金杯2022(水沢競馬場)_勝ち馬予想

地方競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2022年「金杯」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

金杯は、1月3日に水沢競馬場で行われるダート1600m、3歳・オープンクラスの重賞レースです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

金杯2022(水沢競馬場)_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):クロールキック

〇(対抗):リュウノガルシア

▲(単穴):カクテルライト

本命はクロールキックです。トライアルレースの寒菊賞の勝ち馬です。2走前の南部駒特別はホッカイドウ競馬所属として出走して、2着になりました。岩手競馬所属馬としては再先着を果たしており、2着のカクテルライトには2秒以上も差をつけていました。前走の寒菊賞では最終コーナーでも楽な手ごたえで、直線に入ってから余裕十分に後続を突き放しました。クラシック戦線でも十分通用するぐらいの内容だったと思います。また、水沢コースなら死角という死角は見つかりませんでしたので、ここは大崩れはないでしょう。

対抗はリュウノガルシアです。ソラを使う面があるので、なかなかスピードに乗りにくいのが少々不安材料ではあります。ただ、重賞を4戦して2着2回、3着2回という実績は優秀で堅実です。前走の寒菊賞は3着でしたが、外側をずっと回っていたこともあり、先着馬よりもかなり距離のロスがありました。さらに、1キロ重い斤量を背負っていたことを考えると、内容自体は悪くなかったと思います。地力はありますので、ここは上位争いができるでしょう。

単穴はカクテルライトです。ビギナーズCと若駒賞の重賞を連勝した実績があります。気分よく逃げられた時しぶとさは他の追随を許さないものがあります。寒菊賞では出遅れが響き、自分の競馬に持ち込めなかったので10着となりました。しかし、小回りの水沢コースは脚質的にも向いていると感じます。スタートさえ決まれば、一変があっても不思議ではありません。

連下候補としては、グリーンジェイド、セイシーキングあたりが軽視できない実力があり、展開次第では出番もあると思います。

 

 

スポンサーリンク

金杯2022(水沢競馬場)_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

主な登録馬ば次の通りです。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載となります。なお、執筆時点の情報になりますので、出走馬や騎乗騎手が変更になる場合があります。予ご了承ください。

 

エイシンクリーオス 55.0 騎乗予定:未定

カクテルライト 54.0 騎乗予定:未定

カンパニョーラ 54.0 騎乗予定:未定

グラフィアスレディ 54.0 騎乗予定:未定

クリアウェーブ 54.0 騎乗予定:未定

グリーンジェイド 55.0 騎乗予定:未定

クロールキック 55.0 騎乗予定:未定

サンティラムック 54.0 騎乗予定:未定

セイシーキング 54.0 騎乗予定:未定

ネオネオモッズ 55.0 騎乗予定:未定

マルルットゥ 54.0 騎乗予定:未定

リュウノガルシア 55.0 騎乗予定:未定

 

 

スポンサーリンク

金杯2022(水沢競馬場)_勝ち馬予想:まとめ

2022年、最初の3歳重賞競走となります。前年はリュウノシンゲンはここでの勝利を皮切りに、岩手競馬を2冠を制するなど大活躍の歳となりました。今回も寒菊賞の勝ち馬である、クロールキックなど、精鋭たちが出走予定をしています。今年のクラシックを占う1戦となりそうです。

レースの発走は、1月3日(月)の予定です。

皆さまの予想や考察の参考になれば幸いです。引き続き、当ブログをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました