摩耶ステークス2021_勝ち馬予想

中央競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「摩耶ステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

摩耶ステークスは、12月25日に阪神競馬場で行われるダート1800m、3歳以上・3勝クラスのレースです。皆さまの予想の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

摩耶ステークス2021_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。また、確定の場合は(確定)と予想部分に記載しますので、定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ウィリアムバローズ

〇(対抗):ハヤブサナンデクン

▲(単穴):バーデンヴァイラー

△(連下):ペイシャノリッジ

本命はウィリアムバローズです。3走前に芝からダートにかわり、未勝利戦を勝ち上がりました。ダートに転向してからは負けなしの実績で、昇級戦でも苦もなく勝ち上がりました。レース内容も強く、すぐにでもオープンクラスや重賞でも通用するぐらいの実力はあると思います。ここはまず勝ち切る一戦でしょう。

対抗はハヤブサナンデクンです。安定した実績でここまで来ています。ここ2走は休み明けがえいきょうして、馬券外になっていますが、それでも強いメンバーの中で好走できています。安定感だけなら、メンバー随一だと思います。鞍上は引き続き武豊騎手ですし、叩き2戦目なので上積みも期待できます。

単穴はバーデンヴァイラーです。馬場状態を苦にせず走れるのは魅力ですが、長い休養があったため、キャリアは多くはありません。2走前にデビュー戦以来の芝を使われて4着でしたが、レース内容からはやはりダートの方が合うと感じました。前走は2勝クラスとはいえ、休み明けの中で勝ち切りましたし、叩き2戦目の今回はメンバーも強化されますが、上積みを持ってレースはできる状態でしょう。

連下はペイシャノリッジです。クロフネ産駒らしい走りで、安定したキャリアを積んできています。ただ、3勝クラス以上になるとなかなか勝ち切れていません。決して実力がない訳ではありませんが、決め手にかける印象です。今回は休み明け初戦ですし、強力なライバルがいる中で勝ち負けまでは厳しいと思います。

 

 

スポンサーリンク

摩耶ステークス2021_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

今年はフルゲート16頭での登録があります。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載となります。

 

アヴァンセ せん5 57.0 団野

ロッキーサンダー 牡4 57.0 幸

ウィリアムバローズ 牡3 56.0 松山 

ライジングドラゴン 牡6 57.0 鮫島

バーデンヴァイラー 牡3 56.0 C.デムーロ

ペイシャノリッジ 牝4 55.0 坂井

キタノインディ 牡3 56.0 小牧

ハヤブサナンデクン 牡5 57.0 武

ハンディーズピーク 牡3 56.0 和田竜

メイショウヨカゼ 牡4 57.0 西村

エイシンビッグボス 牡3 56.0 下原

 

 

スポンサーリンク

摩耶ステークス2021_勝ち馬予想:まとめ

脚質的には先行勢が有利なデータで、積極的に前にいく馬は好走しています。また、昇級戦であっても好走している馬も多く、近走で良い成績を残している馬を評価していいと思います。なお、前走から距離延長組は実績がよくありませんので、少し割引するぐらいでいいでしょう。

レースの発走は、日本時間の12月25日(土)の予定です。

皆さまの予想や的中報告、少しでも参考になる情報があった!などの内容がありましたら、SNSなどでご紹介していただけると、んモチベーションにつながります。

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました