共同通信杯2022予想_本命アサヒ

G3
スポンサーリンク

 

共同通信杯2022予想_本命アサヒ

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「共同通信杯」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

共同通信杯は、2月13日に東京競馬場で行われる、G3、芝1800m、3歳オープンクラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

クイーンカップ2022予想_本命モカフラワー
この記事では2022年「クイーンカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 クイーンカップは、2月12日に東京競馬場で行われる、G3、芝1600m、3歳牝馬限オープンクラスのレースです。

 

京都記念2022予想_本命ユーバーレーベン
この記事では2022年「京都記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 京都記念は、2月13日に阪神競馬場で行われる、G2、芝2200m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

共同通信杯2022予想_本命アサヒ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):アサヒ

〇(対抗):アケルナルスター

▲(単穴):ダノンベルーガ

△(連下):ジオグリフ

本命はアサヒ

東京スポーツ杯2歳ステークスで2着でした。レースは、途中から動く形で少し珍しい展開でしたが、内側でしっかり我慢させ、最後は脚を使えていました。2歳から我慢させて脚を使ったことは、個人的には高評価できると思っています。勝ち馬のイクイノックスの脚は次元が違いましたが、ラスト1ハロンすぎでは一緒に伸びようとするシーンもありました。前々走で経験した馬群の中で競馬ができたことも大きく、東京1800mは走り慣れた舞台のため、重賞初制覇も期待できます。

対抗はアケルナルスター

2戦目の勝ち方が非常に印象的でした。最後方からのレースになりましたが、最後の直線では大外から一気に突き抜けました。ここまで3戦していますが、すべてで上り3ハロンは最速ですし、東京の広いコースは適していると感じます。年明けからホープフルステークス組が重賞を制覇していますが、アケルナルスターも同条件です。勝負どころで遅れず追走できれば十分勝機はあると思います。

単穴はダノンベルーガ

今回で2戦目となりますが、初戦のレース内容が好感触でした。先行から最後の直線で追い出す王道の形でしたが、エンジンがかかってからの加速力は新馬戦とは思えないほどの速さでした。この勝ちっぷりは将来でも十分勝ち役出来そうなイメージを持ちました。充実してくるのはこれからだと思いますが、展開が向けばあっさり勝ってしまっても不思議ではありません。

連下はジオグリフ

新馬戦、札幌2歳ステークスを連勝して臨んだ朝日杯フューチュリティステークスは、2番人気に推されましたが5着でした。スタートで後手になり、道中がいつもより後方からになってしまいましたが、それでも最後はメンバー最速の上がり3ハロンの脚で追い上げ、なんとか掲示板を確保しました。展開に左右されて勝ち切れなかったのは残念ですが、実力自体はダノンスコーピオンと同様にメンバーでも上位ですので、まず上位争いになると思います。

 

 

スポンサーリンク

共同通信杯2022予想_本命アサヒ:出走予定馬一覧

今年は15頭が出走予定です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アケルナルスター 56.0 騎乗予定:柴田大

アサヒ 56.0 騎乗予定:田辺

アバンチュリエ 56.0 騎乗予定:横山武

エイシンシュトルム 56.0 騎乗予定:未定

サンストックトン 56.0 騎乗予定:松岡

ジオグリフ 57.0 騎乗予定:ルメール

ジュンブロッサム 56.0 騎乗予定:武

セイウンプラチナ 56.0 騎乗予定:未定

ダノンスコーピオン 56.0 騎乗予定:川田

ダノンベルーガ 56.0  騎乗予定:松山

ビーアストニッシド 56.0 騎乗予定:岩田康

フジマサフリーダム 56.0 騎乗予定:未定

プレサージュリフト 54.0 騎乗予定:未定

メイショウラナキラ 56.0 騎乗予定:未定

レッドモンレーヴ 56.0 騎乗予定:戸崎

 

 

スポンサーリンク

共同通信杯2022予想_本命アサヒ:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

ビーアストニシッド、セイウンプラチナムがハナを主張しますが、ビーアストニシッドがハナをとり切ると思います。少し縦長の展開にはなりそうですが、後続勢に有力馬が集まっていますので、ポジショニングを変更してくる有力馬もいるでしょう。個人的にはジオグリフやダノンスコーピオンは先行勢の一角として落ち着きそうです。続いて、アサヒ、ダノンベルーガが続き、最後方からアケルナルスターという位置取りで最後の直線へ入りそうです。最終コーナー出口直後から先行勢がやり合いそうなので、消耗しきったところをしっかりと脚を溜めたアサヒがダノンベルーガとの追い比べを差し切り、アケルナルスターを振り切って突き抜けると予想します。

レース日

レースの発走は、2月13日(日)の予定です。

あとがき

春のクラシック戦線に繋がる毎年大注目の1戦です。昨年はエフフォーリアが制し、そのままの勢いで皐月賞も制しました。また、同レースでの3着馬のシャフリヤールが日本ダービーを制しており、当レースの上位馬には名馬たちが名を連ねます。瞬発力勝負になりやすいレースですので、上り3ハロンのタイムや道中の位置取りも重要になるはずです。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました