万両賞2021_勝ち馬予想

中央競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「万両賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

万両賞は、12月25日に阪神競馬場で行われる芝1400m、2歳・1勝クラスのレースです。皆さまの予想の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

万両賞2021_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。また、確定の場合は(確定)と予想部分に記載しますので、定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ジャスティンヴェル

〇(対抗):ジャズブルース

▲(単穴):シーヴィクセン

△(連下):テーオースパロー

本命はジャスティンヴィルです。2か月半の休み明けですが、近親にスプリンターズS、高松宮記念の勝ち馬でもあるビリーヴがいます。血統の背景もあり、ここまでスプリント戦で実績を残していますし、出走数こそ少ないですが、ここは本命に推したいです。新馬戦は最終コーナーではもう先頭で大楽勝のレースでした。前走のききょうSでは中団から外めに抜け出し、メンバー最速の脚で外から鋭く伸びていました。結果は2着でしたが、勝ち馬とは0.3秒差ですので追い出しのタイミングが違えば、勝ち馬に慣れたと思います。脚質的にも今の阪神にピッタリでしょう。

対抗はジャズブルースです。先行しながらも最後は脚を伸ばせる特長があります。前走は直線で伸びを欠いていますが、それでも上がり3ハロンはメンバー3位の脚で追い込んでいます。スタートさえスムーズに出れれば、前につけられると思いますし、先行して最後に脚を伸ばすことができれば差し・追い込み勢から見ると厳しい展開になるでしょう。乗り替わり自体はプラスとは言えませんが、戦ってきた相手を考えると好走できると思います。

単穴はシーヴィクセンです。デビュー戦から芝で走ってきましたが、前走はダートでした。スタートを出てそのまま逃げ、2着馬に1.2秒差をつける大楽勝の内容でした。芝でのレースを見る限り、ダートでも通用しそうだったので勝ち自体には驚きはありません。今回はまた芝に変わりますので、戸惑わなければ連勝も狙えると思います。

連下はテーオースパローです。11頭立てとはいえ、大外枠に入って入ってしまいました。キレがある脚ではないので、先行逃げ切りを狙いたいところだったと思います。スタートして二の脚を使った後、最後も脚を使えるかがポイントになりそうですが、息の入りにくいコースですので、この評価にとどめました。

 

 

スポンサーリンク

万両賞2021_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

フルゲートは18頭ですが、今年は次の14頭が登録しています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載となります。

 

アキバ 54.0 騎乗予定:高倉

アルーリングウェイ 54.0 騎乗予定:藤岡佑

ジャカランダ 55.0 騎乗予定:鮫島

ジャスティンヴェル 55.0 騎乗予定:松山

ジャズブルース 55.0 騎乗予定:坂井

シーヴィクセン 54.0 騎乗予定:ルメール

スマイルバック 54.0 騎乗予定:秋山真

タイセイブリリオ 55.0 騎乗予定:未定

タヤスゴールド 55.0 騎乗予定:未定

テーオースパロー 55.0  騎乗予定:岩田望

プレヴォール 55.0 騎乗予定:未定

マコトダイトウレン 54.0 騎乗予定:Cデムーロ

マテンロウオリオン 55.0 騎乗予定:未定

ルミナスフラックス 55.0 騎乗予定:未定

 

 

スポンサーリンク

万両賞2021_勝ち馬予想:まとめ

当レースは展開によって脚質の有利具合が左右されやすいです。ただ、前走で重賞を経験しているような馬はもちろん有利となります。特にG2から参戦組は信頼度抜群の実績があります。逆に新馬戦から参加の馬は好走できていません。キンサシャノキセキ産駒は好走傾向にあるので、出走予定があれば要チェックでしょう。

レースの発走は、日本時間の12月25日(土)の予定です。

皆さまの予想や的中報告、少しでも参考になる情報があった!などの内容がありましたら、SNSなどでご紹介していただけると、モチベーションにつながります。

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました