アメリカジョッキークラブカップ2022_勝ち馬予想

G2
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「アメリカジョッキークラブカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

アメリカジョッキークラブカップは、1月23日に中山競馬場で行われる、G2、芝2200m、4歳以上・オープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

東海ステークス2022_勝ち馬予想
この記事では2022年「東海ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。 東海ステークスは、1月23日に中京競馬場で行われる、G2、芝2200m、4歳以上・オープンクラスのレースです。1着馬にはフェブラリーステークスへの優先出走権が付与されます。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメリカジョッキークラブカップ2022_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):オーソクレース

〇(対抗):キングオブコージ

▲(単穴):ポタジェ

△(連下):ダンビュライト

本命はオーソクレースです。いよいよ今年の始動戦になります。前走の菊花賞では、ハナをきったタイトルホルダーに突き放される形になりました。しかし、豊富なスタミナを武器に接戦の2着争いを制し、タフな展開に強い印象を残しました。同タイム差で4着のステラヴェローチェは有馬記念で4着、休み明けの日経新春杯でも2着に入りました。年長馬が相手でもしっかり対応できており、世代のレベルの高さが目立ちます。まだ、5戦しかしていませんし、古馬になってから成長が期待できる血統ですので、この先に繋げたいところでしょう。勝負どころで動き出しのタイミングがあえば突き抜けると感じます。

対抗はキングオブコージです。前走の中日新聞杯では本命を打たせてもらいました。外枠から好位につけながらも、3コーナーまで前に壁がない状態で走っていました。この影響もあり、脚がたまっておらず、最後は伸びきれませんでした。中山コースでは3戦2勝と実績があり、叩き3戦目ということもありますので、上積みもあるでしょう。

単穴はポタジェです。前走は天皇賞(秋)でした。エフフォーリア、コントレイル、グランアレグリアが出走するハイレベルなレースとなりましたが、6着に入る健闘を見せました。好位から精一杯伸びた結果ですので、完全な力負けだとは思います。しかし、このメンバーなら十分やれると思いますし、堅実に走るタイプですので、流れや立ち回り次第で出番はあると思います。

連下はダンビュライトです。8歳という年齢ですので、大きな上積みは見込めませんが、中山は比較的相性の良いコースです。2018年には当レースでも勝っていますし、前走はダートでも好走を見せました。今の中山は、ダートで走り切れるようなスタミナも必要になりそうですし、トリッキーなコースで器用さを生かして持久力を発揮すれば、十分好走できると感じます。

 

 

スポンサーリンク

アメリカジョッキークラブカップ2022_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

今年は中央所属馬が13頭、地方馬が1頭、登録しています。このまま行けば、全頭が出走予定になりそうです。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載となります。

 

アサマノイタズラ 56.0 騎乗予定:未定

アンティシペイト 56.0 騎乗予定:三浦

エヒト 56.0 騎乗予定:未定

オーソクレース 55.0 騎乗予定:ルメール

キャッスルトップ 57.0 騎乗予定:仲野

キングオブコージ 56.0 騎乗予定:横山典

クレッシェンドラヴ 56.0 騎乗予定:内田

スマイル 56.0 騎乗予定:未定

ソッサスブレイ 56.0 騎乗予定:柴田大

ダンビュライト 56.0 騎乗予定:松若

ポタジェ 56.0  騎乗予定:川田

ボッケリーニ 56.0 騎乗予定:横山武

マイネルファンロン 56.0 騎乗予定:松岡

ラストドラフト 56.0  騎乗予定:戸崎

 

 

スポンサーリンク

アメリカジョッキークラブカップ2022_勝ち馬予想:まとめ

毎年展開はロングスパートの持久力勝負になりやすい傾向です。秋のオールカマーやセントライト記念と同じ距離とコースになりますが、冬場の最終週という条件ですので、かなりタフな馬場になっています。時計がかかるのでスタミナも問われる舞台となります。昨年は菊花賞明けの4歳馬がワンツーを飾っていることから、菊花賞組には注目しておきたいところでしょう。

レースの発走は、1月23日(日)の予定です。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました