金の鞍賞2021(高知競馬場)_勝ち馬予想

地方競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「金の鞍賞」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

金の鞍賞は、12月28日に高知競馬場で行われるダート1400mの重賞レースです。皆さまの予想の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

金の鞍賞2021(高知競馬場)_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、出走馬は今後変更になることがございます。予めご了承ください。

 

 

 

勝ち馬予想

◎(本命):リュウノアンジェラ

〇(対抗):マオノウィッシュ

▲(単穴):サンコーチ

本命はリュウノアンジェラです。デビュー直後から3連勝をした実績があります。2走前の黒潮チャンピオンシップでは厳しい流れの中、先行位置から2着に好走しました。この内容や結果からも確かな能力を持っていると感じました。前走は10着でしたが、距離延長に加え、内でもまれる展開になっていたので度外視していいと思います。持ち味の先行力を生かす形になれば、重賞初制覇となりそうです。

対抗はマオノウィッシュです。長く脚を使えるタイプの馬です。使われながら力をつけている印象で、近走では黒潮チャンピオンシップで3着、土佐寒蘭特別で3着になるなど、充実ぶりを見せています。先行勢がやり合う形になれば差し展開になりそうなので、後方から差し切っても不思議ではありません。

単穴はサンコーチです。堅実な走りをしています。10戦連続で5着以内ですし、安定感でいけばメンバー随一だと思います。また、実績経験も豊かですし、黒潮チャンピオンシップでは二桁人気ながらしぶとく粘り4着に食い込みました。条件や相手によらず走れる強みを生かせばここでも好走できると感じます。また、出走が叶えばアンティキティラにも注意したいところです。レベルの高い1戦で勝利しており、ホッカイドウでもJRA認定戦を2勝していますので、有力候補となりそうです。

 

 

スポンサーリンク

金の鞍賞2021(高知競馬場)_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

今年は次の12頭が主な出走想定馬です。出走想定馬は馬名、年齢・性別の順で記載となります。

 

アムールジョイ  牝2

アンティキティラ 牝2

エスケーオーカン  牡2

ガルボマンボ  牡2

グットクレンジング  牡2

サンコーチ  牡2

ノーブルアイデアル  牡2

ファーストリッキー  牡2

フィールマイラヴ 牝2

フレッシュバンク  牡2

マオノウィッシュ 牝2

リュウノアンジェラ 牝2 

 

 

スポンサーリンク

金の鞍賞2021(高知競馬場)_勝ち馬予想:まとめ

高知競馬2歳戦の総決算のレースです。黒潮ジュニアチャンピオンシップの勝ち馬である、マリンスカイが全日本2歳優駿に出走したため混戦模様です。リュウノアンジェラが中心になってきそうな気もしますが、マオノウィッシュやサンコーチも虎視眈々と勝ち馬の座を狙っています。

レースの発走は、12月28日(火)の予定です。

皆さまの予想や的中報告、少しでも参考になる情報があった!などの内容がありましたら、SNSなどでご紹介していただけると、モチベーションにつながります。

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました