴ってきています。鞍上も引き続きの継続騎乗になるため、前走と同じような展開に持ち込めれば勝機はあります。

対抗はディープボンド

昨年の勝ち馬です。秋には凱旋門賞にも出走していましたが、特殊な重馬場に苦しみ14着に大敗しました。帰国後は有馬記念で経済コースで立ち回り、最後まで勝ち馬に食らいついて2着でした。構成メンバーなら明らかに上位の実績ですし、阪神コースでは3戦して【1200】という実績です。天皇賞(春)へのリベンジに向けて、始動戦となりますが連覇を果たしたいところでしょう。

単穴はマカオンドール

昨年秋の江坂特別で3勝目を挙げた後、格上挑戦でしたが前走の万葉ステークスに臨みました。後方からの競馬でしたが、最後の直線で内からメンバー最速の脚で差し切り連勝中です。父のゴールドシップは当レースを3連覇しており、マカオンドールにもその豊富なスタミナは受け継がれている印象です。良くも悪くも相手なりに走るタイプですが、上位争いも十分できる能力はあると感じます。

連下はトーセンカンビーナ

一昨年の秋頃までは不調で大敗することも多かったですが、10カ月ぶりの実戦となった昨年9月の丹頂ステークス8着以降は、アルゼンチン共和国杯7着、ステイヤーズステークス4着、ダイヤモンドステークス3着と復調の兆しを見せています。長距離には高い適性はありますし、状態は良い状態を維持できているように感じます。ゲートさえ出られれば好走はできると思います。

 

 

スポンサーリンク

阪神大賞典2022予想_本命アイアンバローズ:出走予定馬一覧

今年は14頭の登録しています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アイアンバローズ 56.0 騎乗予定:石橋

アドマイヤアルバ 56.0 騎乗予定:原田

キングオブドラゴン 56.0 騎乗予定:坂井

ゴースト 56.0 騎乗予定:鮫島駿

サンアップルトン 56.0 騎乗予定:松岡

シルヴァーソニック 56.0 騎乗予定:川田

シロニイ 56.0 騎乗予定:団野

タイセイモナーク 56.0 騎乗予定:幸

ダンビュライト 56.0 騎乗予定:松若

ディープボンド 57.0 騎乗予定:和田竜

トーセンカンビーナ 56.0 騎乗予定:石川

マカオンドール 55.0 騎乗予定:吉田隼

マンオブスピリット 56.0 騎乗予定:池添

ユーキャンスマイル 56.0 騎乗予定:藤岡佑

 

 

スポンサーリンク

阪神大賞典2022予想_本命アイアンバローズ:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

前走で理想的な形を見出したアイアンバローズが逃げると予想します。ディープボンド、マカオンドールが先行勢、そのあとにトーセンカンビーナが続く形になりそうです。1週目は比較的落ち着いたペースで流れそうです。2週前の向こう正面あたりからポジション取りが激化しそうで、最終コーナー手前では各馬が追い出している状態でしょう。ただ、アイアンバローズが直線前まで後続を引き付ける形で脚を溜めていると思います。そのため、後続を振り切ように前目で粘り込み、逃げ切ると予想します。

レース日

レースの発走は、3月20日(日)の予定です。

あとがき

天皇賞(春)へのステップレースとなります。長丁場のレースのため、2周目あたりから動いていくことが多く、タフなロングスパート戦になりやすいです。過去のデータからは上がり3ハロンで最速馬の成績が優秀です。次点も2位がの成績が優秀になりますので、純粋に後半で脚を使えるスタミナを持っているかが求められます。また、長距離戦は多くないため経験値も重要なポイントといえそうです。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました