門司ステークス2022_勝ち馬予想

中央競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「門司ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

門司ステークスは、1月16日に小倉競馬場で行われる、ダート1700m、4歳以上・オープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

門司ステークス2022_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ハギノアトラス

〇(対抗):レディバグ

▲(単穴):スマッシングハーツ

△(連下):ニューモニュメント

本命はハギノアトラスです。前走の師走ステークスは人気薄だったにも関わらず、しぶとさを見せて2着食い込みました。リズムよく道中を運べたときの粘りはこのレースでも評価できる内容だと思います。また、体調面も夏場よりは冬場の方が安定していますので、実績のある舞台ならなおさら期待できるでしょう。

対抗はレディバグです。これまでの実績では、一線級の同世代と互角に戦ってきていますので、実力はメンバーでも上位でしょう。操縦性が良く立ち回りに長けている部分が大きいため、小回りが必要な小倉コースとの相性は良さそうです。十分通用すると感じています。

単穴はスマッシングハーツです。前走はペースが遅くなり、最後に脚を使うもキレ勝負では分が悪かったです。どちらかというと、長く脚を使えるタイプになりますので、ペースは速い方が展開が向きます。小回りコースで前が止まりにくい状況ではありますが、前めの位置で粘り込みがあってもいいと思います。

連下はニューモニュメントです。差しタイプの脚質のため、前走でも後方からの競馬でした。最終コーナー前から追い出し始めると、最後の直線でメンバー最速の上がり3ハロンで追い込みました。これまでも末脚は魅力的でしたが、前走はさらに磨きがかかっていました。今回は中6週で休み明けですが、休み明けでも脚は鈍らない傾向なので、前がやり合うような展開になれば出番がありそうです。

 

 

スポンサーリンク

門司ステークス2022_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

今年は15頭で出走予定です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載となります。

 

アメリカンフェイス 57.0 騎乗予定:浜中

イッツクール 56.0 騎乗予定:富田

エクレアスパークル 57.0 騎乗予定:荻野

スナークスター 57.0 騎乗予定:中井

スマッシングハーツ 57.0 騎乗予定:鮫島

テンザワールド 57.0 騎乗予定:藤井

ニューモニュメント 57.0 騎乗予定:西村

ハギノアトラス 57.0 騎乗予定:藤岡康

ハギノリュクス 55.0 騎乗予定:横山和

フォーテ 57.0  騎乗予定:岡田

ペオース 57.0 騎乗予定:亀田

ベルダーイメル 57.0 騎乗予定:吉田隼

ホールシバン 56.0 騎乗予定:津村

メイショウエイコウ 57.0 騎乗予定:泉谷

レディバグ 54.0 騎乗予定:酒井

 

 

スポンサーリンク

門司ステークス2022_勝ち馬予想:まとめ

小倉の開幕週2日目ですが、小回りコースも相まって芝・ダートともにやはり前が止まらない感じです。やりあうような展開や強力な決め手があれば、差しも決まっています。それでも基本は前残りが多いと思うので、逃げや先行脚質の馬を積極的に狙っても面白いと思います。

レースの発走は、1月16日(日)の予定です。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました