小倉大賞典2022予想_本命ヴァイスメテオール

G3
スポンサーリンク

小倉大賞典2022予想_本命ヴァイスメテオール

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「小倉大賞典」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

小倉大賞典は、2月20日に小倉競馬場で行われる、G3、芝1800m、4歳以上オープンクラスのハンデキャップ、WIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

フェブラリーステークス2022予想_本命アルクトス
この記事では2022年「フェブラリーステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 フェブラリーステークスは、2月20日に東京競馬場で行われる、G1、ダート1600m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

ダイヤモンドステークス2022予想_本命トーセンカンビーナ
この記事では2022年「ダイヤモンドステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ダイヤモンドステークスは、2月19日に東京競馬場で行われる、G3、芝3400m、4歳以上オープンクラスのハンデキャップレースです。

 

京都牝馬ステークス2022予想_本命スカイグルーヴ
この記事では2022年「京都牝馬ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 京都牝馬ステークスは、2月19日に阪神競馬場で行われる、G3、芝1400m、4歳以上オープンクラスの牝馬限定レースです。

 

ヒヤシンスステークス2022予想_本命リッキーマジック
この記事では2022年「ヒヤシンスステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ヒヤシンスステークスは、2月20日に東京競馬場で行われる、ダート1600m、3歳オープンクラスのリステッドレースです。

 

武庫川ステークス2022予想_本命ディヴィーナ
この記事では2022年「武庫川ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 武庫川ステークスは、2月20日に阪神競馬場で行われる、芝1600m、4歳以上3勝クラスのWIN5対象レースです。

 

アメジストステークス2022予想_本命ソルドラード
この記事では2022年「アメジストステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 アメジストステークスは、2月20日に東京競馬場で行われる、芝2000m、4歳以上3勝クラスのハンデキャップ、WIN5対象レースです。

 

大和ステークス2022予想_本命リュウノユキナ
この記事では2022年「大和ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 大和ステークスは、2月20日に阪神競馬場で行われる、ダート1200m、4歳以上オープンクラスのハンデキャップ指定、WIN5対象レースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小倉大賞典2022予想_本命ヴァイスメテオール:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ヴァイスメテオール

〇(対抗):スカーフェイス

▲(単穴):アリーヴォ

△(連下):ランブリングアレー

本命はヴァイスメテオール

前走は菊花賞でした。16着と大敗してしまいましたが、最後は脚が完全に上がっており、距離が合っていないかった印象です。そのため、結果は度外視していいと思います。この中間は輸送の負担を考えて、2週間前から栗東に入っています。1週前の追い切りでもしっかりと負荷をかけられていて内容も好印象です。昨夏のラジオNIKKEI賞で強い勝ち方をしていることからも、小倉の小回りコースは折り合いもつけやすく、好勝負になると思います。

対抗はスカーフェイス

前走は中山金杯で2着でした。過去のデータからは中山金杯からの参戦組の成績が良く、過去10年で1着4回、2着1回、3着2回とかなり相性が良い傾向です。スカーフェイスも昇級したからは堅実に走れていますので、この傾向が当てはまると思います。展開によるところもありますが、出番はありそうな気がしています。

単穴はアリーヴォ

前走は壇之浦ステークスでした。小倉コースでは4戦4勝と負けたことがありません。ここでも上位争いはできると思います。前々走の菊花賞では最後に苦しくなってしまいましたが、見どころは十分ありました。今回はハンデにも恵まれているので、いかしきれば好走できでしょう。

連下はランブリングアレー

前々走はオールカマーで7着、前走はエリザベス女王杯で9着でした。レース内容を見る限り、メンバーも強かったですが、距離が少し長かった印象です。適性距離ならまた違ったと思います。実際、1800mでは5戦して4勝していますので、非常に安定しています。不良馬場の中山コースで実績もありますので、週末の天気が荒れるようならまず上位争いだと思います。

 

 

スポンサーリンク

小倉大賞典2022予想_本命ヴァイスメテオール:出走予定馬一覧

今年は16頭が出走予定です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アイスバブル 54.0 騎乗予定:水口

アリーヴォ 54.0 騎乗予定:横山和

アールスター 56.0 騎乗予定:長岡

ヴァイスメテオール 55.0 騎乗予定:丸山

ヴェロックス 56.0 騎乗予定:菱田

カデナ 57.5 騎乗予定:泉谷

サトノアーサー 57.0 騎乗予定:荻野極

ジェネラーレウーノ 55.0  騎乗予定:柴山

スカーフェイス 55.0 騎乗予定:団野

スーパーフェザー 54.0 騎乗予定:浜中

ダブルシャープ 56.0 騎乗予定:酒井

トップウイナー 54.0 騎乗予定:和田翼

ノルカソルカ 54.0 騎乗予定:勝浦

ブラヴァス 57.0 騎乗予定:西村

ランブリングアレー 55.5  騎乗予定:藤岡康

レッドフラヴィア 52.0 騎乗予定:津村

 

 

スポンサーリンク

小倉大賞典2022予想_本命ヴァイスメテオール:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

逃げ馬が3頭ほどいますので、序盤は少々早いペースになりそうに感じます。予想馬は差し型の脚質ですが、流れやすいレースですので道中はばらけそうです。3コーナーすぎからけん制し合い、最後の直線では横に広がって追い出し比べになりそうですが、一枚上の決め手やスタミナがある、ヴァイスメテオールが長い脚を使い、差し切ると予想します。

レース日

レースの発走は、2月20日(日)の予定です。

あとがき

小回りコースのため、中盤のラップがあまり緩みません。平均ペースで流れやすい傾向です。勝ち馬の脚質は逃げから追い込みまで様々ですが、スピードよりは持久力タイプを重視しておくといいと思います。内側の芝が痛んでいるため、横に広がって追い比べになることから、早めから動いて位置取りできる馬を選びたいところです。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました