ダイヤモンドステークス2022予想_本命トーセンカンビーナ

G3
スポンサーリンク

ダイヤモンドステークス2022予想_本命トーセンカンビーナ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「ダイヤモンドステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

ダイヤモンドステークスは、2月19日に東京競馬場で行われる、G3、芝3400m、4歳以上オープンクラスのハンデキャップレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

フェブラリーステークス2022予想_本命アルクトス
この記事では2022年「フェブラリーステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 フェブラリーステークスは、2月20日に東京競馬場で行われる、G1、ダート1600m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

京都牝馬ステークス2022予想_本命スカイグルーヴ
この記事では2022年「京都牝馬ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 京都牝馬ステークスは、2月19日に阪神競馬場で行われる、G3、芝1400m、4歳以上オープンクラスの牝馬限定レースです。

 

小倉大賞典2022予想_本命ヴァイスメテオール
この記事では2022年「小倉大賞典」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 小倉大賞典は、2月20日に小倉競馬場で行われる、G3、芝1800m、4歳以上オープンクラスのハンデキャップ、WIN5対象レースです。

 

ヒヤシンスステークス2022予想_本命リッキーマジック
この記事では2022年「ヒヤシンスステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 ヒヤシンスステークスは、2月20日に東京競馬場で行われる、ダート1600m、3歳オープンクラスのリステッドレースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイヤモンドステータス2022予想_本命トーセンカンビーナ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):トーセンカンビーナ

〇(対抗):カレンルシェルブル

▲(単穴):テーオーロイヤル

△(連下):レクセランス

本命はトーセンカンビーナ

前走のステイヤーズステークスでは4着に好走しました。スタートで伸び上がるようになってしまい、序盤から後手になってしまいました。スタンド前で位置を上げようと早めに動きましたが、最終コーナーに入る前でも勝ち馬が前にいました。直線では盛り返すように伸びてきましたが、中盤で脚を使った影響で届きませんでした。スタミナが豊富であることは証明できましたし、復調ぶりも感じましたので、ここは初重賞制覇のチャンスでしょう。

対抗はカレンルシェルブル

3勝クラスではまだ勝ちがありませんが、今回は格上挑戦という位置付けです。昨年のセントライト記念では実力馬が上位を占める中で4着と健闘しました。どちらかというと、持久力型のように感じますので、スタミナ勝負なら向きそうです。ハンデ面でも恵まれているので、ハンデ差をいかせれば好勝負になると思います。

単穴はテーオーロイヤル

昨年10月から3連勝でオープン入りとなりました。本質的な脚質は先行型ですが、逃げて粘ることも、中団から脚をためて差し切ることもでき、自在なレース運びが魅力です。長距離レースで臨機応変に動けるのは強みですし、東京コースでは3歳時に青葉賞で4着に入っています。スタミナが豊富なことは間違いないでしょうから、展開さえ向けば勝機はあると思います。

連下はレクセランス

2走前のアルゼンチン共和国杯では、9番人気ながら4着に好走しました。中団からのレースになりましたが、上がりをメンバー2位の脚を使い、先頭に迫りました。また、前走の万葉ステークスでも同じような展開にんありましたが、勝ち馬とは位置取りの差で届きませんでした。今回はさらに距離が伸びますが、この馬にとってはプラスに働きそうだと感じています。

 

 

スポンサーリンク

ダイヤモンドステータス2022予想_本命トーセンカンビーナ:出走予定馬一覧

今年は16頭が出走予定です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アドマイヤアルバ 53.0 騎乗予定:未定

アンティシペイト 55.0 騎乗予定:田辺

ヴァルコス 54.0 騎乗予定:三浦

ヴェローチェオロ 54.0 騎乗予定:戸崎

カウディーリョ 56.0 騎乗予定:デムーロ

カレンルシェルブル 53.0 騎乗予定:横山和

グレンガリー 54.0 騎乗予定:大野

ゴースト 54.0 騎乗予定:北村宏

ステイフーリッシュ 57.5 騎乗予定:未定

セントレオナード 53.0  騎乗予定:未定

テーオーロイヤル 54.0 騎乗予定:菱田

トーセンカンビーナ 55.0 騎乗予定:石川

マンオブスピリット 54.0 騎乗予定:団野

メロディーレーン 52.0 騎乗予定:菅原

ランフォザローゼス 54.0 騎乗予定:田中勝

レクセランス 55.0 騎乗予定:横山武

 

 

スポンサーリンク

ダイヤモンドステータス2022予想_本命トーセンカンビーナ:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

逃げ馬はパッと見当たりませんが、先行馬が牽制し合いながら、テーオーロイヤルあたりがハナになりそうです。3400mの長丁場になりますのっで、ペースはミドルからスローあたりで落ち着きそうですが、ロスなく走りたいため隊列は縦長になると思います。最終コーナーに近づくにつれて、カレンルシェルブル、レクセランス、トーセンカンビーナの順でコーナーを抜け、最後の直線で豊富なスタミナをいかしたトーセンカンビーナが差し切ると予想します。

レース日

レースの発走は、2月19日(土)の予定です。

あとがき

3400mという特殊な距離でのレースです。少々波乱があるレースではありますが、基本的には1番人気が好成績を収めています。ただ、2桁人気が馬券内に来ることもあり、組み合わせが難しくなる傾向です。スタミナはもちろん、長距離適正も問われるのは間違いないでしょう。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました