ノエル賞2021_勝ち馬予想

中央競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「ノエル賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

ノエル賞は、12月25日に中山競馬場で行われる芝1200m、3歳以上・1勝クラスのレースです。皆さまの予想の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ノエル賞2021_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。また、確定の場合は(確定)と予想部分に記載しますので、定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ショウナンラスボス

〇(対抗):シュルルヴァン

▲(単穴):アイワナビリーヴ

△(連下):ゴスホーククレスト

本命はショウナンラスボスです。前走は出遅れが響き、後方からの競馬で最後は巻き返すも結果は10着でした。前走については度外視でいいと思います。今回は4ヶ月の休み明けになりますが、休み明けでも走れるタイプです。調教でも上向き調子が見て取れますし、2走前の走りができるなら、データを覆すような結果になると思います。

対抗はシュルルヴァンです。最近は結果がでていませんが、レース内容は着順ほど悪くないと思います。今回は前がやり合うような展開になりそうなので、出番があってもおかしくないと思います。最後は脚を使ってくれますし、中山でも好走しているので展開次第になりそうですが、突き抜けるチャンスはありそうです。

単穴はアイワナビリーヴです。4ヶ月の休み明けになります。今年の春は調整がうまく行かないことも多く、結果が出ていません。しかし、秋頃から復調の兆しがあり、調教でも動けていますし、オッズも美味しそうなので、ここは狙ってみたいと思います。

連下はゴスホーククレストです。地方へ転出したあとはダート路線で結果を残してきました。前めで競馬をする形も板につき、JRAへ再転入してダートレースにも参戦していますが、案外な成績が続いています。今回は心機一転で芝へ戻りますが、スピードがあるので残りめがあってもいいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ノエル賞2021_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

今年はフルゲート16頭での登録があります。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載となります。

 

アイワナビリーヴ 55.0 騎乗予定:戸崎

アウトレイジング 56.0 騎乗予定:丹内

アドマイヤアリエル 55.0 騎乗予定:石川

クリノサンシャイン 55.0 騎乗予定:菅原

ゴスホーククレスト 56.0 騎乗予定:嶋田

サニーオーシャン 56.0 騎乗予定:田辺

シシオウ 57.0 騎乗予定:菊沢

シュルルヴァン 55.0 騎乗予定:大野

ショウナンラスボス 56.0 騎乗予定:横山武

ダイイチターミナル 57.0 騎乗予定:杉原

ナンヨーローズ 56.0 騎乗予定:柴田大

ハッピーペコ 55.0 騎乗予定:小林

ハニーリン 55.0 騎乗予定:秋山稔

ミーハディビーナ 55.0 騎乗予定:黛

メイクアンシー 57.0 騎乗予定:原

レッドヴェイパー 55.0 騎乗予定:内田

 

 

スポンサーリンク

ノエル賞2021_勝ち馬予想:まとめ

過去の同様のレースからは逃げ馬が有利な実績になっています。全体的にも前めで運んだ馬が穴をあけることも度々見かけました。また一方で、3ヶ月以上の休養馬は低調の実績傾向ですので、評価は割引も必要だと思います。個人的には荒れ気味のレースになると感じています。

レースの発走は、日本時間の12月25日(土)の予定です。

皆さまの予想や的中報告、少しでも参考になる情報があった!などの内容がありましたら、SNSなどでご紹介していただけると、んモチベーションにつながります。

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました