グレイトフルステークス2021_勝ち馬予想

中央競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「グレイトフルステークス」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

グレイトフルステークスは、12月25日に中山競馬場で行われる芝2500m、3歳以上3勝クラス・ハンデキャップレースです。皆さまの予想の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グレイトフルステークス2021_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。また、確定の場合は(確定)と予想部分に記載しますので、定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):ロードトゥフェイム

〇(対抗):ヴェローチェオロ

▲(単穴):レティキュール

△(連下):サトノラディウス、ウシュバテソーロ

本命はロードトゥフェイムです。絶対的な逃げ馬が不在ですので、先行勢の中から逃げになりそうです。前走の菊花賞では12着ですが、個人的には長距離の適性は見せてくれたと思います。実際に、2走前の九十九里特別では、先行好位につけてそのまま粘り古馬と同着の1着でした。最速の上がりで駆け寄る古馬に対し、メンバー3位ながら逃げ切ったのは素直に評価できます。今回は前走よりも斤量が1キロ軽くなりますし、前走以上の走りはできると見ています。

対抗はヴェローチェオロです。中距離~長距離路線で実績を残しています。前走は菊花賞でしたが、後方からしぶとく脚を伸ばし、6着に食い込みました。位置取りがもう一列前なら掲示板や馬券内に来ていたと思います。長くいい脚を使えるタイプですので、ペースが上がるようなら最後の直線で差しが決まっても不思議ではありません。戸崎騎手はこのレースの相性も良いですし、注意しておいていいと思います。

単穴はレティキュールです。前走の尼崎ステークスでは中団でレースを進め、直線では内めから鋭く伸びてきました。上り3ハロンはメンバー中2位の脚でしたし、もっとスムーズに追い出しできれば順位も違っていたと思います。近走では出走の度にメンバー上位の脚で追い込んでくる印象で、ここでも十分に期待できると思います。外めの馬場の方が伸びるのも歓迎材料でしょう。

連下はサトノラディウス、ウシュバテソーロです。サトノラディウスの前走は中団でレースを進めていましたが、うまく裁けず順位を上げられませんでした。休み明けでも走るタイプですし、脚を使えた時の威力は強力なものがありますので、ここは抑えておきたいところです。また、ウシュバテソーロは中団でもレースはできますが、前めで競馬できることが魅力です。先行や早めに動いた時の実績が良く、残り目があっても不思議ではありません。

 

 

スポンサーリンク

グレイトフルステークス2021_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

フルゲートは16頭ですが、今年は次の13頭が登録しています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載となります。

 

イルマタル 52.0 騎乗予定:未定

ヴェローチェオロ 54.0 騎乗予定:戸崎

ウシュバテソーロ 54.0 騎乗予定:黛

エクセレントミスズ 50.0 騎乗予定:未定

サトノラディウス 56.0 騎乗予定:横山和

ゼーゲン 55.0 騎乗予定:大野

ダノングロワール 55.0 騎乗予定:田辺

ニューポート 53.0 騎乗予定:津村

バイマイサイド 55.0 騎乗予定:内田

プリマヴィスタ 54.0  騎乗予定:松岡

マイネルミュトス 54.0 騎乗予定:未定

レティキュール 53.0 騎乗予定:横山武

ロードトゥフェイム 53.0 騎乗予定:菅原

 

 

スポンサーリンク

グレイトフルステークス2021_勝ち馬予想:まとめ

昨年は12番人気が逃げ切るという波乱の結果になりました。レース傾向として、差し・追い込み勢は苦戦を強いられていることが多く、逃げ・先行勢が有利なレースです。ディープインパクト産駒が低調な成績であることも見逃せません。また、戸崎騎手は当レースと相性が良く、実績も良いので騎乗予定がある場合は、マークしておきたいところです。

レースの発走は、日本時間の12月25日(土)の予定です。

皆さまの予想や的中報告、少しでも参考になる情報があった!などの内容がありましたら、SNSなどでご紹介していただけると、モチベーションにつながります。

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました