日経新春杯2022_勝ち馬予想

G2
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「日経新春杯」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

日経新春杯は、1月16日に中京競馬場で行われる、G2、芝2200m、4歳以上・オープンクラスのハンデキャップレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経新春杯2022_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):フライライクバード

〇(対抗):ステラヴェローチェ

▲(単穴):クラヴェル

△(連下):マイネルウィルトス

本命はフライライクバードです。中京の2200mでは3戦して、1着2回、2着1回です。条件戦での成績とはいえ、当レースへの適性の高さは一番だと感じます。昨年の2勝クラスでも7馬身差をつけて圧勝していますし、走破時計も翌日の日経新春杯タイムを0.6秒も上回りました。また、2走前の3勝クラスでも最終コーナーから抜け出し、突き抜けています。前走のアルゼンチン共和国杯では追い出してからジリジリという感じでしたが、勝ち馬の実力を考えればうまく立ち回れていたレースでした。好相性の舞台に替わり、好位置でスムーズな立ち回りならば十分勝ち負けになるでしょう。

対抗はステラヴェローチェです。菊花賞では豊富なスタミナを見せつけるレースとなりました。続く、有馬記念でも4着に食い込んでおり、実力・スタミナは申し分ありません。ここでも豊富なスタミナを生かせば好勝負できると思います。あとは他とのハンデ差や動き出しのタイミングが鍵になりそうです。もちろん、少しぐらい合わなくても好走はできそうですが、勝ち負けまでは難しくなりそうな感じがします。

単穴はクラヴェルです。前走は3着でしたが、これまでの経験を発揮するような走りだったと思います。陣営的にも満足いく内容だったのではないでしょうか。その後は、十分なケアを行いながらここに向けて調整されてきました。中京2000mでは過去にゲートでの駐立が悪かったり、気負ったりと難しさを見せることありました。そのため、愛知杯よりもリラックスしてスタートが切れそうですし、ハンデの恩恵を生かして、この馬の自身の走りができれば出番はありそうです。

連下はマイネルウィルトスです。前走は前残りの馬場だったため、展開が向きませんでした。早めに動いてなんとかしようとしましたが、前が止まらずジリジリとした内容でした。調教では意欲的に動き、最後まで勢いを保っていました。昨年のような展開になれば、十分出番はあると思いますが、今の中京だと前め・内めが有利ですので、評価はここまでとしました。

 

 

スポンサーリンク

日経新春杯2022_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

今年は18頭の登録がありましたか、17頭の出走予定となっています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載となります。

 

アフリカンゴールド 55.0 騎乗予定:国分

エフェクトオン 53.0 騎乗予定:未定

クラヴェル 54.0 騎乗予定:横山典

ショウナンバルディ 57.0 騎乗予定:坂井

ステラヴェローチェ 57.0 騎乗予定:Mデムーロ

ダノンマジェスティ 55.0 騎乗予定:岩田望

トップウイナー 55.0 騎乗予定:和田翼

トラストケンシン 53.0 騎乗予定:池添

フライライクバード 55.0 騎乗予定:武

プレシャスブルー 55.0 騎乗予定:勝浦

マイネルウィルトス 56.0 騎乗予定:未定

マイネルフラップ 53.0 騎乗予定:未定

モズナガレボシ 55.0 騎乗予定:松山

ヤシャマル 54.0 騎乗予定:松田

ヨーホーレイク 55.0 騎乗予定:川田

ロードマイウェイ 56.0 騎乗予定:幸

 

 

スポンサーリンク

日経新春杯2022_勝ち馬予想:まとめ

昨年に引き続き、今年も中京競馬場で行われます。昨年は上位人気馬は軒並み崩れ、大波乱の決着となりました。6ハロンからハイペースになり、ロングスパート戦の展開になったことが波乱の原因でした。そのため、最後方からでも脚が届く内容となりました。コース的には前半が落ち着きやすい傾向にあります。ただ、今年の結果を鑑みると前が止まりにくく、内めを通った馬が優位な立ち回りをしていますので、このあたりを踏まえて予想を組み立てていきたいところです。

レースの発走は、1月16日(日)の予定です。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました