若駒ステークス2022_勝ち馬予想

中央競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「若駒ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

若駒ステークスは、1月22日に中京競馬場で行われる、芝2000m、3歳・オープンクラスのリステッドレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

アメリカジョッキークラブカップ2022_勝ち馬予想
この記事では2022年「アメリカジョッキークラブカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 アメリカジョッキークラブカップは、1月23日に中山競馬場で行われる、G2、芝2200m、4歳以上・オープンクラスのレースです。

 

東海ステークス2022_勝ち馬予想
この記事では2022年「東海ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 東海ステークスは、1月23日に中京競馬場で行われる、G2、芝2200m、4歳以上・オープンクラスのレースです。1着馬にはフェブラリーステークスへの優先出走権が付与されます。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

若駒ステークス2022_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):リアド

〇(対抗):グランディア

▲(単穴):エンタングルメント

△(連下):リューベック

本命はリアドです。デビュー戦は前評判に違わぬ、スケールを感じさせる勝ちっぷりでした。道中はスローペースになりましたが、力むことなく折り合い、仕掛けられると上り3ハロン33.5秒の末脚で突き抜けました。前走のレースぶりからは1ハロンの距離延長も全く問題ないように思いますし、無傷のままクラシックへ参戦できそうな態勢です。

対抗はグランディアです。母は重賞3勝しているディアデラノビアです。良競馬らしさは2勝目の競馬内容からもしっかり見て取れました。2勝目のレースでは、中団から難なく馬群をさばいて強豪との長い追い比べを制しています。走破タイムを速く、今回と同じ舞台を経験していることは強みになると思います。

単穴はエンタングルメントです。デビュー戦は1800mの中距離でした。1番人気に支持され、レースでも難なく駆け抜け快勝しました。前走のひいらぎ賞は1ハロンの距離短縮になり、道中は少し忙しそうに見えました。今回は距離を2000mに伸ばしての参戦になりますが、長い方が合うと思いますので、ここは巻き返しに期待したいと思います。

連下はリューベックです。函館での新馬戦はスタートを決めてそのまま逃げ、最後の直線では後続を突き放す強い内容でした。続いて臨んだ前走の札幌2歳ステークスは、スタートで出遅れ、3番手での競馬になりました、道中は少し力みがあり、デビュー戦のように気持ちよく走ることができていませんでした。さらに、直線では内側に進路をとるも前が空かず、全体的にチグハグな感じもありました。スムーズにハナで競馬できれば上位争いもできると思いますし、距離自体ももう少し長くても持ちそうな印象はあります。

 

 

スポンサーリンク

若駒ステークス2022_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

今年は9頭の登録があります。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載してます。

 

エンタングルメント 54.0 騎乗予定:横山典

クラウンドマジック 56.0 騎乗予定:和田竜

グランディア 56.0 騎乗予定:川田

ジャスパーグレイト 56.0 騎乗予定:未定

ナニハサテオキ 56.0 騎乗予定:未定

メイショウラナキラ 56.0 騎乗予定:松山

リアド 56.0 騎乗予定:武

リューベック 56.0 騎乗予定:池添

レヴァンジル 56.0 騎乗予定:未定

 

 

スポンサーリンク

若駒ステークス2022_勝ち馬予想:まとめ

京都開催時になりますが、ディープインパクトもここをきっかけに、さらに有名になったのはご存知の通りです。当レースはキャリアが少なくても、多くても好走していることから、毎年実力馬が出走してくる印象があります。実際、重賞組や重賞からの距離延長組の成績が優秀ですし、クラシックへ向けた始動戦でもあるだけに、ここは注目の1戦になりそうです。

レースの発走は、1月22日(土)の予定です。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました