シンザン記念2022_勝ち馬予想

G3
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「シンザン記念」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

シンザン記念は、1月9日に中京競馬場で行われる、G3・芝1600m、3歳限定・オープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シンザン記念2022_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ラスール

〇(対抗):レッドベルアーム

▲(単穴):ビーアストニシッド

△(連下):ソリタリオ

本命はラスールです。初戦からクラシックでも活躍できそうな走りをしたのにはビックリしました。最後の直線では、内ラチ沿いの窮屈な位置取りになりました。進路を確保してからの追い出しとなりましたが、最後の150m程度だけで3馬身半差をつけ突き抜けました。騎乗したルメール騎手も「新しいグランアレグリア」と評するほどの才能です。キタサンブラック産駒ならタフな芝もこなせると問題ないでしょうんし、東京と中京のコース適性の違いも克服できると思います。ここで勝ってくるようなら、クラシック戦線でも十分期待できるはずです。

対抗はレッドベルアームです。前走はスタート直後に両側から挟まれてリズムが崩れてしまいました。その後も頭を上げるような走りで、バランス良く走れていませんでした。半兄のレッドベルジュール、レッドベルオーブはデイリー杯2歳Sで重賞勝ちしているので、血統的にもマイル戦は問題ないでしょう。いい意味で経験を積めた分、上積みもあると思いますので、ここは1ハロンの距離短縮での巻き返しに期待したいと思います。

単穴はビーアストニシッドです。前走の京都2歳Sは距離を伸ばしての重賞挑戦でした。比較的スローペースの持ち込みに成功し、そのまましぶとく逃げ粘り2着に入りました。未勝利戦ではマイル戦で勝ち上がっていますし、ここでも自分のペースで運べれば残り目もあると思います。

連下はソリタリオです。デビュー戦から連敗が続いていましたが、いずれも僅差での2着でした。もともと能力も高くオープン入りは順番待ちでしたが、続く3戦目の未勝利戦で勝ち上がりました。この勢いそのままに前走のこうやまき賞も勝ち、現在連勝中です。ここに向けて調整されており、動いても待っても競馬ができるタイプです。これまでの4戦はすべて左回りのマイル戦ですし、今回は経験や実力を最大限発揮できるベストな条件と言ってもいいと思います。3連勝で初重賞制覇できる態勢は整ったと言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

シンザン記念2022_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

今年は20頭の登録がありましたが、15頭の出走予定となりました。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載となります。

 

アールチャレンジ 56.0 騎乗予定:団野

ウナギノボリ 56.0 騎乗予定:吉田隼

カワキタレブリー 56.0 騎乗予定:松山

ジャカランダ 56.0 騎乗予定:幸

ジャスティンヴェル 56.0 騎乗予定:西村

ショウナンアメリア 54.0 騎乗予定:池添

シーズザデイ 56.0 騎乗予定:鮫島

セルバーグ 56.0 騎乗予定:和田竜

ソリタリオ 56.0 騎乗予定:Cデムーロ

デルマグレムリン 56.0 騎乗予定:武

ビーアストニッシド 56.0 騎乗予定:岩田康

マテンロウオリオン 56.0 騎乗予定:横山典

モズゴールドバレル 54.0 騎乗予定:坂井

ラスール 54.0 騎乗予定:ルメール

レッドベルアーム 56.0 騎乗予定:川田

 

 

スポンサーリンク

シンザン記念2022_勝ち馬予想:まとめ

昨年に引き続き、今年も中京開催となります。シンザン記念での勝ち馬や上位馬は、後の活躍ぶりが目覚ましく、中には名馬という名に相応しい実績を残す馬もいます。ジェンティルドンナ(12年勝ち馬)、アーモンドアイ(18年勝ち馬)、オルフェーヴル(11年2着)などが代表的な例でしょう。出世馬が多いレースだけに、先々を占う意味でも見逃せない1戦になりそうです。

 

レースの発走は、1月9日(日)の予定です。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました