中山大障害2021_勝ち馬予想

G1
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「中山大障害」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

中山大障害は、12月25日に中山競馬場で行われるG1・芝4100m、障害3歳以上・オープンクラスのレースです。皆さまの予想の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中山大障害2021_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、予想や出走馬は今後の調査によって変更になることがございます。予めご了承ください。また、確定の場合は(確定)と予想部分に記載しますので、定期的にご訪問していただければ幸いです。

 

 

勝ち馬予想

予想印一覧

◎(本命):オジュウチョウサン

〇(対抗):タガノエスプレッソ

▲(単穴):ラヴァンドポップ

△(連下):ベイビーステップ

本命はオジュウチョウサンです。昨年の中山グランドジャンプから勝ち星がありません。しかし、左前脚の捻挫などもあり順調でなかった影響もあります。中間調教の様子からは、以前の好調時の動きに戻ってきており、復活できる期待も大きいです。全盛期ほどの気配ではありませんが、力は十分発揮できる状態だ感じます。

対抗はタガノエスプレッソです。障害競走では抜群の安定感を残しています。昨年は中山大障害と中山グランドジャンプでとも3着でした。前走は休み明けの分、ゆるさや鈍さもありましたが、この中間はしっかり乗り込めています。これまで戦ってきた相手を考えるとここは上位争いでしょう。

単穴はラヴァンドポップです。休養は挟みながら2連勝中です。以前の走りと比較すると、飛び越しが上達しており、安定感がでてきています。これまでだと完走さえ不安でしたが、今の走りでなら大障害のコースにも対応できると思います。

連下はベイビーステップです。帰厩してからは徐々に調教内容も強くなっています。1週前には3頭併せでハードな追いを行っていました。馬自身に気合が入り、息遣いも整ってきそうな印象ですので、中6週の休み明けとはいえ、走れる状態にはあると思います。

 

 

スポンサーリンク

中山大障害2021_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

フルゲートは16頭ですが、今年は次の14頭が登録しています。登録馬は馬名、斤量、騎乗予定騎手、の順で記載となります。

 

アサクサゲンキ 63.0 騎乗予定:熊沢

アースドラゴン 63.0 騎乗予定:簑島

オジュウチョウサン 63.0 騎乗予定:石神

キタノテイオウ 63.0 騎乗予定:小野寺

シンキングダンサー 63.0 騎乗予定:草野

タガノエスプレッソ 63.0 騎乗予定:平沢

ハルキストン 63.0 騎乗予定:難波

ビレッジイーグル 63.0 騎乗予定:大江原

ブラゾンダムール 63.0 騎乗予定:西谷

ブルーガーディアン 63.0  騎乗予定:上野

ベイビーステップ 63.0 騎乗予定:伴

マイネルプロンプト 63.0 騎乗予定:森

ラヴアンドポップ 63.0 騎乗予定:白浜

レオビヨンド 63.0 騎乗予定:植野

 

 

スポンサーリンク

中山大障害2021_勝ち馬予想:まとめ

中山大障害は実力が問われる難コースですので、これまでの実績が表れやすいレースです。そのため、実績馬を中心に組み立てていくほうが賢明だと思います。なお、過去5年の結果では関東馬が3勝していますが、全体的には関西馬の方が優勢です。一発を狙うなら関東馬でもいいと思いますが、関東馬は【3,0,0,24】という実績ですし、実力が如実に出てしまうレースですので、個人的に波乱狙いは避けたいと思っています。

レースの発走は、日本時間の12月25日(土)の予定です。

皆さまの予想や的中報告、少しでも参考になる情報があった!などの内容がありましたら、SNSなどでご紹介していただけると、モチベーションにつながります。

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました