「女と男」と市川町特別2022予想_本命エイシンビッグボス

地方競馬
スポンサーリンク

「女と男」と市川町特別2022予想_本命エイシンビッグボス

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「「女と男」と市川町特別」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

「女と男」と市川町特別は、2月16日に姫路競馬場で行われる、ダート1500m、4歳以上A2のレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

フェブラリーステークス2022予想_本命アルクトス
この記事では2022年「フェブラリーステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 フェブラリーステークスは、2月20日に東京競馬場で行われる、G1、ダート1600m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

ダイヤモンドステークス2022予想_本命トーセンカンビーナ
この記事では2022年「ダイヤモンドステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ダイヤモンドステークスは、2月19日に東京競馬場で行われる、G3、芝3400m、4歳以上オープンクラスのハンデキャップレースです。

 

京都牝馬ステークス2022予想_本命スカイグルーヴ
この記事では2022年「京都牝馬ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 京都牝馬ステークスは、2月19日に阪神競馬場で行われる、G3、芝1400m、4歳以上オープンクラスの牝馬限定レースです。

 

小倉大賞典2022予想_本命ヴァイスメテオール
この記事では2022年「小倉大賞典」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 小倉大賞典は、2月20日に小倉競馬場で行われる、G3、芝1800m、4歳以上オープンクラスのハンデキャップ、WIN5対象レースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「女と男」と市川町特別2022予想_本命エイシンビッグボス:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):エイシンビッグボス

〇(対抗):エイシンリボーン

▲(単穴):サラコナン

本命はエイシンビッグボス

昨秋は園田オータムトロフィーを制しました。中央への遠征明けのレースでは、最終コーナーで先頭に立つと後続に2馬身の差をつけました。57キロの斤量だったことを考えると快勝と言っていいでしょう。連勝もあると思います。

対抗はエイシンリボーン

2歳の秋に兵庫へ移籍しています。この移籍後、掲示板を外したのは一度だけという抜群の実績です。前走は中央との交流戦でしたが、2着好走していますし、地元馬相手なら好勝負になると思います。

単穴はサラコナン

3歳の春に重賞である兵庫ユースカップを制しています。兵庫競馬の三冠レース全てで掲示版を確保しているなど、実量は言わずもがなです。前走は昇級初戦でしたが、前が壁になるシーンの不利がありました。ここでは巻き返しが可能でしょう。

 

 

スポンサーリンク

「女と男」と市川町特別2022予想_本命エイシンビッグボス:出走予定馬一覧

今年は12頭が出走予定です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アドマイヤシナイ 56.0 騎乗予定:長谷部駿

ウサギノダンス 56.0 騎乗予定:永井孝典

サラコナン 56.0 騎乗予定:田中学

シークレットローザ 54.0 騎乗予定:松木大地

ブレイクフリー 54.0 騎乗予定:高松亮

ブルベアガロン 56.0 騎乗予定:小谷周平

エイシンリボーン 54.0 騎乗予定:竹村達也

エイシンビッグボス 57.0 騎乗予定:下原理

インペリアルエア 56.0 騎乗予定:笹田知宏

チャービル 54.0 騎乗予定:中田貴士

エストラード 56.0 騎乗予定:鴨宮祥行

ポリバレント 56.0 騎乗予定:吉村智洋

 

 

スポンサーリンク

「女と男」と市川町特別2022予想_本命エイシンビッグボス:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

予想馬は3頭とも先行から中団にかけて待機するレースになりそうです。エイシンビッグボスが最も前目になりそうですし、前走のレース内容からは先頭を直線で早々に交わし、そのまま逃げ粘ると予想します。

レース日

レースの発走は、2月16 日(水)の予定です。

あとがき

重賞レースも面白いですが、地方のこのようなレースもたまにはいいかなと思います。将来に通用する馬を見つけたときの喜びは、自分が最初のファンだと錯覚するほどです。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました