阪急杯2022予想_本命モントライゼ

G2
スポンサーリンク

阪急杯2022予想_本命モントライゼ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「阪急杯」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

阪急杯は、2月27日に阪神競馬場で行われる、G3、芝1400m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

中山記念2022予想_本命コントラチェック
この記事では2022年「中山記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 中山記念は、2月27日に中山競馬場で行われる、G2、芝1800m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

マーガレットステークス2022予想_本命ジャングロ
この記事では2022年「マーガレットステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 マーガレットステークスは、2月27日に阪神競馬場で行われる、芝1200m、3歳オープンクラス、WIN5対象のリステッドレースです。

 

仁川ステークス2022予想_本命ヒストリーメイカー
この記事では2022年「仁川ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 仁川ステークスは、2月26日に阪神競馬場で行われる、ダート2000m、4歳以上オープンクラス、ハンデキャップ指定のリステッドレースです。

 

すみれステークス2022予想_本命セレシオン
この記事では2022年「すみれステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 すみれステークスは、2月26日に阪神競馬場で行われる、芝2200m、3歳オープンクラスのリステッドレースです。

 

幕張ステークス2022予想_本命リッケンバッカー
この記事では2022年「幕張ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 幕張ステークスは、2月26日に中山競馬場で行われる、芝1600m、4歳以上3勝クラスのレースです。

 

下関ステークス2022予想_本命サトノファビュラス
この記事では2022年「下関ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 下関ステークスは、2月27日に小倉競馬場で行われる、芝1200m、4歳以上3勝クラス、WIN5対象レースです。

 

八代特別2022予想_本命ダノンドリーマー
この記事では2022年「八代特別」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 八代特別は、2月26日に小倉競馬場で行われる、芝2000m、4歳以上2勝クラスのレースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

阪急杯2022予想_本命モントライゼ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):モントライゼ

〇(対抗):グレイイングリーン

▲(単穴):ダイアトニック

△(連下):クリノガウディー

本命はモントライゼ

前走は、アイビスサマーダッシュでした。テンの速さではついていけましたが、中盤から苦しくなり暑さの影響もあり、3番人気でしたが12着でした。前走後は、じっくりと立て直しを図り、中間追い切りでは11秒台の時計を連発するほどの仕上がりです。7カ月ぶりの実戦になりますが、北九州短距離ステークスへの出走を予定(非抽選除外)していたぐらいですので、臨戦態勢に問題ないでしょう。過去には京王杯2歳ステークスを勝っていますし、朝日杯フューチュリティステークスでもスピードが目立ちました。気性面の成長が見込めますので、押し切りがあっても不思議ではありません。

対抗はグレイイングリーン

1400mの距離は相性が良く、7戦して1着4回、2着1回、3着2回という実績です。このうち、阪神コースでは4戦しており、1着2回、3着2回という好成績を収めています。1400mにおいてはスペシャリストと言ってもいい存在ですし、このメンバーに入っても見劣りはしません。前走の新春ステークスでも、中団から鋭く伸びて差し切っていますし、時計的にも十分通じると思います。

単穴はダイアトニック

前走は年明けの京都金杯でした。久々のマイル戦かつ、57.5キロの斤量を背負っていましたが、道中は中団につけて最後の直線では勝ち馬から0.1秒差の4着でした。1ハロン長いという印象はありましたが、今回は1400mというベストの舞台です。前走は骨折明けでしたが、走りに復調の兆しはありますし、調教でもしっかり動けています。仕上がりも文句ありませんので、7戦5勝の適性距離で復活の勝利となる可能性も十分にあり得ます。

連下はクリノガウディー

前走はマイルチャンピオンシップでした。スタートが決まらず、道中もかかっていて全く競馬になっていませんでした。そのため、15着という大敗ですが多少は目をつぶれる内容化と思います。元々調教では動くタイプですが、目標はここではなく高松宮記念でしょうから、今年初戦の中でどれだけやれるかでしょう。ただ、復調気配はありますし、仕上がり具合は上々です。この状態で勝ち切るようなら、この先はさらに楽しみかと思います。

 

 

スポンサーリンク

阪急杯2022予想_本命モントライゼ:出走予定馬一覧

今年は16頭が出走予定です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

ヴィジュネル 56.0 騎乗予定:藤岡康

エイティーンガール 54.0 騎乗予定:秋山真

クリノガウディー 56.0 騎乗予定:福永

グルーヴィット 56.0 騎乗予定:団野

グレイイングリーン 56.0 騎乗予定:岩田望

コントラチェック 54.0 騎乗予定:未定 ※回避予定→中山記念へ

ザイツィンガー 56.0 騎乗予定:未定

サンライズオネスト 56.0 騎乗予定:武

ダイアトニック 56.0 騎乗予定:岩田康

タイセイビジョン 56.0  騎乗予定:未定

トゥラヴェスーラ 56.0 騎乗予定:鮫島駿

マリーナ 54.0 騎乗予定:未定

ミッキーブリランテ 56.0 騎乗予定:和田竜

モントライゼ 56.0 騎乗予定:藤岡佑

リレーションシップ 56.0 騎乗予定:松田

リンゴアメ 54.0 騎乗予定:未定

 

 

スポンサーリンク

阪急杯2022予想_本命モントライゼ:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

逃げ馬不在のレースです。先行勢からハナに立つ馬がでそうですが、モントライゼ、マリーナあたりが行きそうな感じです。差し勢が多いメンバーですので、ややスロー~ミドルペースぐらいに落ち着きそうです。3コーナー過ぎからグレイイングリーン、ダイアトニック、クリノガウディーが動き始め、最終コーナーではモントライゼが先行しているでしょう。後ろから3頭が猛追してきますが、道中で脚を温存できた分、モントライゼは先行押し切りで粘り切ると予想します。

レース日

レースの発走は、2月27日(日)の予定です。

あとがき

3コーナーから下りが続き、ゴール前で急坂があります。先行馬の実績が良く逃げ切りも多い印象です。先週の京都牝馬ステークスでも同じ舞台でしたが、4コーナーを上位で駆け抜けた馬で上位を独占しています。当レースでも同じ傾向になりやすく、馬場も乾いているのでより前残りになるイメージです。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました