大宰府特別2022予想_本命シーニックウェイ

中央競馬
スポンサーリンク

大宰府特別2022予想_本命シーニックウェイ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「大宰府特別」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

大宰府特別は、2月13日に小倉競馬場で行われる、芝1800m、4歳以上2勝クラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

共同通信杯2022予想_本命アサヒ
この記事では2022年「共同通信杯」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 共同通信杯は、2月13日に東京競馬場で行われる、G3、芝1800m、3歳オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

クイーンカップ2022予想_本命モカフラワー
この記事では2022年「クイーンカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 クイーンカップは、2月12日に東京競馬場で行われる、G3、芝1600m、3歳牝馬限オープンクラスのレースです。

 

京都記念2022予想_本命ユーバーレーベン
この記事では2022年「京都記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 京都記念は、2月13日に阪神競馬場で行われる、G2、芝2200m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大宰府特別2022予想_本命シーニックウェイ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):シーニックウェイ

〇(対抗):フィアストプライド

▲(単穴):ソニックベガ

△(連下):ペドラフォルカ

本命はシーニックウェイ

未勝利戦を勝利してからの昇級戦は5着だったものの、そこから3連続で2着に好走しています。今回こそはと陣営的にも意気込みは強いでしょう。実際、これまで走ってきたレースはどのレースでも脚を使えており、しかもその内容はメンバー上位のものばかりです。展開が向かなかったこともあると思いますが、2勝クラスで終わるレベルの馬ではないと思います。ここは勝ち負けでしょう。

対抗はフィアストプライド

前走の1勝クラスは先行から直線で追い出す王道の内容で、外目から鋭く伸びて差し切りました。先行しながら上り3ハロンは33.9秒という脚を使っていましたし、後続は成すすべがなかったでしょう。多少のムラはありますが、未勝利戦を勝ちあがったあとは、上位の脚を使えていますので、ここは上位争いができると思います。

単穴はソニックベガ

2勝クラスで常に好走しています。勝ち切れていないのは、展開というよりは実力負けの部分が大きいと思います。それでも先行型の脚質をいかして直線で脚を使う形もできますし、逃げ粘ることができるスタミナもあります。ここでも展開が向けばチャンスはあるでしょう。

連下はペドラフォルカ

未勝利、1勝クラスを連勝して臨む昇級初戦になります。未勝利戦では先行から2番手につけ、最後の直線で先に抜け出し振り切リった内容でした。続く、1勝クラスでは逃げる形になりましたが、半馬身差の差をつけてしっかり逃げ切りました。調教でもしっかり動けていますので、4カ月の休み明けでも好走できる仕上がりにあると思います。

 

 

スポンサーリンク

大宰府特別2022予想_本命シーニックウェイ:出走予定馬一覧

今年は13頭が出走予定です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

ジャルジェ 55.0 騎乗予定:藤岡佑

ペドラフォルカ  54.0 騎乗予定:吉田隼

シーニックウェイ 54.0 騎乗予定:浜中

フィアスプライド 54.0 騎乗予定:菅原

ルース 54.0 騎乗予定:丹内

ヴェルザスカ 55.0 騎乗予定:松若

カサーレ 55.0 騎乗予定:川又

レアシャンパーニュ 54.0 騎乗予定:古川吉

ナキアーロ 55.0 騎乗予定:柴山

シャイニングフジ 騎乗予定:54.0 富田

ナギサ 54.0 騎乗予定:泉谷

ソニックベガ 55.0 騎乗予定:西村

タニノヨセミテ 55.0 騎乗予定:横山和

 

 

スポンサーリンク

大宰府特別2022予想_本命シーニックウェイ:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

明確な逃げ馬不在ですが、ペドラフォルカが逃げそうな感じです。それでも極端に逃げるタイプではないので、ペースはスローで落ち着きそうです。続いてシーニックウェイ、フィアストプライド、ソニックベガも続いていきますが、シーニックウェイが少々前めにつけそうです。そのまま隊列が決まり、最後の直線では位置取りの差で早めに抜け出したシーニックウェイが優位を保ち、直線半ばでペドラフォルカを差し切ると予想します。

レース日

レースの発走は、2月13日(日)の予定です。

あとがき

近年は、上位人気の成績が振るっていないレース傾向です。それでも大きな波乱ではなく、1桁中盤くらいまでが馬券に良く絡んでいるイメージがあります。また、関東馬と6歳以上の馬は久しく連対をしていないので、5歳以下の関西馬でボックス買いなどで狙ってみると面白いかもしれません。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました