フェアリーステークス2022_勝ち馬予想

G3
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「フェアリーステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

フェアリーステークスは、1月10日に中山競馬場で行われる、G3・芝1600m、3歳牝馬限定・オープンクラスのレースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フェアリーステークス2022_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ライラック

〇(対抗):スターズオンアース

▲(単穴):エリカヴィータ

△(連下):スクルトゥーラ

本命はライラックです。この馬場やコースなら見直せる1頭だと思います。前走の京都2歳S(8着)では輸送前から嫌がる面を見せており、馬体重が減るだけでなくゲートでの精神面も良くありませんでした。まだ2戦目でしたし、レース中もしっかり走れていなかった印象です。気性面が難しいのは、オルフェーヴル産駒ならではかもしれません。しかし、初戦はノーステッキで着差以上に強い内容でした。個人的にもデビュー前の追い切り時、沈むように走るフォームが非常に印象に残っており、将来を感じさせる走りでした。今回は牝馬限定のマイル戦ですし、ゲートからの出脚も良いので見直しを期待します。

対抗はスターズオンアースです。前走の赤松賞は3着でしたが、大外枠で壁を作ることができず、終始力んでいるような走りでした。そのため、初戦や2戦目に比べると最後の直線は思ったほど脚が伸びませんでした。しっかりと脚をためることができれば、そのポテンシャルを発揮できると思います。中山の1600mに舞台は変わりますが、適度にペースが流れればチャンスはあると感じます。

単穴はエリカヴィータです。今回で2走目となります。初戦は中団好位から外へ出し、鋭く伸びてデビュー戦とは思えない走りを見せました。そのラスト3ハロンは、11.6-11.5-11.4という加速ラップが記録されており、高い素質を初戦から見せています。ただ、どちらかというと東京のような広いコースな方が向いている印象です。今回は適性を確かめる意味でもここまでの評価としました。

連下はスクルトゥーラです。デビュー戦をしっかりとした内容で勝ちきりました。道中は中団につけ最終コーナーから追い出し始め、最後の直線では中から脚を伸ばし差し切りました。初戦とは思えない勝ち方でしたが、馬体が比較的小さめです。馬体重を調整できれば2走目でも、上位争いができるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

フェアリーステークス2022_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

今年は20頭の登録があり、16頭が出走になりしました。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載となります。

 

ヴァンルーラー 54.0 騎乗予定:戸崎

ウラカワノキセキ 54.0 騎乗予定:津村

エバーシャドネー 54.0 騎乗予定:藤岡佑

エリカヴィータ 54.0 騎乗予定:ルメール

スクルトゥーラ 54.0 騎乗予定:横山武

スターズオンアース 54.0 騎乗予定:石橋

スピードグラマー 54.0 騎乗予定:木幡

スプリットザシー 54.0  騎乗予定:丸山

テーオーシャルマン 54.0 騎乗予定:横山和

ニシノラブウインク 54.0 騎乗予定:三浦

ビジュノワール 54.0 騎乗予定:大野

フィールシンパシー 54.0 騎乗予定:坂井

ブルトンクール 54.0 騎乗予定:菅原

ポケットシンデレラ 54.0 騎乗予定:菱田

ユキヤナギ 54.0 騎乗予定:勝浦

ライラック 54.0 騎乗予定:Mデムーロ

 

 

スポンサーリンク

フェアリーステークス2022_勝ち馬予想:まとめ

冬場の馬場はタフなことが多く、当レースでも馬力が問われることが多いです。加えて、スピードの持続力も問われますので、総合力が必要になる傾向です。また、逃げ切りや差し切りなど勝ち馬の脚質傾向も異なるので、トリッキーなコースであるため、枠順などの並びも重要な見極めのポイントになります。

レースの発走は、1月10日(月)の予定です。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました