白富士ステークス2022予想_本命ジャックドール

中央競馬
スポンサーリンク

 

白富士ステークス2022予想_本命ジャックドール

 

 

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「白富士ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

白富士ステークスは、1月29日に東京競馬場で行われる、芝2000m、4歳以上のオープンレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

シルクロードステークス2022予想_本命エーポス
この記事では2022年「シルクロードステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 シルクロードステークスは、1月30日に中京競馬場で行われる、G3、芝1200m、4歳以上の重賞レースです。

 

根岸ステークス2022予想_本命オメガレインボー
この記事では2022年「根岸ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 根岸ステークスは、1月30日に東京競馬場で行われる、G3、ダート1400m、4歳以上の重賞レースです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白富士ステークス2022予想_本命ジャックドール:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ジャックドール

〇(対抗):アドマイヤハダル

▲(単穴):ディープモンスター

△(連下):グラティアス

本命はジャックドール

3連勝でオープン入りをしました。4歳になりましたが、馬体はまだ発展途上です。現時点でも質の高い走りをしており、高い潜在能力を持っています。今回のメンバーの中でも上位の能力を持っていますし、主導権を奪ってそのまま押し切る形も容易に想像できます。開幕週の東京という条件も後押しになりそうです。

対抗はアドマイヤハダル

実力ではアドマイヤハダルも負けていません。皐月賞では4着に入っている実績があります。ダービーでは力負けでしたが、距離が長かった印象です。2000mなら巻き返しも可能ですし、勢いに乗っている横山武史騎手が鞍上ですので、十分期待できるでしょう。

単穴はディープモンスター

ディープモンスターは休み明けで菊花賞5着でした。春は少し幼い面もでていましたが、一夏を越して精神面の成長を感じ取れました。今回は臨戦態勢も良いですし、舞台も合うと思います。道中は我慢ができれば父親譲りの末脚も期待できそうです。ここで勝ちきれるようなら、今後がさらに楽しみになる1頭でしょう。

連下はグラティアス

菊花賞では調整不足で15着と大敗しました。今回は4ヶ月しっかりと休養を取って、再調整されています。前走の影響が気になりますが、菊花賞よりは仕上がってきています。能力を発揮できれば上位争いも可能でしょう。

 

スポンサーリンク

白富士ステークス2022予想_本命ジャックドール:出走予定馬一覧

今年は18頭の登録でしたが、14頭が出走予定す。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

アドマイヤハダル 55.0 騎乗予定:横山武

アトミックフォース 57.0 騎乗予定:江田

グラティアス 55.0 騎乗予定:ルメール

ゴールドギア 57.0 騎乗予定:田辺

ジャックドール 55.0 騎乗予定:藤岡佑

シュヴァリエローズ 55.0 騎乗予定:大野

シングフォーユー 54.0 騎乗予定:デムーロ

ディープモンスター 55.0 騎乗予定:武

ニシノデイジー 57.0 騎乗予定:丸山

バレリオ 56.0 騎乗予定:津村

フランツ 56.0 騎乗予定:戸崎

ラインベック 56.0 騎乗予定:岩田康

ランフォザローゼス 56.0 騎乗予定:田中

レッドサイオン 56.0 騎乗予定:木幡

 

スポンサーリンク

白富士ステークス2022予想_本命ジャックドール:まとめ

こちらでは予想のまとめ、レース日時、考察したあとがきを記載しています。

予想まとめ

同型脚質が不在の為、まずジャックドールが楽にハナを主張しそうです。そして、そのまま自分のペースで持ち込む展開になりそうです。実力馬のアドマイヤハダル、グラティアスが次に続く形で直線に入り、ディープモンスターが追撃に耐えられるかどうか…と私は予想します。

レース日

レースの発走は、1月29日(土)の予定です。

あとがき

東京の開幕週になりますので、馬場がきれいな状態です。加えて、晴れが続いていることもありますので、まず内側でレースができる逃げや先行勢が有利な展開になるでしょう。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました