ゴールドカップ2021(浦和競馬場)_勝ち馬予想

地方競馬
スポンサーリンク

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

この記事では2021年「ゴールドカップ」の出走予定馬について、勝ち馬予想をしています。

ゴールドカップは、12月21日に浦和競馬場で行われるダート1400m、3歳以上の重賞レースです。皆さまの予想の参考になれば幸いです。

※勝ち馬投票券の購入は自己判断・自己責任の下、ご購入をお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴールドカップ2021(浦和競馬場)_勝ち馬予想:勝ち馬予想

勝ち馬予想は次の通りとなりました。なお、執筆時点の情報になりますので、出走馬は今後変更になることがございます。予めご了承ください。

 

 

 

勝ち馬予想

◎(本命):モジアナフレイバー

〇(対抗):ティーズダンク

▲(単穴):アランバローズ

本命はモジアナフレイバーです。重賞4勝の実績があり、前走のJBCスプリントでは5着に食い込みました。本質的にはマイルがベストの条件ですが、トップスプリンターの中で健闘した前走内容からは1400mも守備範囲だと思います。前走後は放牧に出され、帰厩後は雰囲気も良く調整できています。地方馬との戦いなら上位の力があると思います。

対抗はティーズダンクです。今回と同じ舞台である、テレ玉杯オーバルスプリントで2着に入っています。先行して立ち回れるようになったことで、走りに安定感がでてきています。前走は58キロのハンデの影響もあったと思いますが、4着に食い込みました。今回は、57キロの重量に替わりますので、十分見直せると思います。

単穴はアランバローズです。前走のJBCスプリントでは、強豪揃いのメンバーで厳しかったこともあり、結果は10着でした。ただ、南関東同士の戦いなら十分見直せると感じています。以前より体つきが良くなっていますし、逃げられれば十分力を発揮できる展開になるでしょう。

また、連下はアンティノウス、アマネラクーンあたりで行きたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ゴールドカップ2021(浦和競馬場)_勝ち馬予想:出走予定馬一覧

今年は次の12頭が登録しています。登録馬は馬名、年齢・性別、斤量、騎乗予定騎手の順で記載となります。

 

インペリシャブル 牡4 57.0 山崎誠士

ジョーロノ 牡3 57.0 橋本直哉 

モジアナフレイバー 牡6 57.0 真島大輔

グレンツェント 牡8 57.0 笹川翼

ティーズダンク 牡4 57.0 和田譲治

グランドボヌール 牡7 57.0 張田昂

アランバローズ 牡3 57.0 左海誠二

ベストマッチョ セ8 57.0 御神本訓

クロスケ 牡6 57.0 仲原大生

アンティノウス セ7 57.0 矢野貴之

ヒロブレイブ 牡8 57.0 藤本現暉 

アマネラクーン 牡4 57.0 森泰斗

 

 

スポンサーリンク

ゴールドカップ2021(浦和競馬場)_勝ち馬予想:まとめ

モジアナフレイバーの実績を考えれば、まず本命になると思います。交流重賞でも好走していることから、地方馬同士の戦いなら上位は確実です。また左回りに不安がないのもプラス材料です。ここにティーズダンクやアランバローズがどう対応してくるかですが、ここはさすがに本命頭固定で行こうと思っています。

レースの発走は、12月21日(火)15:35の発走予定です。

皆さまの予想や的中報告、少しでも参考になる情報があった!などの内容がありましたら、SNSなどでご紹介していただけると、モチベーションにつながります。

何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました