春待月賞2021_勝ち馬予想

中央競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「春待月賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

春待月賞は、12月28日に阪神競馬場で行われるダート1200m、3歳以上・2勝クラスのレースです。皆さまの予想の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

春待月賞2021_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):エナジーロッソ

〇(対抗):ゴールドフィンガー

▲(単穴):ルピナステソーロ

△(連下):メイショウヒューマ

本命はエナジーロッソです。前走の1勝クラスは良いスタートを切り、そのまま3番手につけました。最終コーナーで追い出すと、直線で先頭に並びかけ、後続を突き放す強い内容でした。阪神コースの相性も良く、短距離右回りのこの舞台はベストの条件だと思いますので、ここは本命でしょう。

対抗はゴールドフィンガーです。これまで【2613】と、安定した走りをしています。未勝利を抜け出すのに少し時間はかかりましたが、1勝クラスは休み明けの昇級初戦で勝ち抜けました。続く、前走の2勝クラスも昇級戦でしたが、好位置から脚を伸ばすも3着でした。今回は休み明け3走目ですし、斤量にも慣れてくるころでしょうから、好走できると思います。

単穴はルピナステソーロです。中1週での出走です。地方から転入した直後は、馬場やライバルの違いに戸惑った感じもあり、11着となりました、しかし、前走はその戸惑いもなくなり、先行の好位置から直線で鋭く脚を伸ばすことができました。今回は昇級戦となりますが、舞台に対応できれば面白い存在になりそうです。

連下はメイショウヒューマです。前走は9月末に登録がありましたが、右後挫跖の影響で出走取消となりました。6月の出走から数えると約半年ぶりの実戦となります。阪神や右回りコースに実績はありますが、力を出し切れるかどうかポイントとなりそうです。調教内容からは少し物足りなさがありましたので、評価はここまでとしました。

 

 

スポンサーリンク

春待月賞2021_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

フルゲート16頭ですが、今年は13頭が出走予定です。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載となります。

 

ウメタロウ 57.0 騎乗予定:城戸

エナジーロッソ 54.0 騎乗予定:松山

カモントゥミー 57.0 騎乗予定:幸

クリノイコライザー 57.0 騎乗予定:川須

ゴーゴーレイワ 55.0 騎乗予定:和田翼

ゴールドフィンガー 54.0 騎乗予定:水口

ジューンステータス 57.0 騎乗予定:松若

ショウゲッコウ 55.0 騎乗予定:中井

スズカクローカス 55.0 騎乗予定:長岡

タマモヒメギミ 54.0 騎乗予定:国分

ニシノダンテ 57.0 騎乗予定:和田竜

メイショウヒューマ 56.0 騎乗予定:藤岡佑

ルピナステソーロ 54.0 騎乗予定:鮫島

 

スポンサーリンク

春待月賞2021_勝ち馬予想:まとめ

過去5年の同様の条件データからは、先行馬が最多で勝っています。逃げ馬についてもそのまま粘り込むことが多く、馬券内に入ることも多いです。また、前走で掲示版内の馬も好走する傾向です。ただ、サンデーサイレンス系は苦戦しており、連対が厳しいデータですので、評価は落としていいと思います。

レースの発走は、日本時間の12月28日(火)の予定です。

皆さまの予想や考察もコメント欄でいただけると幸いです。一緒に質の高い予想にしていきましょう!

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました