関門橋ステークス2022予想_本命ダブルシャープ

中央競馬
スポンサーリンク

 

関門橋ステークス2022予想_本命ダブルシャープ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「関門橋ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

関門橋ステークスは、2月6日に小倉競馬場で行われる、芝2000m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

東京新聞杯2022予想_本命イルーシヴパンサー
この記事では2022年「東京新聞杯」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 東京新聞杯は、2月6日に東京競馬場で行われる、G3、芝1600m、4歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

きさらぎ賞2022予想_本命マテンロウレオ
この記事では2022年「きさらぎ賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 きさらぎ賞は、2月6日に中京競馬場で行われる、G3、芝2000m、3歳以上オープンクラスのWIN5対象レースです。

 

エルフィンステークス2022予想_本命ルージュラテール
この記事では2022年「エルフィンステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 エルフィンステークスは、2月5日に中京競馬場で行われる、芝1600m、3歳オープンクラスのリステッドレースです。

 

アルデバランステークス2022予想_本命スマッシングハーツ
この記事では2022年「アルデバランステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 アルデバランステークスは、2月5日に中京競馬場で行われる、ダート1900m、4歳以上オープンクラスのレースです。

 

玄海特別2022予想_本命コーディアル
この記事では2022年「玄海特別」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 玄海特別は、2月5日に小倉競馬場で行われる、芝1800m、4歳以上2勝クラスのレースです。

 

早春ステークス2022予想_本命ワイドエンペラー
この記事では2022年「早春ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 早春ステークスは、2月5日に東京競馬場で行われる、芝2400m、4歳以上3勝クラスのハンデキャップレースです。

 

佐賀記念2022予想_本命メイショウカズサ
この記事では2022年「佐賀記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 佐賀記念は、2月8日に佐賀競馬場で行われる、Jpn3、ダート2000m、4歳以上の中央地方交流レースです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関門橋ステークス2022予想_本命ダブルシャープ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ダブルシャープ

〇(対抗):アイスバブル

▲(単穴):ヒュッゲ

△(連下):ワールドウインズ

本命はダブルシャープ

前走は勝ち馬がマイペースで逃げ切る展開になりました。流れが合わなかった面も大きいですが、久々のレースということも影響したと思います。今回は一度使われた効果もありますし、調教でもしっかり叩かれていますので、確実に変わってきそうな感じです。実績のある舞台ですし、ここは巻き返しに期待します。

対抗はアイスバブル

はまれば切れる脚が使えるタイプです。昨年夏の函館記念では後方待機ながら、馬群の間を割って鋭く伸びてきました。以降はレースでは、結果がでていませんが、切れなくとも脚は毎回使えています。小倉コースは開催8日目となり、外差しも利く馬場になってきていますので、ここは一変があってもいいと思います。

単穴はヒュッゲ

1年半ぶりの実戦になります。長期休養からの休み明け初戦になりますので、不安な面は隠しきれません、しかし、能力自体は重賞レベルの力を秘めている馬だと感じます。気性面は問題ない馬ですので、主導権を握れるような展開になれば、いきなり通用しても不思議ではありません。個人的には頭まであると思っています。

連下はワールドウインズ

ワールドウインズの前走は、後方から馬群を割って伸びてきました。長くいい脚を使えるタイプですので、外差しが利く馬場で追い比べになればチャンスもありそうです。調教でもいい動きを見せていますし、上位争いができる仕上がりではないかと思います。

 

 

スポンサーリンク

関門橋ステークス2022予想_本命ダブルシャープ:出走予定馬一覧

今年は13頭が登録済みしています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アイコンテーラー 53.0 騎乗予定:亀田

アイスバブル 59.0 騎乗予定:水口

アドマイヤポラリス 56.0 騎乗予定:藤岡佑

ヴァンケドミンゴ 57.0 騎乗予定:酒井

ウインアグライア 53.0 騎乗予定:黛

エブリワンブラック 56.0 騎乗予定:藤岡康

コマビショウ 56.0 騎乗予定:未定

シフルマン 56.0 騎乗予定:西村

ダブルシャープ 56.0 騎乗予定:浜中

ヒュッゲ 56.0 騎乗予定:吉田隼

マイネルフラップ 56.0 騎乗予定:丹内

レッドジェニアル 57.0 騎乗予定:鮫島駿

ワールドウインズ 56.0 騎乗予定:岩田康

 

 

スポンサーリンク

関門橋ステークス2022予想_本命ダブルシャープ:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

逃げ馬不在の中でレースが行われそうです。ヒュッゲやアイズバブルなどの先行勢がハナを主張してきそうですが、同型の脚質が多いので隊列が決まるまでは少し時間がかかりそうです。少しやりあう展開になりそうな気もしています。後続は、ダブルシャープ、ワールドウインズあたりが最終コーナーあたりから仕掛けはじめ、反応面や切れ味で勝るダブルシャープが外差しの馬場をとらえて、先行勢を差し切ると予想します。

レース日

レースの発走は、2月6日(日)の予定です。

あとがき

小倉コースは基本的に逃げや先行が有利なコースですが、開催8日にもあると内側の馬場が痛んできています。先週のレースでも外差しが利くような展開もありました。ここからの小倉芝コースは、馬場傾向だけでなく、騎手のコース取りでも着順が大きく変わってきそうです、

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました