フィリーズレビュー2022予想_本命ウィリン

G2
スポンサーリンク

フィリーズレビュー2022予想_本命ウィリン

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「フィリーズレビュー」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

フィリーズレビューは、3月13日に阪神競馬場で行われる、G2、芝1400m、3歳牝馬限定のオープンクラス、WIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

名古屋大賞典2022予想_本命クリンチャー
この記事では2022年「名古屋大賞典」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 名古屋大賞典は、3月10日に名古屋競馬場で行われる、Jpn3、ダート1900m、4歳以上のグレード別定レースです。

 

金鯱賞2022予想_本命ジャックドール
この記事では2022年「金鯱賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 金鯱賞は、3月13日に中京競馬場で行われる、G2、芝2000m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

阪神スプリングジャンプ2022予想_本命オジュウチョウサン
この記事では2022年「阪神スプリングジャンプ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 阪神スプリングジャンプは、3月12日に阪神競馬場で行われる、G2、障害・芝3900m、4歳以上オープンクラスのレースです。

 

アネモネステークス2022予想_本命ビジュノワール
この記事では2022年「アネモネステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 アネモネステークスは、3月13日に中山競馬場で行われる、芝1600m、3歳牝馬限定、オープンクラス、WIN5対象のリステッドレースです。

 

東風ステークス2022予想_本命ボンセルヴィーソ
この記事では2022年「東風ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 東風ステークスは、3月13日に中山競馬場で行われる、芝1600m、4歳以上オープンクラス、WIN5対象のリステッドレースです。

 

中山牝馬ステークス2022予想_本命シングフォーユー
この記事では2022年「中山牝馬ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 中山牝馬ステークスは、3月12日に中山競馬場で行われる、G3、芝1800m、4歳以上牝馬限定のハンデキャップ、オープンクラスのレースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィリーズレビュー2022予想_本命ウィリン:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ウィリン

〇(対抗):ナムラクレア

▲(単穴):サブライムアンセム

△(連下):マイシンフォニー

本命はウィリン

昨夏のデビュー戦で7馬身差をつけて圧勝しました。福島コースの1200mでしたが、馬なりの手ごたえにも関わらず、高いスピード能力を見せつけました。その後休養に入り、前走の紅梅ステークスは半年ぶりの実戦でした。デビュー戦とは違い、前に行く馬を活かせて控える形をとり、折り合いもついていましたが、久々の分脚を使えていなかった印象です。ただ、経済コースを通り、先行位置で走れたこと自体は収穫で、今回に繋がる経験となりそうです。

対抗はナムラクレア

2歳時は小倉2歳ステークスを勝っています。1400mよりは1200mの方が適性は高いと思いますが、1600mの阪神ジュベナイルフィリーズでも5着になるぐらい走れていたので守備範囲でしょう。その証拠に、2走前のファンタジーステークスでは、勝ち馬と0.1秒差の2着に入っています。前走より1ハロン短縮された距離なら、前走以上のパフォーマンスに期待ができそうです。

単穴はサブライムアンセム

前走の中京未勝利戦では2着でゴール版を通過しました。中団から追い上げましたが、途中で接触のロスがあったため2着でした。しかし、直線での接触が妨害とみなされ繰り上がりで1着となりました。このメンバーの中ではキャリアはある方ですし、レースのたびに安定感が増しています。阪神1400mは2回経験していますしので好走できると思います。

連下はマイシンフォニー

母は短距離路線で11勝しており、G1馬でもある血統です。新馬戦はそうでもありませんでしたが、2走目からは力んで走っており、本来の力を出し切れていない印象です。長めの距離だと力みで折り合いがつきにくいですが、今回は距離短縮で臨みます。この短縮はプラス材料でしょうし、力んでもスッと前に出られれば力が抜けて、自分のリズムで好走できても不思議ではありません。

 

アネモネステークス2022予想_本命ビジュノワール
この記事では2022年「アネモネステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 アネモネステークスは、3月13日に中山競馬場で行われる、芝1600m、3歳牝馬限定、オープンクラス、WIN5対象のリステッドレースです。

 

 

スポンサーリンク

フィリーズレビュー2022予想_本命ウィリン:出走予定馬一覧

今年は15頭の登録です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アドヴァイス 54.0 騎乗予定:和田竜

アネゴハダ 54.0 騎乗予定:酒井

ウィリン 54.0 騎乗予定:菱田

キミワクイーン 54.0 騎乗予定:内田

コンクパール 54.0 騎乗予定:泉谷

サウンドクレア 54.0 騎乗予定:団野

サブライムアンセム 54.0 騎乗予定:池添

スリーパーダ 54.0 騎乗予定:坂井

ゼロドラゴン 54.0 騎乗予定:横山典

テイエムスパーダ 54.0 騎乗予定:国分

ナムラクレア 54.0 騎乗予定:浜中

ビジュノワール 54.0 騎乗予定:未定

ブッシュガーデン 54.0 騎乗予定:富田

ホワイトターフ 54.0 騎乗予定:斎藤

マイシンフォニー 54.0 騎乗予定:武

モチベーション 54.0 騎乗予定:秋山

ラブリネスオーバー 54.0 騎乗予定:未定

 

 

スポンサーリンク

フィリーズレビュー2022予想_本命ウィリン:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

ウィリン、マイシンフォニーが逃げる展開になりそうです。マイシンフォニーの力みによって、展開がかなり変わりそうですが、おおよその隊列としては逃げの2頭のあとにナムラクレア、サブライムアンセムが続く形でしょう。ウィリンは前走の経験から先行位置になるかもしれませんが、前半は流れそうです。マイシンフォニーが先頭のまま最後の直線へ入りそうですが、直後で脚を溜めていたウィリンが先頭を交わし、位置取りの差でウィリンが後続を抑え、そのまま押し切ると予想します。

レース日

レースの発走は、3月13日(日)の予定です。

あとがき

阪神1400mは内回りコースを使用します。そのため、トライアル後に臨む桜花賞とはレース自体の性質が異なります。例年は前半が流れやすいだけでなく、途中で息を入れにくいコースです。そのため、逃げ馬が押し切る形よりも、上がり最速馬が好成績を収めています。1400mで実績を出している場合は、今後も実績を出していることが多いので、マークしておきたいところです。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました