瀬戸ステークス2022予想_本命ベルジュネス

中央競馬
スポンサーリンク

瀬戸ステークス2022予想_本命ベルジュネス

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「瀬戸ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

瀬戸ステークスは、2月6日に中京競馬場で行われる、ダート1900m、4歳以上3勝クラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

東京新聞杯2022予想_本命イルーシヴパンサー
この記事では2022年「東京新聞杯」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 東京新聞杯は、2月6日に東京競馬場で行われる、G3、芝1600m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

きさらぎ賞2022予想_本命マテンロウレオ
この記事では2022年「きさらぎ賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 きさらぎ賞は、2月6日に中京競馬場で行われる、G3、芝2000m、3歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

関門橋ステークス2022予想_本命ダブルシャープ
この記事では2022年「喚問寄与ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 関門橋ステークスは、2月6日に小倉競馬場で行われる、芝2000m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

エルフィンステークス2022予想_本命ルージュラテール
この記事では2022年「エルフィンステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 エルフィンステークスは、2月5日に中京競馬場で行われる、芝1600m、3歳オープンクラスのリステッドレースです。

 

アルデバランステークス2022予想_本命スマッシングハーツ
この記事では2022年「アルデバランステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 アルデバランステークスは、2月5日に中京競馬場で行われる、ダート1900m、4歳以上オープンクラスのレースです。

 

玄海特別2022予想_本命コーディアル
この記事では2022年「玄海特別」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 玄海特別は、2月5日に小倉競馬場で行われる、芝1800m、4歳以上2勝クラスのレースです。

 

佐賀記念2022予想_本命メイショウカズサ
この記事では2022年「佐賀記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 佐賀記念は、2月8日に佐賀競馬場で行われる、Jpn3、ダート2000m、4歳以上の中央地方交流レースです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

瀬戸ステークス2022予想_本命ベルジュネス:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ベルジュネス

〇(対抗):ペルセウスシチー

▲(単穴):ハンディーズピーク

△(連下):メイショウヨカゼ

本命はベルジュネス

2勝クラスでは上位で好走をつづけながらも勝ち切れませんでした。前走の犬山特別で中団待機でしたが、3コーナーあたりからの早めに仕掛け、長い脚を使ってクビ差で差し切りました。今回の条件と同じ1900mという舞台を経験するだけでなく、早めから仕掛けて勝ち切れたのは大きな収穫でしょう。早めに動けば長い脚、待機すれば切れる脚を使えますので、展開に左右されない競馬は魅力だと思います。

対抗はペルセウスシチー

出走メンバーで最も切れる脚ならペルセウスシチーでしょう。前走のアレキサンドライトステークスでは、最後の直線で内側から外に膨らんできた馬に接触がありながらも4着に入りました。ただ、それでも上り3ハロンは上位のタイムでした。個人的には接触があったことで少しスピードが落ちてしまったように見えたので、接触がなければ馬券になっていたと思います。今回も位置取りや展開によるところもありそうですが、上位争いはできるとイメージです。

単穴はハンディーズピーク

昨夏のレパードステークスでは5番人気に支持されました。スタートは問題なく出ましたが後方からのレースでした。最後の直線では末脚を発揮するも、最終コーナーで外に膨らんでしまった影響が大きく、5着に入るのが精一杯でした。位置取りがもう一列前だったり、コーナーで膨らんでいなければ馬券に絡めていたと思います。近走は展開が向かず結果に繋がっていませんが、高い素質がありますので、ここで一気に頭角を現しても不思議ではありません。

連下はメイショウヨカゼ

昨年の秋ごろは、スタートでの出遅れなどが響いて不振が続いていましたが、冬ごろから調子が上向き始めました。後方でしっかり脚をためているのが功を奏していると思います。今回は左回りになりますが、右回りの方が相性や実績もいいので、慣れない条件の中でどれだけやれるかでしょう。

 

 

スポンサーリンク

瀬戸ステークス2022予想_本命ベルジュネス:出走予定馬一覧

今年は14頭が出走予定です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アルーフクライ 54.0 騎乗予定:団野

ヴィゴーレ 54.0 騎乗予定:岩田望

サンレイファイト 53.0 騎乗予定:高倉

スズカパンサー 54.0 騎乗予定:小崎

ダッチマン 54.0 騎乗予定:松山

ハヤブサナンデクン 56.0 騎乗予定:武

ハンディーズピーク 54.0 騎乗予定:幸

ベルジュネス 54.0 騎乗予定:池添

ペルセウスシチー 55.0 騎乗予定:川田

ホウオウライジン 54.0 騎乗予定:川須

メイショウヨカゼ 55.0 騎乗予定:松田

メイショウヨソユキ 52.0 騎乗予定:加藤

リフトトゥヘヴン 53.0 騎乗予定:西村

ワンダーエカルテ 53.0 騎乗予定:長岡

 

 

スポンサーリンク

瀬戸ステークス2022予想_本命ベルジュネス:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

メイショウヨソユキとサンレイファイトがハナを主張しそうですが、サンレイファイトはそこまでハナを主張する訳でもないと思います。そのため、メイショウヨソユキがマイペースで逃げ、ミドルペースで進みそうです。その後にベルジュネスが続き、ペルセウスシチー、ハンディーズピーク、メイショウヨカゼが一段で固まります。最後の直線では道中で脚を溜めたベルジュネスが逃げ馬を追走しつつも、後続を振り切って差し切ると予想します。

レース日

レースの発走は、2月6日(日)の予定です。

あとがき

前走で上り最速をマークした馬の複勝回収率が176%という数値になっています。該当している馬がいれば注目しておきたいところです。サンデーサイレンス系の血統が好走傾向にあり、5番人気以内なら信頼度がより高まります。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました