美濃ステークス2022予想_本命ニホンピロタイズ

中央競馬
スポンサーリンク

 

美濃ステークス2022予想_本命ニホンピロタイズ

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「美濃ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

節分ステークスは、1月30日に中京競馬場で行われる、芝2200m、4歳以上3勝クラスのWIN5対象レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

根岸ステークス2022予想_本命オメガレインボー
この記事では2022年「根岸ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 根岸ステークスは、1月30日に東京競馬場で行われる、G3、ダート1400m、4歳以上の重賞レースです。

 

シルクロードステークス2022予想_本命エーポス
この記事では2022年「シルクロードステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 シルクロードステークスは、1月30日に中京競馬場で行われる、G3、芝1200m、4歳以上の重賞レースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美濃ステークス2022予想_本命ニホンピロタイズ:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ニホンピロタイズ

〇(対抗):ゼーゲン

▲(単穴):プリュムドール

△(連下):カレンルシェルブル

本命はニホンピロタイズ

1勝クラス、2クラスを連勝しての昇級戦です。中京コースは1度しか走った経験はありませんが3着でした。ちなみに、右回りは好実績を収めていますが、左回りは中京コースの1度だけです。本質的に左回りは向かないのかもしれませんが、勢いに乗っている今ならこのメンバーでも通用すると思います。

対抗はゼーゲン

前走のグレイトフルステークスでは出遅れが響きました。道中もチグハグな面があり結果は8着でした。4ヶ月の休み明けも影響したのか、全体的に緩く、競馬ができず終わってしまった印象が強かったです。今回もスタートに不安は残すものの、一度使われたあとですので、馬体や反応面も前走以上に仕上がっていそうです。

単穴はプリュムドール

前々走のローズステークスでは好位につけていましたが、他の馬に寄られてしまい、決め手が封じられました。しかし、前走の2勝クラスでは一時的に位置取りを下げてしまいましたが、我慢した分直線で伸び勝ち、差し切りました。決め手が優秀なので、3勝クラスでも通じそうですが、今回は4ヶ月の休み明け。個人的には使われた方が走るタイプと思っていますので、評価はここまでとしました。

連下はカレンルシェルブル

前走の長良川特別は、前が壁になりながらも、切り替えして1着でした。このメンバーならまず再上位の力は持っていると思います。しかしながら、荒れた馬場ではあまり走らないイメージです。展開やコース取りでかなり着順が変わりそうですが、好走はできると思います。

 

スポンサーリンク

美濃ステークス2022予想_本命ニホンピロタイズ:出走予定馬一覧

今年は11頭が出走予定です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

カレンルシェルブル 56.0 騎乗予定:横山典

フォイヤーヴェルク 57.0 騎乗予定:富田

ワールドスケール 57.0 騎乗予定:小崎

ゼーゲン 57.0 騎乗予定:藤岡佑

パトリック 57.0 騎乗予定:松山

ホウオウエクレール 57.0 騎乗予定:和田竜

ニホンピロタイズ 56.0 騎乗予定:酒井

セファーラジエル 56.0 騎乗予定:幸

サトノグロワール 57.0 騎乗予定:荻野極

ジョウショームード 57.0 騎乗予定:高倉

プリュムドール 54.0 騎乗予定:池添

 

 

スポンサーリンク

美濃ステークス2022予想_本命ニホンピロタイズ:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

逃げ馬はホウホウエクレールのみですが、競り合うような展開にはならないと思います。そのため、ミドルペースで進みそうです。最後の直線ではニホンピロタイズの反応が一枚上で先頭を交わし、ゼーゲン、プリュムドール、カレンルシェルブルが追いかける形になりますが、粘りきると予想します。

レース日

レースの発走は、1月30日(日)の予定です。

あとがき

勝ち馬の傾向は、当レースで先行できた馬が大半を占めていました。本質的な脚質が逃げや先行だからというよりは、テンが速い馬を選ぶと良いかもしれません。また、2200mという少し長めの距離を走ることから、中3〜4週程度で間隔が詰まっていない方が走れているようでした。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました