迎春ステークス2022_勝ち馬予想

中央競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「迎春ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

迎春ステークスは、1月10日に中山競馬場で行われる芝2200m、4歳以上・3勝クラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

迎春ステークス2022_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ルペルカーリア

〇(対抗):エドノフェリーチェ

▲(単穴):スマイル

△(連下):ウシュバテソーロ

本命はルペルカーリアです。4ヶ月の休み明け、今年の初戦となります。前走はセントライト記念で同じ2200mでした。先行できていたものの、直線では伸びを欠き7着となりました。この馬自体の力は高いものがありますので、人気しそうですが、1番条件に合いそうなので本命です。

対抗はエドノフェリーチェです。中3週での出走です。休み明け3走目ですが、使われても走るタイプです。本質的に脚質は先行ですが、前走はスタートで後手になり、後ろからの競馬になりました。それでも最後は脚を伸ばし、3着に食い込むなど適応力の高さが目立ちました。結果的に競馬の幅も広がったので、ここでも展開に左右されずに走れそうです。

単穴はスマイルです。半年ぶりの出走となります。前走は阿武隈ステークスでしたが、3ヶ月の休み明けでした。この馬は夏は走らないイメージがある中、しっかり先行して粘り、なんとか6着に入りました。寒い冬の方が走るタイプですが、半年ぶりが懸念点で評価はここまでに留めました。

連下はウシュバテソーロです。逃げの脚質ですが、極端な逃げではないため先行型に近いです。前走のグレイトフルステークスではスタート後で後手になりましたが、道中から位置を上げ、最後は4着に入りました。最後も脚を使えるタイプですので、粘り込みがありそうです。

 

 

スポンサーリンク

迎春ステークス2022_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

今年は出走は15頭となりました。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載となります。なお、執筆時点の情報になりますので、出走馬は変更になることがございます。

 

ウシュバテソーロ 57.0 騎乗予定:戸崎

エドノフェリーチェ 55.0 騎乗予定:Mデムーロ

エヴァーガーデン 55.0 騎乗予定:丹内

キングオブドラゴン 57.0 騎乗予定:坂井

サウンドバーニング 57.0 騎乗予定:斎藤

サトノグロワール 57.0 騎乗予定:内田

サトノラディウス 57.0 騎乗予定:横山和

スマイル 57.0 騎乗予定:ルメール

セファーラジエル 56.0 騎乗予定:鮫島

ダンディズム 57.0 騎乗予定:富田

ナリノモンターニュ 57.0 騎乗予定:大野

ニューポート 57.0 騎乗予定:菅原

ベデザンジュ 55.0 騎乗予定:田辺

ヤマニンマヒア 57.0 騎乗予定:津村

ルペルカーリア 56.0 騎乗予定:横山武

 

 

スポンサーリンク

新春ステークス2022_勝ち馬予想:まとめ

過去のデータからは、逃げ・追い込み馬の実績がよくありません。苦戦気味ですので、極端にどちらかに寄った脚質の場合は、割引の必要がありそうです。一方、実績が良いのは先行馬です。前半をしっかり先行できる力のある馬ならなおさら良いデータです。また、距離短縮組が好走しています。

レースの発走は、1月10日(月)の予定です。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました