すばるステークス2022_勝ち馬予想

中央競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「すばるステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

すばるステークスは、1月8日に中京競馬場で行われるダート1400m、4歳以上・オープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

すばるステークス2022_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):サヴァ

〇(対抗):スリーグランド

▲(単穴):ピンシャン

△(連下):ヴァニラアイス

本命はサヴァです。G3のユニコーンステークスでは、わずかの差で2着でした。昨年の3歳世代は強いと言われていますが、それを証明した形だったと思います。そして次走の姫路ステークスでは、初の年長馬相手ですが、何事もなくあっさりと勝ってしまいました。ここでの2着馬がクラス戦を抜けたことを考えると、決して楽なメンバーではなかったと感じます。3歳時の勢いを残しつつ、成長した姿で迎える4歳馬初戦は要注目でしょう。

対抗はスリーグランドです。昇級戦初戦は2番人気に推されながらも5着でした。しかし、このレース以降のオープン戦では1着1回、2着3回という安定した実績を残しています。本質的な脚質は先行タイプですが、様々な状況に対応できる脚ですので、ここでも対応できるでしょう。また、得意な距離へ戻るのも歓迎材料ですので、ここは一変に期待します。

単穴はピンシャンです。3勝クラスの勝利に続き、オープンクラスも連勝したあと、アメリカに遠征へ出ています。アメリカではG1レースというこもあり、7着に敗れてしまいましたが、慣れない環境のせいか力んで走っていたように見えました。個人的には力んだ状態で7着なら勝ちがある着順だと感じます。素質は高いですし、得意な距離や左回りに戻りますのでここは巻き返すと思います。

連下はヴァニラアイスです。中京の実績は2走のみで、どちらかというと阪神のような右回りの方が得意な条件です。けれども、出走数自体が少ないので、走り方を見る限りは決して苦手という訳でもないと感じます。このメンバーの中なら好走できても不思議ではないでしょう。

 

 

スポンサーリンク

すばるステークス2022_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

今年は37頭の登録がありましたが、出走は16頭となりました。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載となります。なお、執筆時点の情報になりますので、出走馬は変更になることがございます。

 

アヴァンティスト 56.0 騎乗予定:浜中

イメル 56.0 騎乗予定:和田竜

ヴァニラアイス 54.0 騎乗予定:吉田隼

カレンロマチェンコ 55.0 騎乗予定:松若

ゲンパチフォルツァ 55.0 騎乗予定:斎藤

コパノマーキュリー 56.0 騎乗予定:松山

サヴァ 55.0 騎乗予定:横山武

スナークスター 56.0 騎乗予定:鮫島

スピリットワンベル 56.0 騎乗予定:泉谷

スリーグランド 57.0 騎乗予定:岩田望

ゼンノアンジュ 53.0 騎乗予定:武

ピンシャン 57.0 騎乗予定:川田

メイショウキョウジ 56.0 騎乗予定:酒井

メイショウベンガル 56.0 騎乗予定:幸

レッドヴェイロン 56.0 騎乗予定:岩田康

ロイヤルパールス 57.0 騎乗予定:池添

 

 

スポンサーリンク

すばるステークス2022_勝ち馬予想:まとめ

過去のデータからは、距離延長組で臨む馬の実績が低調です。逆に、同距離や距離短縮組が好走しているレースとなります。なお、ここ2年は前走が東京コースを経験している馬が連続で1着、2着を決めていることには気を配りたいところです。また、中10週以上の休み明けは全く連対していませんので、割引材料と考えていいと思います。血統的にはサウスヴィグラスの活躍が目立っており、昨年も該当産駒が勝利しています。

レースの発走は、1月8日(土)の予定です。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました